青龍軒@杵築

飛行機の出発時間が迫ってますが

まぁイイかぁ(ただのバカ)

杵築

ここのお城がまた情緒があって。

時々高速を乗らずに
ワザと下道で見に行くくらい

近くに
IMG_4591.jpg
青龍軒さんです

久留米ラーメンらしい
IMG_4572.jpg
もう夕方近いんで私一人

ご夫婦経営でしょうね。

豚骨臭プンプン
臭いにつられて(大)を頼んで

5分ほどで
IMG_4575.jpg
来た瞬間からワイルドな匂いが
IMG_4578.jpg
久しぶりの野獣ストロング系
(コッテリと言う意味ではありません)

一口
IMG_4580.jpg
どう表現すればいいのか分かりませんが
大阪では極力臭いを抑え
味もマイルドに滑らかにするのが一般的

その真逆と言えばいいのでしょうか
This Is 豚骨といえばいいのでしょうか

昔、天王寺にもこれ系のお店がありました。

私は食べ慣れてるのでワイルドと言う表現です。
IMG_4588.jpg
臭いもワイルドさも豚骨の良さだと思いますが
人それぞれ
IMG_4584.jpg
麺もこれを受け止めるシャッキリ麺
IMG_4590.jpg
人それぞれ受け止め方があって
これだから食べ歩きは止められません。

ご馳走様でした。

万来@日出

空港に向かう途中で宿題店

日出

城下カレイで有名な所

駅前に
IMG_4546.jpg
万来さんです

ご家族経営でしょうか

元気なお母さんが
サーブを取り仕切ってて
IMG_4550.jpg
麺類に絞ったメニュー

便所に行ってる間に来てました
IMG_4554.jpg
汁タプ美人
IMG_4556.jpg
見た目から淡く、思わず笑みが

一口
IMG_4562.jpg
シッカリと出汁は出てます

しかしこの淡さ・・・・儚い(意味不明)
IMG_4557.jpg
コッテリだけが豚骨の表現方法ではなくて
淡くてもシッカリと主張できるラーメンが
九州には沢山、沢山あります。

大阪では豚骨はコッテリが主流ですが
このようなラーメンもイイですよ。


IMG_4561.jpg
小麦のテイストがシッカリと味わえる麺

低加水で段々と伸びていくんですが
スープとの掛け合いがまたイイ
IMG_4564.jpg
カタ麺だけが豚骨ラーメンの食べ方では
ないと私は思ってます。

そのスープに合った食べ方を
見つけるのがイイかと

媒体に惑わされず。
IMG_4567.jpg
もう一軒行きますかぁ

ご馳走様でした。

六盛②@別府

お昼

昨晩から頭から離れない
IMG_4522.jpg
I `ll Be Back
IMG_4527.jpg
お昼時と言うこともあり、待ちが
IMG_4526.jpg
助手の方も入ってフル稼働
IMG_4525.jpg
迷わず一点買い

10分掛からず
IMG_4528.jpg
中華そば(醤油)
IMG_4531.jpg
またイカスヤツが来やがったぜ

一口
IMG_4534.jpg
熱っつい

上層の調味油は昨晩の油と同じもの

上品、なんの油だろう

丸い醤油の元ダレと豚骨と鶏ガラの動物系が
勝ったスープ
IMG_4542.jpg
優しいんですがインパクト十分

麺は
IMG_4538.jpg
昨晩と同じ麺ですが相性はイイです。
IMG_4544.jpg
トータルで1+1が3になるようなラーメン

素晴らしい

ホント冷麺専門店???
レベルの高さに唸ってしまいました。

ご馳走様でした。

友永パン@別府

私が”街のパン屋さん”カテゴリーを思い立ったのは
小学校の頃、給食で食べたコッペパンまた食べたいなぁ
そんなん作るお店って、まだ残っているのかなぁ
というのがきっかけ。

家の近くにも横文字の美味しいパン屋さんは
結構あります。

パン屋さんって、ラーメン屋さんより多いかも

ここで掲載したいのは、そういう横文字系ではなく
昔からある地元密着型のパン屋がいいなぁと。


このカテゴリーにぜひとも掲載したかったパン屋さんがありました。


早朝からテクテク
IMG_4508.jpg
すんげぇ、もう並んでる

友永パン屋さんです
IMG_4510.jpg
ウインドーからガラス越しに
中を見るとレトロ感満載
IMG_4511.jpg
サーブされる女性は皆さんお若くモダン

ノーメークで、キビキビ。

雑談なんてありません
IMG_4515.jpg
次から次にパンが焼き上がって
IMG_4516.jpg
皆さん10個20個単位で購入されてます。

さて
IMG_4514.jpg
本当は全種類買って帰りたいのですが

取り敢えず

出来立てを
IMG_4517.jpg
バターフランス

まだ仄かに暖かい

帰り道ほうばりながら

優しい小麦の味が口一杯に広がります。

パン生地がサラリと溶けていくよう

底の方にバターを入れて焼くのでしょうか
甘く感じるバターテイストがまた何とも言えない

レンタカーも飛行機の中も小麦の良い匂いで一杯

家に帰って
IMG_4594.jpg
食パン(角)

濃密な小麦感があります。
けど柔らかく、焼くとさらにフンワリします

これで1斤140円
IMG_4597.jpg
食パン(山)

(角)に比べてすこしサクッとした感じ
何が違うのかなぁ、興味津々で食べてました。
IMG_4598.jpg
チョコレートパンとワンチャン

両方共コッペパンテイスト
1日たっても柔らかいまま
IMG_4614.jpg
ワンチャンの中はカスタードクリーム

食べた瞬間懐かしさが湧いてきて。
IMG_4601.jpg
アンパン(小倉)

友永さんの代名詞でもあります。

パン生地が秀逸で
餡が後から追いかけてきます。

10個20個と買うわね。
IMG_4604.jpg
バターフランス

電子レンジで少し温めると、昨日の出来立てに
近くなって、柔らかふんわり

横文字のパン屋さんも素晴らしいですが
こういう古くからあるパン屋さんにハマってしまうのは
私だけでしょうかねぇ

ご馳走様でした。
IMG_4519.jpg
君も売り物かい?

十八番@別府

六盛さんでエンジンが掛かかり

もう一軒
IMG_4474.jpg
十八番さんです

新店みたい

ポツポツとお客様が来ます。
IMG_4481.jpg
ご店主一人でのハンドリング
IMG_4483.jpg
無料サイドメニューもあったり
IMG_4484.jpg
ラーメン(中)を頼んで5分ほどで
IMG_4485.jpg
中々のビジュアル
IMG_4490.jpg
結構アブクも出てて期待しますね

一口
IMG_4494.jpg
う~ん、スープが若いんですかねぇ

脂はあるのに
出汁感がありません。

これは・・・・
私の口には合いませんでした。

麺は
IMG_4491.jpg
イイ感じに茹でられてて

スープと麺のギャップに食べ切るのがヤット


豚骨に限らずスープって難しんでしょうね。

店によっては出来が悪いと休まれる所もあったり
ただ色々諸事情もあったりして・・・・・

逆にいつ行っても同じ味というのも
私の経験則では、どうかなと思うし・・・・
食べ手の体調や日々の味覚の変化もあるし

考えさせられた一杯

ご馳走様でした。
IMG_4498.jpg
その後はノンビリ

これ銭湯なんです
IMG_4501.jpg
旅人に優しい街、別府です。

六盛@別府

夜遅く、別府に帰着

昨晩のうれしやさんの混み方では
厳しいので前からチェックしていたラーメンを

しかしうれしやさん、おかしい・・・・

ブラブラ歩いて

公園のそばにポツンと明かりが
IMG_4436.jpg
六盛さん本店です

以前、宿泊先近くの支店で
冷麺を食べたことがあります
IMG_4442.jpg
遅いこともあってか、お客様はマバラ

ご主人と奥様の二人体制
IMG_4446.jpg
迷わず冷麺と言いたい所ですが
今回はラーメン一点買い

5分ほどで
IMG_4450.jpg
本当に冷麺専門店???
IMG_4454.jpg
と疑いたくなるような。汁タプのハンサムビジュアル

豚骨のイイ薫りがプーンと

ワクワクしながら一口
IMG_4457.jpg
熱いの、これがまた

ハフハフしながら

上層に上品な香味油があり
それがスープと閉じ込めている感じ

この油なんだろう・・・

スープも豚骨の出汁感タップリで上品

クセもアクもなく

俗にいうコッサリ

麺も
IMG_4461.jpg
これ用に打ち込んでいる感じ

シャキット感の後、ズビズバッと啜り込めます
IMG_4470.jpg
正直、その辺のラーメン店より秀逸

チャーシューも炙られて
IMG_4467.jpg
作り込まれている感じ

相対的なバランスもよく、頭から離れないインパクト

参りました。

ご馳走様でした。

白龍@佐伯

天津さんを後に
もう一軒行けそう

佐伯駅前
IMG_4432.jpg
結構目立つカラーのお店

白龍さんです
IMG_4413.jpg
店内はカウンターとテーブル席が奥にあり
結構入れそう

ご夫婦2名体制

配達もされてるようで
今はお昼時、店内もすぐ満員
戦争状態に

嫌な予感・・・・

さて
IMG_4412.jpg
色々なラーメン

ラーメンを頼んで10分ほど
IMG_4415.jpg
スープが少なそう
IMG_4417.jpg
麺が出てますね

あらら・・・

一口
IMG_4427.jpg
何とか掬って撮ってみました

ストロング系の良い感じなんだけど

勿体ない

麺も
IMG_4420.jpg
シャキンとしたイイ感じなんだけど

ダマになっちゃってて
勿体ない

チャーシュー
IMG_4425.jpg
イイ感じなんですが

ガックリくるラーメン
パーツ単体はイイだけに
今日のはブレと思いたいです。

ご馳走様でした。

天津@佐伯

翌早朝、出立

一路南へ

ハードスケジュールをこなしながら
お昼はラーメン食べないと

佐伯の老舗店へ向かいます。

昔の城下町っぽい街並み
有名な塩麹店なんかも近くにあって
イイ感じの風情

そんなところに
IMG_4382.jpg
出ました(笑)

最初からテンションUp

天津さんです

お年を召された奥様お一人でのハンドリング
IMG_4387.jpg
赤カウンターとテーブル1席
IMG_4384.jpg
ラーメン系だけのメニュー

ラーメンを頼んで5分ほどで
IMG_4390.jpg
オオッ
IMG_4391.jpg
ハンサムですね

佐伯ラーメンとは一線を臥する豚骨系

一口
IMG_4394.jpg
淡いけど出汁感はバッチリ

何だろ、ドロンでもなくシャバイという
わけでもなく
IMG_4404.jpg
喉元を通る時の豚骨の匂いを
楽しむというか

ショッパイと言う方もいらっしゃるみたいですが
この日のスープは感じられませんでした。

麺も
IMG_4397.jpg
佐伯系とは違って腰のあるシャキッと系
スープとの相性もいいです

チャーシューも
IMG_4401.jpg
オールドタッチ

大阪では食べれない
変な言い方をすれば
特徴のない豚骨ラーメン

目新しさを追及する事に飽きてきて
自分に合ったラーメンを探し始めると
こういうテイストは格別なものがあるのかも
知れません。

ご馳走様でした。

湖月@別府

夜、別府帰着

いつもの所に
IMG_4343.jpg
行ったのですが1時間以上の待ち・・・
おかしいなぁ

じゃぁ
IMG_4381.jpg
しょげることはありません。

別府は昔風情が残る観光地

けど開発されてないし、おのぼりさんも
ほとんどいない

裏路地にはホント色んな顔が
あって飽きません。

こんなに野良猫が大事にされてる所も
少ないのでは?

1時間以上ブラブラして
IMG_4378.jpg
こんな細い路地の
以前ご紹介したラーメン屋さんのとなり
IMG_4350.jpg
湖月さんです
IMG_4367.jpg
店内は昭和

5,6人が座れるカウンターのみ
IMG_4362.jpg
メニューは餃子とビールのみ

お母さん一人でやられてますが、所作は早い

餃子を頼むと
IMG_4353.jpg
ラー油とタレが
IMG_4357.jpg
ビールを飲みながら
IMG_4356.jpg
タレを作っていると4,5分で来ました。
IMG_4368.jpg
一口サイズの1人前15個
IMG_4377.jpg
餡はアッサリとしたタイプ

野菜メインかもしれませんね。

皮は薄いクリスピーータイプ
早く出来上がったのはこれですね。

ノンビリと日常脱却しクールダウン

そんな柔らいだ雰囲気が楽しめるお店です。

さてぶらつきますか。

ご馳走様でした。

なべさん@別府

久しぶりの大分

以前お伺いした時と、
今の私の価値観の違いを
確認しにお伺いしました。
IMG_4338.jpg
なべさんです

前にお伺いしたのが
このブログをやる前。
IMG_4313.jpg
偶々、あの頃のメモがあったので
IMG_4315.jpg
開店同時お昼前の入店だったのですが

もう待ちが。

皆さん美味しい所は良くご存知。
IMG_4317.jpg
IMG_4319.jpg
当時のコメントなんて
掲載出来ないくらいダサダサ

けど、その時も私で、今も私(今回は少しセンチ)
3年と言う月日は人を色々と成長させるんですね。

5分ほどで
IMG_4320.jpg
薄化粧の美人が来ました
IMG_4324.jpg
薄化粧の女性って
私には、そそられるものがあるんです

一口
IMG_4328.jpg
渾然一体という言葉がピッタシ

豚骨の中に鶏系、昆布、野菜
色んな味で淡いんですが
複雑でもなく豚骨の言うカテゴリーの中に
1ピースとしてハマっています。

素晴らしい

私の味覚というか価値観
変わったんですね・・・・

麺も
IMG_4332.jpg
モッチャリしてなく、バキボキでもなく

ズゾッと啜れる麺

スープを持ち上げるのが
何とも言えないです。

チャーシュー
IMG_4335.jpg
オールドタッチのテイスト

さて・・・・

何年か後、またセルフチェックしたら
色んな発見があるんでしょうか

それはそれで楽しみです。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事