堂後飲食店@東伯郡

その日も雪でした。

朝一松江で仕事をこなして、ドンヨリとした雲が覆う中、
一路鳥取に向かいます。

雪が時折、激しく降りしきる中、中途半端な所でお昼時になります。
晩の飛行機の時間もあり、かなりハードな時間配分です。

しかし、お昼ぐらいホッコリしたいですね・・・・
スマホをググってみます。

1軒のお店がヒットしました。
Iさんに相談すると、なんとか寄れそうです。

では行ってみますか・・・

鳥取と松江の中間ぐらい???ですかね。
赤崎と言う所の、堂後飲食店さんです。

もう、名前から来てます。
R0013057_convert_20121215152210.jpg
R0013055_convert_20121216102854.jpg
店構えも来てました。

お年を召された、気さくな奥様が1人でやられてました。
メニューをパチリ。
R0013059_convert_20121215152323_copy.jpg
奥様が”ラーメンとご飯モノ以外はできません”と。

ハイです。
では凄く気になった、スペシャルラーメンを頼み、店内をパチリ。
R0013062_convert_20121215152531.jpg
R0013061_convert_20121215152420.jpg
R0013064_convert_20121215152727.jpg
凄いですね~~~~

創業50年だそうです。
いつまでも残しておきたい、日本の食堂文化ですね。

奥様がラーメンと作りながら、色々とお話しをしてくださいました。

鳥取地区も、昔は豚骨出汁だったそうですが、今は牛骨主流。
牛骨って、出汁というか、素材の旨みを出すのが難しいらしいです。

堂後さんは、創業当時の奥様のお姑さんの味を
引き継ぎ豚骨出汁です。

さあて、来ましたよ。
麺がスープより先に丼に入れるのはご愛嬌です。

そんな野暮ことは、言いませんです。

奥様は一生懸命平ザルで麺揚げをされて、スープを何回かに分けて入れて・・・・・
R0013069_convert_20121215153058.jpg
R0013066_convert_20121215152953.jpg
いや~~~~~イイ色だぁ~~~~~~~~

スペシャルって、チャーシュー麺、麺多め、卵入りだそうです。

少しダマになった(笑)麺をほぐして、スープを一口。
シミジミ・・・・・店内みたいにシミジミ・・・・・

ジワァと豚骨が薫ります。

ホッコリしたぁ~~~~~~~~~~~
R0013070_convert_20121215153202.jpg
麺は米子の製麺所に頼んでいるらしく、いかにもこのシミジミスープ
ありきの中細縮れ麺。

スープで感じたしょっぱさは、メンマの後処理が甘いんですかね・・・
けど良いやぁ~~~~~~そんなこと。

また来ます、お母さん。

ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

店構えが来てますね~
こりゃいい感じだわ
卵をおとすとこもいい!
  • 2012-12-18│14:54 |
  • 八兵衛 URL│
  • [edit]
1人で切り盛りされているんですね。
アホみたいにスタッフ置いているくせに、
サーブが遅い店に爪の垢でも・・・。

たしかに、玉子がいい役者ぶり。
  • 2012-12-24│09:31 |
  • ま~くん URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
八兵衛様

コメントありがとうございました。
返信が遅くなりすいませんでした。

最近、こういうお店を探すのが上手になりました(笑)
また、こういうお店に限って、私好みのラーメンを出してくるんです・・・

歳を取ったのかな・・・・
  • 2012-12-24│17:48 |
  • ザツとガーヤン URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
ま~くん様

コメントありがとうございました。
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

卵がイイ感じでしょう~~~~~~

頑張って探せば、こんなに味のある食堂がまだまだ見つかることが
最近になって勉強できてました。

当然”暗い情熱”なんてないですよ。

こんなトコで食べたら、鼻に掛けてるラーメン屋さんなんて・・・・・
  • 2012-12-24│17:54 |
  • ザツとガーヤン URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事