千草@天六

天六とは大学時代からの付き合い。

その頃は、少しデンジェラスで
物価も安く、店さえ選ばなければ
1000円ほどで飲めた所。

よくお世話になってました。

世はクリスマス、お仕事に追われ出勤。

晩御飯は、家族でお好み焼き。

このお店に30年近く通ってます。
R0016544_convert_20131221191208.jpg
千草さんです。

少し奥まった所にあります。
R0016577_convert_20131221191726.jpg
昔から変わらず
R0016578_convert_20131221191748.jpg
看板も

最近、媒体に出ることも
多いんじゃないでしょうか。

千草さんにアイドリングタイムはなさそうで
開店から閉店まで、ひっきりなしにいらっしゃいます。
R0016547_convert_20131221191310.jpg
R0016546_convert_20131221191254.jpg
店内は、使い込まれた鉄板机が10卓ぐらい。

各自で焼くか、店員さんに焼いてもらえるか
聞いてもらえますが基本、自分焼です。
R0016549_convert_20131221191324.jpg
時が経つにつれて、値段も上がりました。
R0016554_convert_20131222082548.jpg
この配置も昔から
R0016553_convert_20131221191355.jpg
ソースは少し甘目
R0016555_convert_20131221191410.jpg
どこの七味やねんと、言いたくなる入れ物。

中身は一味です
R0016559_convert_20131221191513.jpg
私が通い続けるのは、コレ一本。

先代のお母さんからの自家製のマヨネーズ。

コッテリしてなく千草さんに来ると
ドバッドバッと掛けてしまいます。

なんともいえないんだよなぁ
R0016551_convert_20131221191339.jpg
お疲れ様でした。
R0016558_convert_20131221191442.jpg
ぶた焼きそば

一家三人なら、あっという間
R0016562_convert_20131221191530.jpg
具だくさん
R0016564_convert_20131221191547.jpg
チャンポン(大)
R0016566_convert_20131221191607.jpg
すじ ネギ追加
R0016567_convert_20131221191628.jpg
焼けるまでは、ベラベラお喋り。

大阪で、こなもん文化が発達したのは
このお喋り空間かもしれませんね。
R0016572_convert_20131221191706.jpg
R0016576_convert_20131221191810.jpg
フワフワタイプでなく
大阪の昔ながらのドッシリタイプ

ですが粉粉してないので、サクッといただけます。
食べ慣れた味なんで。
R0016570_convert_20131221191648.jpg
スジネギは、坊主に占領されて原形を留めておらず(笑)
ソースでなく、だし醤油でいただきました。

はぁ、食べた食べた。

特筆すべきものは、ありませんが
昔から食べ慣れたお好み焼き。

ここに帰って来ちゃいます。

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
お好み焼きのHOMEがなくて、
寂しい思いをしています。

店の雰囲気や良し。
自家製マヨネーズ、チューハイはハイリキ、
ええですね~。
  • 2013-12-23│16:18 |
  • ま~くん URL│
  • [edit]
Re: No title
ま~くん様

コメントありがとうございました。

雰囲気は下町っぽく、私は好きです。
(長年通っているのもありますが(笑))

ハフハフ言いながら、ノンビリと
お好み焼きをひっくり返しながら
食べるのには良いお店だと思いますよ。

そうなんです、ハイリキが
ポイント高しなんです。
  • 2013-12-23│19:02 |
  • ザツ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事