とらや食堂@札幌市中央区

私事で申し訳ありません。

年を重ねるごと多忙になり
ブログどころでない休日が急増

見に来て頂いている方に申し訳なく
辞めようと考えてたのですが・・・・・・

そんな時、心暖かいコメントを
頂きありがとうございました。

来年以降、さらに忙しくなりそうで
更新がなくなったら、期待せず
適当に覗いて頂ければ
また、ノンビリ再開します。

毎日毎日、このような堕落ブログを
フォロー頂き、有難うございました。

来年も皆様にとって良い年でありますように。

私も何やかんやで、昨日まで休日返上で仕事・・・
今日はノンビリと、ラーメンでも作ります。







北海道の旅、2つの我儘
一つ目は白滝ジオパーク

もう一つは・・・・・・帰る日

釧路を出立、350Kmを
ノンストップ走破

どうしてもどうしても行きたくて・・・

暖簾が見えた時
IMG_a3479.jpg
ホッと胸をなでおろし
IMG_a3485.jpg
私が来れるのはこれが最後
IMG_a3496.jpg
相変わらずアットホーム

お父さん元気そうで何より
IMG_a3488.jpg
また一店・・・・・
IMG_a3494.jpg
IMG_a3499.jpg
札幌に来たのにも関わらず
とらやさんだけで、完結

醤油を4つ

札幌特有のラード炒める製法ではなく
さらに時代が遡る作り方のラーメンらしい・・・・

丁寧に作って頂いて
IMG_a3504.jpg
良いなぁ
IMG_a3507.jpg
心して

一口
IMG_a3526.jpg
前回よりイイ
IMG_a3538.jpg
インパクトが更に大きくなっているのに
自分でもビックリ
(感傷のためではありません)

動物系と野菜出汁が
効いてて

ダブルスープか?

まろく、柔らか
しかし力強く

元ダレの醤油に頼らず
隠し味のように感じられ
前面に出ず

改めて、スゴイラーメンだと。

けど、普段着の普通の飾らないラーメン
IMG_a3516.jpg
麺は多加水中太縮れ麺

チュルンと
IMG_a3514.jpg
チャーシューをガツッと頬張り
麺をズルッと
IMG_a3522.jpg
スープとのハーモニーが
何とも気持ちイイ
IMG_a3530.jpg
なんだろう・・・・

主張はしませんが、また食べたくなる
常習性の高いラーメン

私だけもう一杯
IMG_a3553.jpg

IMG_a3556.jpg
これまたイイ顔

一口
IMG_a3562.jpg
更に出汁感がよく分かります。
IMG_a3559.jpg
年月が経っても・・・・

”あぁ、とらやさんってあの味だったよね”と
思い出せるディープインパクトラーメン
IMG_a3588.jpg
イニシエ系で一番大事な事
かもしれません。
IMG_a3565.jpg
このスープ、醤油も良いけど

塩との相性も良いと。
IMG_a3586.jpg
素晴らしい
IMG_a3561.jpg
これがもう、食べれなくなるのかと思うと
IMG_a3577.jpg
ホント悲しい・・・・
IMG_a3593.jpg
先代から受け継がれてきた味
IMG_a3595.jpg
食べても食べても飽きない

結局、全汁

終わっちゃった・・・・・・・

ごくごく普通のラーメンですが
それでいいんです。


偶々いらっしゃった方が、この本のライターの方
IMG_a3546.jpg
色々お話を聞かせてもらって。

旅には、こんなご縁があるのですね。

後日、取り寄せて拝読しましたが
食堂の”人情”が北室さんの言葉で綴られてて
Heart Warmingなひと時を過ごせました。
IMG_a3604.jpg
もう行けないと思ってた、とらや食堂さんを
最後に掲載できるのは身に余る光栄です。

ご馳走様でした。



PS
お父さん長い間、ご苦労様でした。
IMG_a3625.jpg
ゆっくり休んでください。

素晴らしいラーメンをありがとうございました。
スポンサーサイト

炉ばた 煉瓦@釧路市

年老いた母との旅行

幣舞橋の後、魚を食わせろ
とのリクエスト

釧路と言えば炉端

けど、私が行きたいお店は
足の悪い老体にはこたえそう。

ゆったり座れるお店をチョイス
IMG_a3373.jpg
煉瓦さんです
IMG_a3374.jpg
人気店らしく待ちが出てますが
何とか入れました。
IMG_a3376.jpg
厚岸が目の前
IMG_a3381.jpg
色々ありそう
IMG_a3379.jpg
店内は昭和チック

物珍しいのか母が一眼レフを持って
店内暴走

恥かしいから止めてくれ~(笑)
IMG_a3382.jpg
自分で焼くのか、こりゃ楽
IMG_a3385.jpg
今年サンマ、高い・・・・
IMG_a3386.jpg
大阪でお目に掛かれない
IMG_a3388.jpg
メニューから行きましょう。
IMG_a3390.jpg
カキとホタテは・・・
IMG_a3392.jpg
IMG_a3393.jpg
夕陽ハイボールってどんなんだろ
IMG_a3400.jpg
久しぶりに飲むビールは
サッポロ クラッシック
IMG_a3403.jpg
お刺身サンマ、ツブ貝、キンメ

サンマ血生臭くない・・・・
サンマはすぐに血生臭く感じる魚ですが

さすが地元
IMG_a3413.jpg
ツブ貝もコリコリ

食べてたら
IMG_a3396.jpg
イカにシシャモにホタテ
IMG_a3421.jpg
オス

大阪では余りお目に掛かりませんよね。
卵は抱いてませんが、肉質が厚く
頬張ると甘みさえ感じられます。
IMG_a3436.jpg
メスも卵もプリプリ
IMG_a3445.jpg
夕陽ハイボール

甘かったのですが
疲労と酔いで、何の味だか
覚えてないんです(笑)
IMG_a3449.jpg
チャンチャン焼き
少し無理があったかなぁ
IMG_a3452.jpg
厚岸の牡蠣

普通
IMG_a3455.jpg
追加でサンマ、ニシン、ホタテ

サンマも流石、ニシンも臭みなく
IMG_a3458.jpg
最後にカキフライ
IMG_a3460.jpg
ザンギ
腹一杯で私は食べられず。

しかし良く食べました。
これで一人4000円程

母は店内うろつきっぱなしで
親も親なら、子も子。
DNAは裏切りません。

ご馳走様でした。
IMG_a3466.jpg
一人で夜の街をブラブラしてて

お昼2軒しか食べれなかったので
有名店に行ってみましたが・・・・

つる@釧路市

夏堀さんを後に

休み一軒、移転一軒で
4件目に向かいます。

イニシエ店らしく楽しみ

中心部からかなり離れた住宅街
IMG_a3260.jpg
つるさんです
IMG_a3264.jpg
地元密着店
IMG_a3271.jpg
お母さんと息子さんでしょうか。

アットホームなこんな感じ
好きなんだよなぁ
IMG_a3266.jpg
醤油を頼んで5分ほど

平ザル湯切りのいい音
IMG_a3275.jpg
イイッスねぇ
IMG_a3278.jpg
釧路スタンダード

一口
IMG_a3283.jpg
カツオがシッカリ
IMG_a3306.jpg
後から薄っすら昆布と鶏

色は薄め
IMG_a3286.jpg
麺は中加水細平打ち麺
IMG_a3303.jpg
シコシコとした食感とスープの
相性はサスガです。
IMG_a3293.jpg
かなり古くからやられているらしく
IMG_a3288.jpg
この味を守られて来たのでしょうか。
IMG_a3296.jpg
媒体には出てきませんが
釧路らしいラーメンを頂くには
良いお店です。

エッ、私の家族はどうしてかかって?
回転ずしに行ってました。

ご馳走様でした。

夏堀@釧路市

普通の人よりラーメンは
沢山食べてるつもり

が、心に残ったラーメンって
実はそんなにありません。

そんな中、10年以上前
ディープインパクトを
受けたお店にやっと再訪。

お父さんから息子さんに
変わられたとか・・・・

昆布・魚介類のディープインパクトラーメンは
健在でしょうか。
IMG_a3214.jpg
夏堀さんです

代替わりしてるのですから
比較してはいけませんよね。

今は今
自分がどう感じるかです。

その前に北海道のご当地ラーメンって
札幌、旭川、函館の3つが有名。

定義はどこか他の場所で見て頂くとして
釧路ラーメンはカツオの薄出汁の醤油
に細縮れ麺でしょうか。
IMG_a3218.jpg
店内大盛況
IMG_a3215.jpg
私は昔と同じもの。

お母さんはいらっしゃいます。
お元気でしたでしょうか?

混雑しているにも関わらず
5分かからず
IMG_a3221.jpg
醤油ラーメン
IMG_a3226.jpg
釧路は淡い色合いのスープが
多いのですが、夏堀さんはブラック

一口
IMG_a3230.jpg
魚介昆布のハード系ではなく
釧路独特のカツオ薄出汁
IMG_a3251.jpg
色合いは濃そうに見えますが
ダダッ辛くありません。

麺は昔と変わらず
IMG_a3237.jpg
釧路特有の細縮れ平打麺
IMG_a3248.jpg
低加水なので柔くなってから
真価が問われます。
IMG_a3234.jpg
IMG_a3244.jpg
これが息子さんテイストですね。
IMG_a3248.jpg
遥か昔のインパクトのままで
再訪した人間には
全く違うものに感じるのでしょうが
それはソレです。

人によって時の移ろいは
ある意味、残酷な一面を見せてくれます。

ご馳走様でした。

友愛亭@大阪市浪速区

山ほどUPしたい記事が溜まってますが
その前にこの方の記事を拝見して
行きたくてしょうがなかったお店へ

久しぶりの大阪

事務所を抜け、恵美須町
しかし大陸系の人の多い事・・・・

そんな街中に
IMG_a6896.jpg
静かに
IMG_a6897.jpg
友愛亭さんです
IMG_a6902.jpg
お昼前でしたがガテン系を
中心に結構な人の入り

男性二人の爽やかな接客
IMG_a6899.jpg
IMG_a6900.jpg
バター醤油飯か・・・・

ニンニクも気になったんだけど
今回は自粛

予定通りカミソリパンチで
ノックアウトされに
IMG_a6911.jpg
5分ほどで
IMG_a6915.jpg
綺麗

一口
IMG_a6925.jpg
ここに来るまで、新進気鋭らしい
一口目から”ウチはこんなスープ”的な
主張性のあるラーメンとばかり
思ってたのですが
IMG_a6956.jpg
正直、驚きました。

淡いんです。

動物系を主体に昆布系を軽く
野菜系も軽く・・・

元ダレも柔らかく、後口
香ばしい塩テイストが口中に

後口がイニシエ系と一線を画します。

残念だったのは意図的なのか
スープがぬるかった事。

輪郭はよく分かるのですが・・・・

麺は
IMG_a6931.jpg
これもビックリ、加水率高めの中細麺

醤油は低加水中太麺を合わすお店が多い
と認識していたのですが、あえて
反発させているのか・・・

けど、このマリアージュも全然ありです。

もしかして、これがトレンド??
(私が時代遅れ(笑))
IMG_a6939.jpg
さりげないご主人の意図が
見え隠れします。
IMG_a6927.jpg
チャーシューも
IMG_a6929.jpg
メンマも煮卵も手抜きなし

ホホッーと唸ってしまいました。
IMG_a6942.jpg
麺も緩んできて、スープと良い感じに
IMG_a6957.jpg
様子が分かったので
IMG_a6959.jpg
替え玉イン胡椒
IMG_a6963.jpg
スープの輪郭を引き出させて

久しぶりの大阪新進気鋭でしたが
通ってみたいと思わせるテイスト

他のラーメンも食べてみないとダメですね。
ニンニクが合うのかな?
正月明けにもう一回行くか

百聞は一見に如かず
勉強になりました。

ご馳走様でした。
IMG_a6970.jpg
真っすぐだと思います。

北海道ノンビリ旅 2015②

母が神の子池を見たいと言うので

小清水方面
IMG_a3021.jpg
何にもないんですが

なんか一杯元気をもらえます。
IMG_a3041.jpg
収穫の狭間
IMG_a3045.jpg
こういう景色は日本では
北海道しかないし
IMG_a3053.jpg
斜里の”天国に近い道”まで行かなくても
至る所にそんな景色を見出す事が出来ます。
IMG_a3060.jpg
癒されます。
IMG_a3066.jpg
途中
IMG_a3085.jpg
何て町だったか・・・
IMG_a3081.jpg
昭和が残ってました。

20ウン年前私が行った神秘の
神の子池は面影もなく
IMG_a3096.jpg
物凄い人出
IMG_a3100.jpg
気持ちを切り替えて
IMG_a3106.jpg
オンネトーへ
IMG_a3104.jpg
写真は全てスマホですが
被写体が良いので何を撮っても
綺麗に写ります。

その夜は
IMG_a3205.jpg
プリンスホテル
IMG_a3114.jpg
最近はブッフェ形式でも
IMG_a3128.jpg
レベルが高いのですね。
IMG_a3122.jpg
体育館ぐらいのホールで
IMG_a3124.jpg
飽きさせない工夫が随所にされてて
IMG_a3131.jpg
海鮮丼も簡単に出来ちゃいます。
IMG_a3135.jpg
ソフトもレベル高かったです。

翌朝も
IMG_a3145.jpg
美幌峠から
IMG_a3149.jpg
屈斜路湖の朝日
IMG_a3174.jpg
思わず手を合わせてました。
IMG_a3201.jpg
興味深々で飲んでみましたが・・・
IMG_a3207.jpg
私、摩周湖で霧になったことが
一回もないんです。

悪運が強いという事です。

その後
IMG_a3308.jpg
釧路湿原散策
IMG_a3310.jpg
遠距離ですが
IMG_a3331.jpg
湿原中をウロウロし時間調整

釧路へ
IMG_a3334.jpg
カメラやる人は一度は来てみたいそうで
IMG_a3343.jpg
幣舞橋の夕焼け
IMG_a3353.jpg
この時期が一番良いらしく
IMG_a3368.jpg
沢山のカメラマンで一杯

いい歳こいて、ロマンティックに
浸ってました。
IMG_a3470.jpg
その夜の店は別記載で

翌朝
IMG_a3475.jpg
和商市場へ
IMG_a3474.jpg
昨年からサンマが高騰

なんと600円以上・・・
IMG_a3634.jpg
その後もう一つの私的我儘の為に一路札幌へ

北海道は本土とは違った風土、文化のある所

”抱かれる”と言う表現がぴったりの場所

大学の時初めて行った場所がこのクラーク博士像
どうしてもこれが見たくて北海道に行ったのですが
あれから25年・・・・何度見てもイイデスネ。

次はいつ来れるか・・・・・楽しみに待ってようっと。

食べ歩きは別で掲載します。

北海道ノンビリ旅 2015

年末読み切り
(一日だけ別記事を差し込みます)

今年は”家族旅行”で行った北海道。

と言っても、年老いた母が写真に凝ってて
写真が撮れるトコへ連れてけ的な依頼。

私、写真やらないからよく分からないんですがね。

観光地でなく、車窓から”いいなぁ”という景色を
切り取れそうな旅にしようかと。

つまるところ、適当旅(笑)
IMG_a2845.jpg
私の経験則では観光地を転々とするだけなら
北海道本来の良さが撮れなさそう。

北海道って、移動距離がハンパないんで。
そのため移動中を、どう捉えるかがキモ。

ので、各個人が気持ちの良いと思える景色を
探すのが、この旅の趣旨に合うのかなぁ。
IMG_a2847.jpg
私はグルメも釣りも封印、朝から晩までひたすら
運転手に徹した4日間のお話

私がキモチイイと感じた写真
のオンパレードなので、イヤな方は
読み飛ばしてください。

千歳でレンタカーを借りて4時間程運転
高速のSAは本土のように色々お店ありません。
雪の関係からか、殺伐としてます。

比布経由で
IMG_a2877.jpg
今回の旅で私的我儘の1つ目
IMG_a2881.jpg
白滝ジオパーク

旧石器時代の博物館
IMG_a2851.jpg
大阪では見たことないです。

学校で旧石器時代って
習いました?

日本にもその時代があったんです。
IMG_a2866.jpg
残念な事ですが2000年に
偽装発掘事件があり
学術的に未だ認知されてない
部分が多くて。
IMG_a2858.jpg
縄文時代より古いBC30000頃
IMG_a2863.jpg
北日本を中心とし遺跡が存在してますが
何故か近畿は非常に少なく。

残っているのが石器だけだし、
古い時代の事ですから。

石器自体も人工なのか自然なのか
議論が分かれるものも多く
旧石器時代そのものが判定しにくい
一因になっているみたい。

けど、ロマンを感じますよね。
IMG_a2874.jpg
初めてみたので食い入るように
IMG_a2878.jpg
この山が黒曜石日本最大の産地

人がほとんどいない・・・・
観光客は私達だけ

時間が押してきてコンビニで
オニギリを頬張りながら
IMG_a2885.jpg
遠軽 タマネギの収穫期

いい感じに煙が重なって

雨か・・・
IMG_a2920.jpg
サロマのキムアネップ岬
IMG_a2902.jpg
サンゴ草
IMG_a2908.jpg
サロマは自然状態で残ってますね
IMG_a2897.jpg
情熱的な赤色
IMG_a2896.jpg
この色が少し物悲しく感じて
IMG_a2912.jpg
北海道って雲が大きく、空が雄大に見えるんです。

なぜでしょう。
IMG_a2947.jpg
夜は網走湖畔の網走湖荘
IMG_a2926.jpg
前評判は良かったのですが
IMG_a2941.jpg
普通でした。

このシジミ御飯
食べにくかったです。
IMG_a2943.jpg
母に同伴し4時起床。
IMG_a2955.jpg
朝一セイコーマートに寄って
北海道限定をあさります。

このコーヒー甘さスッキリ
IMG_a2961.jpg
能取湖のサンゴ草
観光客は皆、ここに来るみたい。

サロマより色濃く、群生度も高いのですが人工的。

能取湖を後に
IMG_a2969.jpg
海へ
IMG_a2980.jpg
能取岬
IMG_a2974.jpg
抜けるような青空
IMG_a2989.jpg
映画で出て来るような
IMG_a2995.jpg

その2に続く・・・

住吉食堂@四国中央市

なんとか、今年の山場を乗り切ったので
年末まで毎日更新をやっみようかと
思います(あくまで予定)

お暇なら見に来てください。





翌日、PM2.5で霞がかった四国
ホンマ、何とかならんかなぁ

お昼、旦那任せ
IMG_1389.jpg
食堂ですか
IMG_1392.jpg
地元の方で満員
IMG_1405.jpg
サーブされる女性も綺麗
IMG_1395.jpg
兎に角次から次にお客様が来ます。
IMG_1397.jpg
食欲もあまりないので中華そばだけに。

見回すと、中華そばの注文率がほぼ100%
期待で来ますね。
IMG_1406.jpg
縦撮り難しい
IMG_1413.jpg
食堂ラーメン

一口
IMG_1421.jpg
出汁感のはっきりした鶏ガラで
元ダレ濃い目
IMG_1416.jpg
元ダレも課長さんもキチンと効いてて

四国ではあまり見かけない部類になるかも。
IMG_1428.jpg
麺はお約束ともいえる中加水中太麺
IMG_1434.jpg
ハッキリしたスープですので
これぐらいのほうがイイです。
IMG_1437.jpg
食堂らしいトッピング
IMG_1442.jpg
ズルズルと啜って
なんちゃないラーメン。

凝ってなくていいですね。

ご馳走様でした。

清香園@松山市

一昔前、松山で何度か宿泊したことは
ありますが、食べ歩きは初めて

ピンク街も大きく、食べ物屋さんも
少しお高めなのが、その理由

Iの旦那とブラブラ

これぞと言うお店に
当たりません。

日も暮れてきて、もう探すの辞めようか
と話していた矢先

ン、ンッ
IMG_1380.jpg
店内の照明も暗く
一見さんお断り的なオーラ全開

Iの旦那が気を使ってくれて
”どうします??”と聞いてくれますが
IMG_1386.jpg
即答で”入りましょう”と

清香園さんです
IMG_1319.jpg
店内は照明暗め
常連さんが思い思いのお酒を楽しんで

私達は真っ暗のテーブル席へ
IMG_1315.jpg
IMG_1316.jpg
”場末”とはこのことを言うのですね。

なんか落ち着きます。
IMG_1341.jpg
IMG_1338.jpg
ご主人にお酒メニューを聞きますと
お酒と真露(水、お湯割り)、ビールのみ
IMG_1322.jpg
この暗さが
IMG_1328.jpg
何とも言えない。
IMG_1336.jpg
お通しの胡瓜の浅漬け

これだけでもイイ
IMG_1344.jpg
モツ煮
味付けは醤油と味噌でアッサリ仕上げられて

モツを頂いた時にピーンと
昔のモツ煮。

ブタ、牛、鶏モツが色々入ってます。

所謂、ごった煮を初めて食べたのですが
イイですね。
IMG_1361.jpg
もう一品はみんちどうふ

グツグツ音を立てて。
IMG_1368.jpg
お豆腐とミンチで韓国風の味付け
IMG_1374.jpg
スープも動物系のアッサリした醤油テイストに
いくらでも入ります。

ボケッと杯を重ねて・・・

何だろうこの空間
なんかハマル要素が。

多分、精神的に疲れてるんでしょうね。

これで一人1200円。
松山にもこういう落ち着けるお店が
あって良かったです。

ご馳走様でした。

若あゆ@三原市 本郷

大阪で生まれ育った私は
粉もん好き

他の地方文化を受け入れるのを
難しい人もいますが、私は無問題

好奇心先行型

今まであまり食べたことがなかった広島風お好み

昔、流の有名店も行きましたがイマイチ・・・・

やっぱりダウンタウンで食べるのが
性に合っているのかも

Iの旦那もまたしかりで、観光客の行かないような
IMG_1244.jpg
本郷の駅前商店街

この如何にもという感じがイイんです。

若あゆさんです
IMG_1252.jpg
若あゆですが、ご想像の通り
お年を召された女性のハンドリング

お好み焼きはこれじゃないと
IMG_1246.jpg
IMG_1310.jpg
価格的にいい線

広島焼きなんで、モダンかなぁ
IMG_1255.jpg
使い込まれた鉄板
IMG_1254.jpg
マヨが2種類

暑いので鉄板に火を入れないそう
IMG_1260.jpg
これが最近のトレンドらしく
IMG_1267.jpg
私はイカモダン ピリ辛めんで
IMG_1277.jpg
中々の標高
IMG_1286.jpg
マヨラーなんでタップリ
IMG_1301.jpg
大阪のドッシリと比べてサッパリ頂けます。

結構いいぞ広島

けど辛い神戸ソースで食べてきた私には
甘いソースには慣れが必要かな

イカもかなり入ってて、お得感満載

広島焼き、食べ歩いてみたいなぁと思えました。

それも下町タイプで出来ればオバチャンが焼いてくれるお店
(ワガママですいません、)

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事