はやし@平田

昨晩、ホテルに帰ってから雪が本格的になりまして、
朝起きると
R0013723_convert_20130208213657.jpg
一面の雪。
R0013724_convert_20130208213746.jpg
次第に、視界が無くなるほどの、雪が降り始めて空港がクローズ。

初便、次便はキャンセル。

帰りは夕方の便なんで、なんとかなるかなと楽観的に考え、お仕事に向かいます。

仕事をこなすのですが、予定通りにはいきません。

車は渋滞しまくりで、ところどころで玉突き事故が起きてます。
雪国で慣れててもこうなるんですね。

お昼になっても雪が止むではなく、遠出は無理と判断。
先にご飯にしましょう。

Iさんから”はやしさんが復活したみたいなんですよ”

やりぃ!!

ほんまや、復活や!!

おめでとうございます!!
R0013726_convert_20130208213957.jpg
R0013725_convert_20130208213838.jpg
ラーメンは、山陰でもお気に入りです。
R0013728_convert_20130208214048.jpg
ニヤニヤしながら、メニューをパチリ。
変わっていない。

横の席では、女性の方がカツ丼を食べられています。
物凄い量なのに。

私の後ろでは、今からカツ丼を食べられる方のを
持って来られましたが、丼にマウンテン。

溢れてます(笑)

私は前に来た時に、横の方が食べられていたのが気になっていた蕎麦を頼みました。

店内は地元の方で満員で、ご主人が配達までやられているので、20分ほど掛かりました。

ご主人復活してよかったですね。

なんか、私も嬉しくなりました。
R0013729_convert_20130208214205.jpg
山かけそば(温)です。

ボリューミーです。

器一杯に入ってます。
R0013730_convert_20130208214346.jpg
色々な方のブログで、拝見するのですが
大阪のお蕎麦屋さんで、1皿1000円ぐらいで
2,3口で、食べ終わるお店に行かれてるじゃないですか?

美味しいのだと思うのですが、都市部に来ると蕎麦もそうなるんですかね?

蕎麦もラーメンと同じ感覚で見てしまうのは、私だけなんでしょうかねぇ?

私は蕎麦も、普段着の食べ物だと思ってます。
(2,3口のお蕎麦屋さんが悪いとか、それが美味しいと書いていらっしゃるブロガーさんが
オカシイとか、悪いと言っている訳ではありません。人にはそれぞれ価値観がありますので。)
R0013733_convert_20130208214433.jpg
蕎麦リフト。

Iさん曰く、”殻ごと挽いた十割の手打ち”だそうです。

蕎麦の薫りが、口中に広がります。

出○大社界隈のお蕎麦屋さんとは、一線を画します。

山芋もフリーズドライではなく、良い味出してます。

満腹になりました。

最後は、茹で蕎麦汁が出てきました。

ごちそうさまでした。

その後雪も止んで、飛行機までの少しの空き時間に
R0013738_convert_20130208214914.jpg
R0013736_convert_20130208214635.jpg
R0013737_convert_20130208214741.jpg
R0013734_convert_20130208214528.jpg
源泉かけ流し500円。

素晴らしい。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

ちゃんと打って、ちゃんとしたつゆ出せる蕎麦が、
都市ではリーズナブルな価格で存在しないからか、とも思います。

私は後は、酒とツマミでいい気分なんで、
値段なんて気にしない。素面に戻って財布見て愕然・・・。
  • 2013-02-11│11:57 |
  • ま~くん URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
ま~くん様

コメントありがとうございました。

成程、成程。
この世の理(ことわり)が良く分かりました。
蕎麦屋経営していくのも大変なんですねぇ~~~~~

蕎麦屋で一杯やった後、蕎麦って美味しいですよね。
  • 2013-02-11│14:35 |
  • ザツとガーヤン URL│
  • [edit]
人の価値観って様々ですもんね
なんでも美味しいはちのような奴もいます(TmT)
  • 2013-02-15│07:48 |
  • 八ちゃん URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
八兵衛様

コメントありがとうございました。
返信遅くなりすいませんでした。

きっとブログって、マスターベションの1種だと
思っております。

なので私は、同じ価値観を共有してもらえる方が
この世にいらっしゃるだけで、嬉しいです。
  • 2013-02-22│07:17 |
  • ザツとガーヤン URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事