味の大勝@平岡9条

志らいわ食堂さんの余韻を残し
来た道をテクテク。

次から次に繰り出される、札幌イニシエ系ラーメンに
お腹一杯なんて言ってられません。

食べれるだけ食べて帰りたい・・・その思いが強くなってました。

歩いてかなりカロリーを消費してますので
お腹の具合も良い塩梅みたい。

ブラブラ、30分ほど歩いて
_SC00858_convert_20131208161418.jpg
味の大勝さんです。

この店構え。
このビルはいったいどういう構造になっているんだろうと
想像力を掻き立てる構造。

階段を一段上がると焼肉屋さん(笑)

店内に入ってビックリ。
カウンターで4席。

最後の一席に座った途端、後から後からお客様で一気に待ちが。

入りにくい店構えでしたが、地元の皆様に愛されているのですね。
札幌イニシエ系独特の昔ラーメンを頼みました。

奥様が一人で調理されており、旦那様は配達専門のようです。
注文が入る度に中華鍋に出汁を張りスープを作られてます。

横の方の味噌ラーメンのボリュームに後ずさりしていたら来ました。
_SC00861_convert_20131208161527.jpg
_SC00862_convert_20131208161547.jpg
またイイ顔

一口
_SC00873_convert_20131208161653.jpg
生姜とニンニクをラードを炒めた香りが来て
豚骨と野菜、昆布テイストが後からオーバードライブしてきます。

濃い目の味付けですが、すんなり入ってきます。
課長さんが少ないせいでしょうか。

今日のラーメンはどれも課長さん少な目です。
_SC00864_convert_20131208161608.jpg
麺はストレートっぽい多加水縮れ麺

このスープありきの麺でした。
_SC00869_convert_20131208161629.jpg
食感のあるボリューミーなチャーシュー
普通のラーメンにはこれが4~5枚乗ってました。

チャーシュー麺やん(笑)

またもすんなりと食べ切りました。

ご馳走様でした。


P.S.
CAPO大谷地というショッピングセンターの一角に
興味津々の本屋さんがあり衝動で入っていました。

この本屋さんちくま書房と河出文庫というマニア向けの文庫本を
メインに取り揃えていらっしゃいます。

ちくま書房全冊取り揃え

その名も”なぜだ?!売れない文庫フェア”
フェアとなってますが、常設のようです。

流行作家さんは殆ど置いてませんし
主流出版社も殆どありません。

ここまで来ると潔さがいいです。

世の中にこういう本屋さんがあっても良いですよね。
私、ワクワクしながら本を選んでました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
ラード巧者が多いですね~。
そして、こってり度コントロールも巧み。

デフォでチャーシュー4~5枚。
で、決して高くないんですよね。

恐るべき地域。
  • 2013-12-16│11:23 |
  • ま~くん URL│
  • [edit]
No title
ま~くん様

コメントありがとうございました。
返信が遅くなり申し訳ございませんでした。

ラード巧者、いい表現ですね。
今後使わせてください。

見ての通りのお店なのですが
お客様がドンドン来るのには
ポテンシャルを感じずには
いれませんでした。
  • 2013-12-21│08:13 |
  • ザツ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事