おおっ!!

翌日7時頃高知を出発し、宿毛、宇和島、大洲、松山と
営業活動。
最後は今治で、お客さんとお別れ。
また、来月~~~

てな感じで、ザツは次のお仕事のためにレンタカーを
借りて一路徳島へ。

途中、この旅の目標のお店に向かいます。
ナビは、またもかなりの田舎を指します。

着きました。

以前から、あまたのブログで紹介されております
ひかり食堂さんです。
120529蝗帛嵜019_convert_20120601210111
120529蝗帛嵜007_convert_20120601205158
国道沿いですが、周りは何~~~~にもありません。

ワクワクしながら、店内へ。
まずは中華そばを注文。

店主の真剣なラーメンを作る様子を見ながら待ちます。

出てきました。
120529蝗帛嵜009_convert_20120601205016
器をおいた瞬間、イリコのいい匂いが
プ~~~~んと漂います。

デットに一口。

昨日の飩餃さんも同じテイストですが、全く違います。
シンプルなイリコの味と主に、動物系(鶏?)の出汁が
優しく、ヤサシク、イリコを邪魔しないように口の中に広がります。

その奥にもしかしたらですが、イリコとは
別の魚介系??の出汁がかすかにします。

最近はやりの新進気鋭店のような重厚なテイストではありません。

しかし、優しい、じんわりとした、シャープでシンプル、
それでいて、簡潔で完成された中華そばとでも
言えばいいのでしょうか・・・・
120529蝗帛嵜010_convert_20120601205259
麺は少し固めに出てきましたが、時間がたつにつれて
スープにあってきます。

スープも冷めてきて、更にその輪郭がクッキリとしてきました。
複雑ではなく、どこまでもシンプルな味です。
イリコを大事にしてます。

普段はやらないのですが、勢い余ってもう一杯(笑)
ひかりそばです。
120529蝗帛嵜013_convert_20120601205631
120529蝗帛嵜014_convert_20120601205746
鶏白汁ですね~~
それに魚粉が・・・・・・

出汁本来の味が分かる、塩鶏白汁にすればよかったかな~~~。

このスープも魚粉味の奥に、鶏の出汁がシンプルに薫ります。

重厚さはありませんが、飾らない中華そばで、
素材本来を大事にしようとしているのでしょうね・・・・・・
(やはりラーメンに、イラナイ重厚さはいりません)
120529蝗帛嵜018_convert_20120601205850
麺と具材は恐らく中華そばと同じです。

昨今の重厚さを狙った、ごった煮のようなラーメンと比べると、
迷うことなく、ザツは断然こっちです!!

ごちそうさまでした。

再訪決定!!(早くいきたい・・・)
四国の田舎(失礼します)で、本当にキラキラひかる、
ラーメン屋さんに出会いました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

素材そのままの味を活かした
荒々しいスープに惹かれます
  • 2012-06-04│15:32 |
  • はち URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
はち様

是非行ってみてください。
  • 2012-06-04│20:12 |
  • ザツとガーヤン URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事