赤ちょうちん@福山市

世の中にはまだまだ知らないお店が
山ほどあります

少しでも普通の人間に
近づくため、食べ歩きをし勉強してます。

たまたま旦那と走ってて見つけたお店
IMG_q7102.jpg
もう店構えから違う

普通の方は入りにくいかも
IMG_q7045.jpg
値段も炸裂価格

中華そば専門店と銘打っておきながら
ステーキがあるお店なんて初めて
IMG_q7096.jpg
このChaosな看板
IMG_q7040.jpg
そして店内へ




えっ・・・・・・・・




丹●母 鬼●二さんですよね?

いつ引退されたの
IMG_q7036.jpg
どこから見てもそうだよな
IMG_q7038.jpg
自分で合点をいかしながら
IMG_q7043.jpg
やっぱここはラーメンですよね

けど頭の中は食べ物より丹●母さんで一杯

悪役商会の皆様に囲まれて
胸倉を掴まれるんじゃないかと
IMG_q7065.jpg
しかし出てきたチャーシュー麺は
IMG_q7069.jpg
全くの想定外のシロモノ
魚粉のイイ匂いが薫って来ます

一口
IMG_q7071.jpg
マタオマ系とは違った
モミジと豚骨が少々に魚粉のダブルスープ

とてもイニシエで出てくるラーメンではない

濃さも出汁感も
素晴らしい

某ログにも出てないのに・・・
IMG_q7085.jpg
麺もしっかりした食感の
多加水ストレート
IMG_q7079.jpg
チャーシューも作り置きながら
大量で食べきれないくらいのボリューム
IMG_q7076.jpg
思わず鬼●二さんを忘れて
食べることに没頭してました
IMG_q7094.jpg
ご飯があってもいいんじゃない
IMG_q7059.jpg
旦那の食べたB定食は見たまま

ですがラーメンはというと
IMG_q7092.jpg
中国地方では珍しい高レベル
(あくまで私見)

いやぁ恐れ入りました
IMG_q7053.jpg
けど鬼●二さんい会いにいくだけでも
価値があるかもしれません

また会いに行こうっと

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

ベンダーショップもみじの里@岡山県高梁市

旦那と山陰へ

食後まさか
誰も予想してなかった

ある冬の昼ごはん

意気揚々と
IMG_qr6970.jpg
岡山山中の峠のドライブインに
IMG_q6972.jpg
周りはな~んにもないとこ
こんな所に

まさか・・・
IMG_q6975.jpg
奥に見えまんなぁ
IMG_q6976.jpg
こんなクソ寒い時はイイです
IMG_q6980.jpg
手書きのポップがまたイイ

どこの懐かしの自動販売機も
大事にされてるんです。

部品の替えのないものもあるとか
IMG_q6983.jpg
電光掲示板もまだまだ現役
IMG_q6989.jpg
出来た
IMG_q6995.jpg
関西風の出汁
IMG_q6997.jpg
自販機には珍しくお揚げが大きい
IMG_q6999.jpg
頂きます
IMG_q7007.jpg
おっ、この麺素晴らしい
太めでシコシコしてて
チュルンと喉を通ります
IMG_q7022.jpg
出汁鶏も丁寧

昆布主体でカツオ
IMG_q7009.jpg
しかしこの麺今までで一番イイ
IMG_q7015.jpg
一味をかけて

お揚げさんがジューシーでシュンでて
普通のうどん屋さんと遜色ない

自販機で、こんな物凄い岡山の山奥で
ハイレベルにビックリ




しかしビックリは終わらなかった・・・・




IMG_q7028.jpg
鳥取への山越え・・・・地獄絵図

こんな日に行くのはバカしかできない芸当かも(笑)
(私たちバカなんで)

鳥取に着いたのは夜
グッタリでホテルからも歩けないくらいの

雪、雪、雪

ご馳走様でした。

一条流がんこ 総本店③@新宿区四谷

ハマっちゃった

多賀野さんとここに

東京行くと決まるとどちらかに
行くことしか考えてない(仕事は?)

両店のラーメンの方向性は
両極端に見えますが
私は同じ方向を向いていると。

惹きつけられる要素満載
IMG_d6834.jpg
この日は待ち5人
IMG_d6836.jpg
常連さんらしき方の話をソッと
聞いているとラーメンは
告知方法によるとか・・・

10分待たず着席し下品
IMG_d6840.jpg
着丼
IMG_d6844.jpg
ショッパイラーメンって抵抗があったのですが
IMG_d6851.jpg
最初に”100”を頂くと余韻(後味)に
違いが出てることが如実に
IMG_d6867.jpg
その日によって出来が微妙に変わりますが
魚介と乾物と野菜と動物系スープを
最後サッと塩分がキレを伴って
掻っ攫っていく感じ

無課長さんです。

課長さんって無理に要らないのね。
東京で食べ歩いて分かったこと

素晴らしいよなぁ
IMG_d6861.jpg
北海道で食べたことのある麺がまたイイ
IMG_d6848.jpg
前回から100円上がり800円になってましたが
価格を超越するトッピング
IMG_d6881.jpg
その日は貝系が最初に
薫りましたが煮干しも後から
IMG_d6879.jpg
また不思議に食べたくなるテイスト
引きが強いというのか・・・・

もうすぐ東京詣でが終わると言うに
もっと早く知りたかった。

今日も満足
ご馳走様でした。

集来②@港区大門

東京の方のブログを拝見してて
うまそぅ~と

浜松町で下車
IMG_d6771.jpg
久しぶりです
IMG_d6774.jpg
開店時間丁度に行ったのですが
8割がたの入り
IMG_d6778.jpg
なんとか隅っこに
IMG_d6775.jpg
食べるモンは決めていたので

10分ほどで
IMG_d6786.jpg
モウモウの湯気と共に
IMG_d6791.jpg
五目ワンタンメン

この五目という品目、関西では
あまり注目されてませんが
東京の方のブログで旨そうなお店がバンバン
IMG_d6796.jpg
一口頂くと、鶏ガラの淡い出汁に
野菜の煮込みエキスタップリ
IMG_d6799.jpg
麺は手打ちにしましたがピロピロ

食感を失なわず前回の
細麺より私にはよかった
IMG_d6807.jpg
ワンタンも大きなものが7個
ジューシでチュルン
IMG_d6816.jpg
野菜もタップリ
IMG_d6811.jpg
IMG_d6826.jpg
卵もトロンと
IMG_d6828.jpg
いやあぁ五目麺って全くの
ノーマークだったのですが
色んなトッピングが食べれて楽しい

また来ます

ご馳走様でした。

白龍②@大分市

大分お一人様お気楽出張

自分のペースで動けるのは
ありがたいことです。

昼は以前お伺いしたお店へ
IMG_d6708.jpg
チャンポン食べて良かったので
ラーメンもウマイやろと
IMG_d6713.jpg
笑顔が素敵なお年を召されたご夫婦で
IMG_d6714.jpg
ポツリポツリとお客様が来て
アッと言う間に満員

食べてみたかった
IMG_d6716.jpg
チャーシューメン
IMG_d6721.jpg
これが600円なんて素晴らしい
IMG_d6734.jpg
チャーシューに目が行きますが
IMG_d6723.jpg
チャーハンが遅れてきて
IMG_d6758.jpg
シットリ系の醤油は控えめ
ガツガツと食べるのには最適
IMG_d6738.jpg
このスープ、澄んでますが豚骨テイストはシッカリ

老舗テイストで片付けるのは失礼
IMG_d6750.jpg
ニンニクを乗せて
IMG_d6760.jpg
これだけ食べて1000円前後とは
恐れ入ります。

白龍さんハマりそう・・・・

ご馳走様でした。

としおか②@新宿区早稲田

多賀野さんを後に
復活したべんてんさんに行こうと

・・・・・定休日

それでは早稲田で降りて
IMG_a6665.jpg
5人待ち
IMG_a6662.jpg
としおかさんへ
IMG_a6667.jpg
多賀野さんの麺を食べてると
何故かべんてん系が食べたくなって
IMG_a6668.jpg
前回つけ麺だったのでラーメンにしようっと

ロットの関係か、かなり早く来ました
IMG_a6672.jpg
うはぁ
IMG_a6677.jpg
このビジュアルたまらん

一口
IMG_a6682.jpg
濃厚だねぇ
IMG_a6690.jpg
豚骨と節系がバツンと
IMG_a6679.jpg
改めて見てみると麺がかなり入ってる
IMG_a6685.jpg
麺は前来た時と変わったか・・・・

以前のパツンとした小麦食感とは違い
ニュリュッとした麺の食感
IMG_a6697.jpg
私的には前の方がイイです
IMG_a6689.jpg
以外はべんてんテイスト
IMG_a6699.jpg
最後はチョッピリニンニクを入れて

お江戸はラーメンに関して沢山のテイストと
圧倒的な店の数に秀逸な技術

私は人いきれが苦手なので住みたいとは
思いませんが、食べ歩きには最高の街だと思います。

ご馳走様でした。

多賀野②@品川区中延

イニシエ名店であり
タイヤメーカー星評価店

しかし本質は、謙虚で奢らず
完全無課長でこのテイスト
素晴らしいお店です


その日は休みを取って
IMG_a6611.jpg
開店前から並んで
IMG_a6617.jpg
開店前に入店

何しようかなぁと
IMG_a6618.jpg
ウンッ・・・・??

赤い魚がフラッシュバックしちゃって
ポチ
IMG_a6624.jpg
いつ来ても清潔感満載

面倒な説明文言のボードもなく
普通のラーメン屋さん

待ち始めて30分ほどで
山達のBGMが
IMG_a6626.jpg
具が来て
IMG_a6629.jpg
ぬるくなったら、いつでも暖かくします
という一言と共に、つけ汁が来て
IMG_a6630.jpg
この麺・・・・
IMG_a6633.jpg
キラキラした艶やかさ

一口
IMG_a6637.jpg
煮干しが緩やかにそして軽やかに
新進気鋭のような”ガツン”感なんて皆無

作られた味じゃなくて、素材から自然に
滲みでたテイスト

脳内にインパクトが残ります

それも無課長さん・・・素晴らしいラーメン
IMG_a6642.jpg
麺を浸して・・・・
パツンとした食感と小麦テイスト

煮干しがフワ~~ンと香ります
IMG_a6646.jpg
チャーシューも最近の製法じゃないけど
モモもバラもしっかりとした食感とテイスト
IMG_a6652.jpg
つけ汁を温めてもらって
カツオ節を入れてみたら
これまた緩やかに効いてきて

無課長を楽しむと言うか
元来ラーメンとはこういうものを
言うのかと考えさせられる
IMG_a6658.jpg
麺を浸すとまた違うつけ麺に
IMG_a6660.jpg
最後はスープ割

私は普段、つけ麺は食べませんし
正直避けてきた麺類

しかし考え方がガラリと変わりました。

イイねぇ、つけ麺(店によるのか?)


普段着の名店として私の中では
一竜軒さん@唐津なきいま
今はここが一番

ヤバイなぁ、こんなお店知っちゃうと(笑)

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事