ゆるやかな

久しぶりにいい天気に恵まれました。
春も近くなって来てますね~~~~。

本日は香川へ。
大阪から行くには明石海峡大橋周りと、瀬戸大橋周りが
ありますが、私が好きなのは瀬戸大橋周り。
ずっと2車線ですし、覆面パトカーも少ないですし・・・

今回は瀬戸大橋周りで。
讃岐富士が見えてきますと、なぜかホッとします。
この讃岐一帯(特にまんのうや三豊、琴平)は日本の原風景が
あちらこちらで見れて、癒されます。
いいオーラが出てますヨ。

余り時間がなかったので、今回は2件だけおじゃましました。

1軒目はずっと行きたかった、観音寺の長田IN香の香。
今まで釜揚げうどんは余り食べた事が無かったので、
興味津々で入店。

11時45分頃に入店したのですが、満員でした。
観光客の方も、ちらほらおられましたが
ほとんど地元の方だと思います。スバラシイ!!

ここは付け汁が各々のテーブルに置かれてまして、
自分で入れます。
120224髟キ逕ー3_convert_20120225105528
電気コードみたいなヒモを持って、淹れるのですが結構難しいです。

(大)を注文し、木の札を貰って順番を待ちます。
10分後に来ました。
120224髟キ逕ー2_convert_20120225105422
120224髟キ逕ー1_convert_20120225105315
それがですね~~~~美人なうどんなんです。
艶めかしいんです。
艶々してて、まるでお風呂に入っているかのよう(笑)

今までにいただいた釜揚げうどんって、カスカスというかフガフガというか、
うどん本来の良さが消されてるような気がしてましたので、余り食べなかったのですが
そんな気持ちを、ものの見事に吹っ飛ばしてもらえました。

モチッ~~~~として、チャンと腰があって、小麦の味がかすかにします。

またこの付け汁が絶妙!!!
単独で飲みましたが、イリコと昆布でしょうか、
出汁の効いたあっさりとした汁です。
合うんですよ。これが。

アッッッと言う間の完食でした。

2軒目は時間的に押していたので、坂出の兵郷に。
ここは、ほんとの地元の方ばかりです。
120224蜈オ驛キ1_convert_20120225105637_copy
民家の軒先で食べます。
120224蜈オ驛キ2_convert_20120225105737_copy
釜の前に、玉の量ごとに分けられた食器があって、その器を持って釜の
後ろで待ちます。今回は1玉です。

器に入れて貰い、薬味を入れて
その場でお金を払いまして、別室へ。
120224蜈オ驛キ4_convert_20120225110031
タンクの中に汁が入ってまして、自分で食べれるだけ入れます。
120224蜈オ驛キ3_convert_20120225105846
細身のうどんです。
ほんとなんちゃない系のうどんです。

周りは地元の方ばかりで、店の人に挨拶しながら、ズズッと
啜って、さっと帰ります。

香川のお客様に、うどんについて聞くのですが、よくマスコミとかで
云われている”有名店”や”名店”に、わざわざ行ったことがない人が
多くって、近くにあるうどん屋さんに、お腹がすいたら食べに行くという
”普段着”的な使い方をされている方が多いかと思います。
うらやましい!!!

ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事