長さん@松江

最近朝は、ふくらはぎと足裏
マッサージがマイブーム

自己流ですが、これがまた気持ちイイ。
朝のひと時、愉悦に浸ってます。

ふくらはぎは毎日マッサージしてると
柔らかくなり、少し疲れにくくなったような






翌日、昨日味をしめ
もう少しラーメン屋回ってみようかと

昼は回ってて
IMG_8620.jpg
けど盛況

ラーメン長さんです
IMG_8632.jpg
カウンターと小上がり

改築されたばかり?
IMG_8624.jpg
オリジナルもありますが
IMG_8626.jpg
かなり手広い味付けに少し困惑・・・
(オッサンなんで)
IMG_8628.jpg
IMG_8629.jpg
ニンニクトッピングが充実

10分ほどで
IMG_8633.jpg
塩ですが
IMG_8638.jpg
動物系のイイ臭い

一口
IMG_8643.jpg
豚骨、鶏ガラ、昆布、野菜・・・
濃くなくサッパリと。

均整が取れてます。
IMG_8655.jpg
ダダッ辛くないので
一口目の塩のインパクトが
浸透して来て、口中は良い塩梅
IMG_8646.jpg
麺は中加水太縮れ

コシは強めで
IMG_8653.jpg
チャーシューもモモとバラが1枚ずつ
IMG_8658.jpg
後から、タマネギミジンを入れると
シャクシャクとして塩スープを飲んでるよう
IMG_8656.jpg
ニンニク入れてみたり
IMG_8664.jpg
最後はお酢入れてサッパリと

山陰も探すと良いお店が
まだまだありそうですね。

山陰探索再開しますか・・・

ご馳走様でした。

華遊軒@米子

米子で遅いお昼

事前調査しておらず
行き当たりバッタリ

○ベログを見てたら
良い感じのお店が

道沿いにポツンと
IMG_8587.jpg
このロケーションいいなぁ。

華遊軒さんです
IMG_8594.jpg
カウンターのみ

お昼はかなり回ってますが
ボツボツ来られます。
IMG_8593.jpg
お年を召されたご主人お一人で

皆さん半チャンを頼まれてますが
私はそそられた一杯を

ご主人、手際がまたイイ

5分掛からず
IMG_8597.jpg
みそラーメン
IMG_8601.jpg
豚骨みそですね。

一口
IMG_8607.jpg
豚骨が前に出てて

みそは赤と白でアッサリ
IMG_8603.jpg
最近のテイストではありませんが
食べ飽きない感じ


IMG_8608.jpg
中加水細平打ち

こりゃ、珍しい

みそに細平打ちは初めて
IMG_8612.jpg
量的に一気に啜り込んでしまうので
替え玉を頼む方が多かったですね。
IMG_8616.jpg
あっ

食べ進んでいくと豚骨スープの
まろやかさが出てきて
結構ハマってました。

なんちゃない。

さて、仕事に戻りますか。

ご馳走様でした。

太平楽@松江

久しぶり山陰で
ラーメン探索を

アポまでに一軒。

中途半端な営業時間で
時間が合わずハードルの高い
お店だったんです。

やっとだぁ・・・・・


10時15分過ぎに待ち始めると
オッサン達がゾロゾロ(私も含め)

と、どこからともなく集まり
テンデバラバラ店先に固まって来て

その光景に一人クスクス
(俺もその一人やん)

開店を待ちます。

しかし、こんなお店初めて
IMG_8586.jpg
太平楽さんです

開店と同時、オッサン達が雪崩れ込み
後から来る人、来る人

皆、オッサン(笑)
IMG_8560.jpg
お年を召された
女性3人のハンドリング
IMG_8557.jpg
メニューはこれだけ

これでイイんです。

お年を召されたお母さんの
負荷を減らすためオッチャン達は
皆、前金払い。

私も右ならえで

お客もお店に気を使えるのは
良い事です。

オッサンらしくベラベラ喋らず
静かに待ってます。

この雰囲気、ピリピリしてなくて
なんか良いんです。

10分ほどして(並)
IMG_8565.jpg
まぁ
IMG_8569.jpg
なんちゃない

一口
IMG_8577.jpg
一口目、少し塩が感じられますが
淡くアッサリ

鶏がら、昆布、野菜・・・
IMG_8571.jpg
お年を召された方でも
食べやすい味付け

元ダレも薄め
しかし輪郭は分かるので過不足なく。

良いなぁ、こういうのん
IMG_8573.jpg
麺も低加水中細縮れ

オールドタッチ
IMG_8578.jpg
メンマもチャーシューも手作り

成程、開店前から
ゾロゾロ集まって来るわけだ

なんちゃないを、地で行くお店

特筆すべき点はありませんが
なんちゃない感じが良い人には
たまらないお店
IMG_8562.jpg
さて仕事に向かいますか

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事