福来軒本店@静修学園前

秋の気配がしてきましたね。
しかしまだ、コーヒーはアイス

最近、セブンとファミマ、ローソンの
コーヒーを飲み比べ。

コーヒーほど個人の感覚が
分かれる飲み物はありませんよね。

各社テイストのモデルチェンジが
あるので、私の好みも変わりますが
今なら私はローソンかなぁ






戻ってきました。

最後にとらや食堂さんも
ありましたが未訪店をと。

しかし、これがBad Choice

帰阪し、何気に東京の方の
ブログ見てたら、とらや食堂さん
今年一杯で閉店されるとか・・・・

目の前を通り過ぎながら何と言う・・・・



とらや食堂さんのすぐ近く
IMG_8382.jpg
めちゃレトロな木造
IMG_8379.jpg
福来軒本店さんです

すすきの等にも支店があるようですが
この建物が見たくて
IMG_8387.jpg
店は変形カウンター

地元の方がボツボツ
IMG_8384.jpg
価格的にまあまあ
IMG_8390.jpg
このお箸・・・

札幌ラーメンと言えば
私は醤油が一番先

目の前で、お年を召された方が
鍋を振り振り、オールド札幌調理

5分ほどで
IMG_8392.jpg
中々の盛り
IMG_8396.jpg
このスープの色
そそられます。

一口
IMG_8413.jpg
ラードに豚骨、鶏?

野菜の甘みが良い感じ

グイグイ飲めそうなんですが
血圧が心配
IMG_8398.jpg
コッテリでなく
重厚さを増すためのラード

誤魔化しのためじゃなく
ラーメンの一部として

麺は
IMG_8405.jpg
太目の中加水麺

スープを吸い始めるのが早め
IMG_8419.jpg
スープがゴクゴクタイプ

ほんとヤバイ

オールド札幌、素晴らしい。
IMG_8404.jpg
チャーシューもデカいのが1枚

炒めモヤシも邪魔にならず
麺と一緒にガッツリ。

名残り惜しく終了

25Kmくらいでしたが
ノンビリ歩けました。

閉店相次ぐ札幌
大好きな北海道

すぐでも来たいですが・・・

とらや食堂さん閉店に間に合うか?
チクショー来たいなぁ

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

ゆりあ食堂②@南一条

また行きたいと思ってたお店に
行ける事は幸せです。

発寒からブラブラ

途中、スーパーでお土産を物色

3月ですが周りの山々は真っ白

いつ見てもこの建物はイイんです
IMG_8335.jpg
IMG_8375.jpg
風雪に耐えながら

まだ札幌市内に残ってるんです。

大阪の建て方とは
少し違いますね。

店内でWCを借り
IMG_8337.jpg
歴史を感じさせる厨房ですが
清潔感があります。
IMG_8346.jpg
おやつの時間が近いですが
お客様ひっきりなし

皆様、思い思いの物を食べてます。
IMG_8352.jpg
このストーブが好きなんです。

薪ストーブ
IMG_8340.jpg
IMG_8343.jpg
今、書いてて気が付きました。

小チキンライスとか小カレーとかも
あるじゃないですか・・・・

気付かず(また行こうっと)

やっと食べれる
ゆりあさんのラーメン
IMG_8345.jpg
5,6分で
IMG_8353.jpg
久しぶり
IMG_8358.jpg
ノスタルジックがどうだ、こうだと
諸氏緒論があって当たり前

けどですね・・・・
IMG_8360.jpg
このレベル

目の前にして
何て言うんだろう。

一口
IMG_8365.jpg
柔かく、浮かんだ鶏脂の輪

鶏がらと昆布、煮干し、野菜で
輪郭がキチンと取られた出汁

バランスがまたイイんです。
IMG_8368.jpg
野菜由来の甘さが嫌味でなく
それをサラリと纏める
薄口醤油の元ダレ
IMG_8361.jpg
多加水中太麺、かすかに玉子テイスト
IMG_8374.jpg
スープを少し持ちあげながら
啜る快感
IMG_8372.jpg
スープ作りの時に入れてる
かもしれないモモチャーシュー

パサパサ感もなく
IMG_8366.jpg
メンマも手作りでしょうか・・・

満喫、満喫

札幌飽きないなぁ

時間も迫って来ましたが
ボツボツ歩きますか

ご馳走様でした。

爐@発寒中央

最近出張中は、時間なく
読書で終わり、自分も含めた
ブログ関係はあまり見れてないんです。

今週のように一週間
チェック出来なかった時は
休みにかなり長時間
パソコンとにらめっこ

ずつと何年間も平日でも、
コツコツアップされてる方が多く
その継続力凄いなぁと。

私は・・・マイペースで





発寒に向けてテクテク

やっと見えてきました
IMG_8290.jpg
お昼前ですが、結構な車の出入り

繁盛されてます、爐さんです。
IMG_8296.jpg
4人席が3席とL字カウンター

しかし何だろう・・・・
この暑さ

店内に調理熱がこもってて
暖房の暑さではありません。

ご家族も汗拭きながら食べてます。

調理方はご夫婦でしょうか、キチンと半袖。
IMG_8292.jpg
私も辛抱できるか分かりませんが
折角なんで食べて行かないと
IMG_8294.jpg
続々と入店されますが
皆様ドンドン服を脱がれます。

注文の度、豚骨スープを中華鍋に入れ
具材を入れ炒めてます。

7,8分で
IMG_8297.jpg
頼んだスペシャルラーメン
IMG_8301.jpg
特徴は黒いスープ
IMG_8303.jpg
マー油かと想像してましたが
違いますね。
IMG_8326.jpg
一口

しかし暑い
IMG_8305.jpg
黒い部分を除けて、まず頂くと

豚骨の良い出汁感

この黒いのん、何だろう・・・

かすかにニンニク臭もしますが
マー油程ひつこくありません。

混ぜると黒色になって
今迄食べたことのないテイスト

脂っぽくもないです。

あとから魚介のテイストが
溢れ出て来て
IMG_8317.jpg
ハマグリ?ホタテ?

魚介豚骨風
IMG_8311.jpg
麺は多加水中太縮れ麺

チュルンとしてて、少し重めですが
このスープに合ってます。

しかし暑い・・・・・
IMG_8315.jpg
チャーシューも良い仕事されてて
分厚いのが2枚。
IMG_8324.jpg
具材である貝類も結構入ってて
イイ感じのラーメン

なのですが、蒸し暑くゆっくり食べれず
テイストの細部まで見る気が起こらなくて。

ほんのチョットの配慮だと思うのですが
沢山人が来るので手一杯なのかも。

凄くいいラーメンなんで、ゆっくり食せれば
また違ったインパクトになったかもしれません。

ご馳走様でした。

たかちゃん食堂@稲穂

翌早朝からテクテク

距離が離れてて、分かりにくい所

途中、少し小樽行の電車に乗って
稲穂駅で下車

無人駅で降りると住宅街が広がってて

スマホ頼りに坂を上がって行くと
IMG_8244.jpg
こりゃ、きてますねぇ
IMG_8242.jpg
たかちゃん食堂さんです

今回どうしても来たかったお店
IMG_8250.jpg
L字カウンターと小上がり一つの小さい店内

ウチの坊主と同じくらいの親子連れ
IMG_8249.jpg
そそられるメニューのオンパレード

たまらんです。
IMG_8254.jpg
親子でしょうか、女性お二人のハンドリング

お年を召されている方が
たかちゃんでしょうか

年季の入った、小気味良い
平ザルの麺揚げ

この音は食欲を増進させます。

5分ほどで
IMG_8257.jpg
一瞥で鶏がらと分かる顔立ち

凄い美人

器から立ち上がる薫りが、またイイ。
IMG_8260.jpg
しかし、この脂の輪・・・・

ただ者じゃありません。

一口
IMG_8261.jpg
これはホンマ凄い

私見ですが、ここまでのレベルは
少ないと思います。

素晴らしいの一言
IMG_8276.jpg
混じりけが、全く感じられない
ピュア鶏

元ダレが邪魔せず
まろい

ここまでのテイストを出すのは
凄い事ですし、かなりの量の材料を
使ってキチンと下処理しないと
難しいと思うのですが

課長さんは、ほんの少し

鶏のストレートな輪郭が出てます。
IMG_8268.jpg
麺は少し玉子味の中加水中太麺

スープのレベルが高いので
少し負けてますが。

これはこれで十分。
IMG_8265.jpg
チャーシューは鶏もも?

脂分なく、スープを吸い込み
スープが肉に染み込んで

考えられたチャーシュー
IMG_8282.jpg
わき目も振らず
一心に啜って

目立たないお店ですが
ノスタルジックという範疇で収まらず

私的に再訪店として、是非訪れたい
お店の一つです。

素晴らしいお店です。

次回まで営業してますように。

ご馳走様でした。

芳龍@すすきの

私、どんな方がこのブログを見に
来らてれるのか、以前から疑問だったんです。

毎日、大体同じ人数の方に
来て頂いているようですし。

今回、励ましのコメントを頂いて
同じような価値観の方が
この世の中にはいるんだと
体の棘がバラバラと落ちました。

このブログ、もう少し
頑張ってみます。





麻布からテクテクと
IMG_8203.jpg
もうこんな時間・・・
IMG_8204.jpg
ちょうど、歓送迎会シーズン
あちこちで派手にやってます(笑)
どこでも一緒ですね。

私、北海道は大学時代からご縁が多々あり
食べ物屋さんも、彼方此方行ってまして。

だるまさんも覗いてみましたが
相変わらず混んでますね。

今回はラーメンオンリー
IMG_8209.jpg
ピンク街の真ん中

普段、夜専は行けないんですが
源流店に行くチャンスなんてそうないですし。
IMG_8240.jpg
芳蘭さんです

店内は酔った方が多いので
撮影は自粛
IMG_8212.jpg
キビキビした男性の3人体制
IMG_8215.jpg
いよいよ、札幌源流

オールド札幌のラード炒めタイプ
鍋が降られ、スープ入れて

5分ほどで
IMG_8216.jpg
札幌ラーメンは、他地域と違い
”炒め”という要素が入ります。
(創世記は違うらしいですが)
IMG_8219.jpg
寒い為、ラード(脂分)でスープ熱を
逃がさないという知恵から来てると
勝手に想像

しかしこれが、他地域と違った
素晴らしい方向性を確立してて。
IMG_8227.jpg
マッタリとした食感と炒めスープの出汁感が
奥深さを作りだします。
IMG_8233.jpg
私的に出汁感が取りやすく、奥行きが分かりやすく
当然、課長さんも分かりやすくて。

いわばシンプルという事(前置き長すぎ)
IMG_8238.jpg
私のような舌音痴、作文音痴ではダメですが
鋭敏な方なら、お分かりいただけると思います。

このラーメンを食べながらそんな事を
ボォ~と思ってました。
IMG_8224.jpg
麺はスタンダード多加水縮れ中太麺

チュルンとした食感でこのスープありき。
IMG_8222.jpg
飲んだ〆も十分OK牧場
IMG_8234.jpg
最後はこれと確変調味料を入れてフィニッシュ
札幌はニンニク、一味がまた合うんです。

計測はしてませんが、今日30Km弱程歩いた・・・

久しぶりにノンビリ食べ歩きが出来ました。

ご馳走様でした。

四十一番@麻生

北山龍さんから少し歩いて

夜のとばりが降り
気温が下がって来ますが
歩いているので、余り気になりません

道沿い
IMG_8162.jpg
市井の普段着店
IMG_8169.jpg
地元民がボツボツと

お年を召されたお父さんお一人
IMG_8164.jpg
アカンて・・・・

気になるメニューが沢山

メニューは決めてきてたので
カウンターの端っこで邪魔にならないよう

良い感じで鍋が踊って
5分かからず
IMG_8171.jpg
生姜ミソラーメン

味噌に生姜を入れるのは
あまり見かけませんが、
札幌ラーメンでは普通。

今でもそこかしこで見られます。
IMG_8175.jpg
イニシエとは思えない顔と
その匂いに来て良かったと

生姜を混ぜずに一口
IMG_8177.jpg
シッカリとした豚骨出汁

ですが、しつこくなく
IMG_8193.jpg
札幌も鶏ガラと豚骨に分かれますが
味噌には豚骨が合ってるように思います。

味噌は白味噌ベース
そのため後味アッサリ。
IMG_8179.jpg
生姜を混ぜると、サッパリさが
引き立って
IMG_8183.jpg
麺はオッと驚く、中加水細縮れ

意表を突かれて
IMG_8194.jpg
この取り合わせは少しスープが優勢

偶々、店内に私一人になって
ご主人が、喋りかけてきて下さって。

昔は、加水高めの太目麺でしたが
お客が歳を取り、嗜好が変わって
それに合わせラーメンを変えて来たと。

そりゃアそうで、かれこれ40年
ここでやってるらしい。

ホント、素晴らしい

味も古さを感じさせず、通い込ませる要素があり
飽きないと思います。

このなんちゃなさ。
札幌は本当に凄い所です。

ご主人また来ますね。
辛いのんが気になりますんで。

すすきのまで帰りますか。

ご馳走様でした。

北山龍@麻生

夏は大好き

・・・ですが、今年は暑過ぎですね。

最近、PM2.5も多いですし。
このPM2.5なんとかなりませんかねぇ





JR札幌駅を過ぎ
IMG_8117.jpg
駅近くにある大学
IMG_8122.jpg
弟のように可愛がってた、会社の後輩の母校
3回忌になるんで訪れてみました。

あれからもう3年かぁ
天国で元気にしているかなぁ

彼の研究棟を覗いて
ブラブラしながら、麻布方面へ

流石にここまで来ると、観光客はいません。

通勤時間帯でしたが、通りすがりの若い女性
の色合いは大人しく、おばちゃんも大阪みたいに
ケバケバしくなく。

お約束のスーパーも何店か覗きましたが
生鮮食品は安めですが、日用品は少し高いかと。

地下鉄麻布駅から少し歩いたところ
IMG_8125.jpg
北山龍さんです

新進気鋭店
IMG_8133.jpg
完全無課長で、前から気になってたお店
女性お一人での営業
IMG_8127.jpg
IMG_8128.jpg
中々来れないんで、スペシャル系に
IMG_8129.jpg
開店直後で、私の他は一人
しかし後から常連さんが続々と

塩を頼んでいる方が、多かったなぁ

5分ほどで
IMG_8134.jpg
ほぅ
IMG_8138.jpg
ブラックソルトラーメン

あまりお見かけしないお顔

けど、作り手のように美人なラーメン

細やか

一口
IMG_8157.jpg
完全無課長店で初めて気になったお店。

これは凄い。

出汁感がホント上手く出てて、ボヤけてません。
IMG_8140.jpg
焦がした醤油も邪魔しないし、出汁にも厚みがあります。

弟子入りして教わりたいくらい。


IMG_8147.jpg
低加水細縮れ麺

スープの良さに、際立つ麺
このスープに良く合ってて

素朴というか作り手の意図が
ストレートに表現されたラーメン
IMG_8148.jpg
チャーシューもアッサリで柔らかく
IMG_8151.jpg
メンマがまたイケてて
IMG_8156.jpg
このお店で終わりなら、他に2杯くらい食べてみたいと

また札幌に来なくっちゃ
ご主人また来ますね。

ご馳走様でした。

喜来登@すすきの

すすきののホテルにチェックイン

着替えて2件目

歩いてお腹減ったので
近場で一杯

すすきのも中国観光客非常に多し。

商店街の一角
IMG_8114.jpg
モダンな店構えですがイニシエ店
IMG_8081.jpg
喜来登さんです

私風情が札幌ラーメンの歴史を語るなんておこがましい
ので別のサイトご参照頂きたいのですが、喜来登さんは
札幌味噌ラーメンの最源流の一店
IMG_8087.jpg
メニューはこれだけ
IMG_8088.jpg
芸能人も沢山
IMG_8090.jpg
やはり貴方様も・・・

奥様の接客も好印象

5分掛からず
IMG_8092.jpg
ネギがタワーに

私、ネギとラーメンの相性って
懐疑的なのですが・・・

ネギを混ぜる前に一口
IMG_8106.jpg
白味噌仕立て
IMG_8112.jpg
出汁感はあまりしませんが、しつこくなく

はて?出汁は野菜となんだろう
豚骨か・・・


IMG_8100.jpg
多加水中太麺でモチモチとした食感

スープが、あっさりタイプなので
この組み合わせは飲んだ〆でもイケそうな感じ
IMG_8108.jpg
ネギが邪魔をするかと思いきや
麺と絡まって口中で邪魔しません。

これは私の価値観も再考の余地ありです。
IMG_8111.jpg
お約束の一味を掛けて

源流とはいえ、古ぼけてなく
老若男女に受け入れられる感じ。

私はたべれば食べる程、ノスタルジックから
学ばなければならない面が多くて。

考え方は人それぞれ。

さぁて歩きますか。

ご馳走様でした。

大和家食堂@白石

IMG_8051.jpg
急遽、北海道(仕事ですよ)

行きたいイニシエ店リストは
継続作成してましたが、前回から2年程で
閉店がリストの4割

ガックリ・・・・

気を取り直し行けるだけ
いくしかありません

強引に休みを一日くっつけ
1日半ラーメン食べ歩き

ルールは前回と同じ
基本、札幌市内を徒歩で

1件目、白石駅の前
IMG_8076.jpg
北海道らしい建築
IMG_8053.jpg
大和屋食堂さんです
IMG_8057.jpg
昼はとうに過ぎ、お年を召された
お母さんお二人でお喋り中。

私、スーツ姿なんで
こちらをチラチラ見てます。
IMG_8058.jpg
昔の駅前食堂そのもの

やっぱこういうのん
好きだなぁ
IMG_8059.jpg
小上がりもあって

7,8分で
IMG_8061.jpg
1件目からヒット
IMG_8062.jpg
オールドタイプ札幌醤油

一口
IMG_8071.jpg
課長さんを感じさせませんね。

鶏がら、昆布、節系・・・優しいけど
北海道らしい力強い出汁感
IMG_8063.jpg
寒さからか、他の地域の”優しい”テイストより
強めに出汁が出てます。

けど、しょっぱくないんです。
この”感じ”私には、ピッタリ来るんです。

麺は
IMG_8067.jpg
多加水玉子中太麺

シコシコタイプ
IMG_8069.jpg
チャーシューはご愛嬌
IMG_8075.jpg
最後、お母さんが手作りのお新香を

話の輪に入らされて(笑)
けど嫌いじゃないです、そういうのん。

特筆すべき点はありませんが
ラーメンの原点ってこういう所に息づいているんですね。

さぁ、すすきのまで歩きますか。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事