とらや食堂@札幌市中央区

私事で申し訳ありません。

年を重ねるごと多忙になり
ブログどころでない休日が急増

見に来て頂いている方に申し訳なく
辞めようと考えてたのですが・・・・・・

そんな時、心暖かいコメントを
頂きありがとうございました。

来年以降、さらに忙しくなりそうで
更新がなくなったら、期待せず
適当に覗いて頂ければ
また、ノンビリ再開します。

毎日毎日、このような堕落ブログを
フォロー頂き、有難うございました。

来年も皆様にとって良い年でありますように。

私も何やかんやで、昨日まで休日返上で仕事・・・
今日はノンビリと、ラーメンでも作ります。







北海道の旅、2つの我儘
一つ目は白滝ジオパーク

もう一つは・・・・・・帰る日

釧路を出立、350Kmを
ノンストップ走破

どうしてもどうしても行きたくて・・・

暖簾が見えた時
IMG_a3479.jpg
ホッと胸をなでおろし
IMG_a3485.jpg
私が来れるのはこれが最後
IMG_a3496.jpg
相変わらずアットホーム

お父さん元気そうで何より
IMG_a3488.jpg
また一店・・・・・
IMG_a3494.jpg
IMG_a3499.jpg
札幌に来たのにも関わらず
とらやさんだけで、完結

醤油を4つ

札幌特有のラード炒める製法ではなく
さらに時代が遡る作り方のラーメンらしい・・・・

丁寧に作って頂いて
IMG_a3504.jpg
良いなぁ
IMG_a3507.jpg
心して

一口
IMG_a3526.jpg
前回よりイイ
IMG_a3538.jpg
インパクトが更に大きくなっているのに
自分でもビックリ
(感傷のためではありません)

動物系と野菜出汁が
効いてて

ダブルスープか?

まろく、柔らか
しかし力強く

元ダレの醤油に頼らず
隠し味のように感じられ
前面に出ず

改めて、スゴイラーメンだと。

けど、普段着の普通の飾らないラーメン
IMG_a3516.jpg
麺は多加水中太縮れ麺

チュルンと
IMG_a3514.jpg
チャーシューをガツッと頬張り
麺をズルッと
IMG_a3522.jpg
スープとのハーモニーが
何とも気持ちイイ
IMG_a3530.jpg
なんだろう・・・・

主張はしませんが、また食べたくなる
常習性の高いラーメン

私だけもう一杯
IMG_a3553.jpg

IMG_a3556.jpg
これまたイイ顔

一口
IMG_a3562.jpg
更に出汁感がよく分かります。
IMG_a3559.jpg
年月が経っても・・・・

”あぁ、とらやさんってあの味だったよね”と
思い出せるディープインパクトラーメン
IMG_a3588.jpg
イニシエ系で一番大事な事
かもしれません。
IMG_a3565.jpg
このスープ、醤油も良いけど

塩との相性も良いと。
IMG_a3586.jpg
素晴らしい
IMG_a3561.jpg
これがもう、食べれなくなるのかと思うと
IMG_a3577.jpg
ホント悲しい・・・・
IMG_a3593.jpg
先代から受け継がれてきた味
IMG_a3595.jpg
食べても食べても飽きない

結局、全汁

終わっちゃった・・・・・・・

ごくごく普通のラーメンですが
それでいいんです。


偶々いらっしゃった方が、この本のライターの方
IMG_a3546.jpg
色々お話を聞かせてもらって。

旅には、こんなご縁があるのですね。

後日、取り寄せて拝読しましたが
食堂の”人情”が北室さんの言葉で綴られてて
Heart Warmingなひと時を過ごせました。
IMG_a3604.jpg
もう行けないと思ってた、とらや食堂さんを
最後に掲載できるのは身に余る光栄です。

ご馳走様でした。



PS
お父さん長い間、ご苦労様でした。
IMG_a3625.jpg
ゆっくり休んでください。

素晴らしいラーメンをありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
名残惜しく2杯食べる。
お気持ちが分かるような気がします。

こういうラーメン。
あと10年も経てば各地で段々となくなってしまうかも、
と考えると、寂しいですね・・・。
  • 2015-12-31│17:14 |
  • ま~くん URL│
  • [edit]
Re: No title
ま~くん様

旧年中はお世話になりました。
今年も宜しくお願いいたします。

東京ではドンドンとラーメンシーンが
変わって来てますが、大阪はどうでしょうね・・・
  • 2016-01-01│08:50 |
  • ザツ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事