かっぱ天国@豊中

日記を書く時、短く簡潔にするよう
心がけているのですが、今回少し長いです。

適当に読み飛ばして下さい。





最近、とあるイニシエ系の方のブログを拝見してて
イニシエ系のお店に物見遊山の多人数で
行って騒いで、バシャバシャ写真を撮って
注意したら逆切れされた方がいらっしゃったそうです。

どの食べ物の、どんなイニシエ店でも
地元の常連さんが主賓です。

そうですね

普通の方からしたら
日常になく珍しいかもしれません。

でも、もし興味を持たれて行くのであれば
お一人もしくは二人でいらして
静かに食べて飲んで
去って頂ければと願ってます。

イニシエ系って、キャパシティの
小さいお店がほとんど

よそ者が突然行って
小さい店内で騒いだら・・・・

一度行かれて、気にいれば何度も
通って、馴染みになればいいんです。

私もお伺いする際、極力周りの方に
配慮しているつもりです。

かくいう私も一度、怒られたことがあり
キチンと非礼はお詫びしました。

私が悪いのですから。






今春、ブログを引退した東京の方がいらっしゃいました。

色々勉強になりましたし、私のツボのお店が
多かった事から、拝読させて頂いておりました。

その方の記事に、あるお店が掲載されてました。

拝読した時、一瞬凍りついたのを覚えてます。

夕方からの営業なので
中々行けなかったのですが
やっと行けました。

豊中と言っても交通の便は良くなく
IMG_3091.jpg
かっぱ天国さんです
IMG_3093.jpg
引き戸をガラガラと

かっぱ天国さんは神戸発祥のチェーン店で
私が子供の頃、京阪神で一大勢力を誇っていたそうです。

時が移ろい、神戸大震災で衰退し
今はこのお店だけが残ってます。
IMG_3108.jpg
激渋のお父さん一人でやられてます。

仕事は職人気質ですが
ヤンワリとした空気が
流れてます。

そのせいか、地元の方が
ひっきりなしに訪れます。

女性お一人も見かけました。
IMG_3103.jpg
7、8人座れるカウンターとテーブルが一席
IMG_3110.jpg
私が店の空気と同調するのに時間は
掛かりませんでした。

シンプル
IMG_3098.jpg
IMG_3100.jpg
都市部のお店の価格帯と比較して???と
思われる方もいらっしゃるかもしれません。

人それぞれ

私は即座にピンと来ました。

間違いないと
IMG_3097.jpg
お酒はセルフ

自分で冷蔵庫から取り出します。

なぜかノンビリ
普通のビールなんですけどね・・・・

さて
IMG_3117.jpg
餃子から

ご主人の手際良さ

素晴らしい
IMG_3105.jpg
神戸風
IMG_3120.jpg
味噌ダレにお酢を入れて

一口

皮は柔らかいけどベチャッとしてません

ニンニクを使っていないらしく
軽い食感でバクバク食べ進めます。
IMG_3114.jpg
ニラ玉

ニラはシャキッと感を残し
味付けも濃くなく

醤油きつくなくアッサリ
IMG_3122.jpg
ボンヤリ

まったり
IMG_3126.jpg
チューハイ

嫌な事も、お酒で洗い流せたらイイのにね

どれだけボーとしてたか覚えてませんが
お酒がなくなったので〆ます
IMG_3127.jpg
ワンタンメン
IMG_3129.jpg
大阪でイニシエ系を食べる事を
半ば諦めていました。

私が探すのが下手糞なだけで
こんなに素晴らしいラーメンが

一口
IMG_3142.jpg
鶏がら、昆布、煮干し、野菜etc

下ごしらえをきっちりされてないと
この味は出せない事が
自分で作ってみて分かってます。

染み渡る味

なんちゃない

元ダレ丸く
後口サッパリ

麺は
IMG_3137.jpg
多加水中太縮麺
チュルンと

ワンタン
IMG_3139.jpg
これもチュルン系

スープと一緒に食べると幸せな気分

なんちゃないとか飾らないって、大事なんですよネ
きっと人間と一緒だと思ってます。

近々また来ます。

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

一花@神戸

翌週

帰り道

高架下を歩いていると
豚骨アンモニア臭が

関西では珍しい臭いに
吸い寄せられるように

こんな所に
IMG_2435.jpg
一花さんです

店内は寡黙にラーメンを作る男性と
サーブの女性の二人
IMG_2437.jpg
店内はカウンターで5、6席くらい
IMG_2439.jpg
博多ラーメンを
IMG_2443.jpg
高菜でしょうね。

私は基本豚骨にはニンニク以外入れないんで
お好みでどうぞですね

2分ほどで
IMG_2447.jpg
関西ではあまり会った事がない豚骨ラーメン
IMG_2449.jpg
ネギを外したら良かったです。

一口
IMG_2464.jpg
福岡界隈で普通に食べられる豚骨

少し出汁感が弱いように思いました。
(豚骨は日により違いますので)

あと後味に少し塩っ辛さを

この辺は各人で違いますので。
IMG_2469.jpg
背脂っぽい脂のかけらも見えますね。
IMG_2456.jpg
麺は低加水細麺

オーソドックス

博多界隈では普通にあるテイストの豚骨ラーメン

神戸も面白いです。

ご馳走様でした。

さつき@神戸

梅雨明け間近のうだるような・・・

営業マンはそんなこと言ってられません

フゥ、大汗かきながら仕事

お昼

ラーメンでも食べましょ

少し歩いて

あまたの媒体で紹介されてますね
IMG_2408.jpg
さつきさんです

お昼はとうに回ってるのですが
入れ替わり立ち代わり
IMG_2413.jpg
カウンター席のみ

ご夫婦でしょうか、寡黙そうなご主人と
優しそうな奥様
IMG_2411.jpg
御飯や餃子のセットメニューを
皆様、味噌ラーメンと共に頼まれているようです。

私は寄る年波に勝てず味噌ラーメン単品

ご主人の真ん前の砂被り席にて
調理を見せてもらいました。

効率よく手際がいいとは
こういう事をいうのでしょうね。

次々注文をこなしながら3分ほどで
IMG_2415.jpg
暑い時は熱いもの
IMG_2418.jpg
オールドスタイルですね。

ワクワクしながら一口
IMG_2429.jpg
豚骨かなぁ、表面はラード

炒める工程はなく

少しオイリーに感じますが
味噌自体は甘目

味噌ラーメン一つにも色々あって面白い
こうじゃなきゃダメなんて規定はありません。

日本中に色んな味噌ラーメンがあってイイと思います。

麺は
IMG_2420.jpg
面白い

短め茹で柔目の多加水細麺

柔目は味噌に合う事が多いですね
IMG_2423.jpg
味噌にはこれでしょ
(昼からも仕事だろ)

これも
IMG_2427.jpg
振りかけてっと

汗をかきながらフィニッシュ

外に出ると汗が引くかと思いきや
引くわけもなく・・・

ご馳走様でした。

リンデン@高知

翌朝お土産を買いに

最近、分かって来たのですが高知市は
街のパン屋さんが結構点在してます。

前に少し紹介したかもしれません
IMG_2372.jpg
リンデンさんです
IMG_2373.jpg
イートインスペースもあります。
IMG_2374.jpg
作っているパンも昔ながら
IMG_2376.jpg
色んなパン屋さんの食べ比べに食パンを

私にはこれが一番分かりやすいんです。
IMG_2377.jpg
ぼうしパン
IMG_2378.jpg
焼きそばパン

高校の頃、私のおやつでした。
IMG_2380.jpg
どちらかというと惣菜系パンの
ラインナップが充実しているように感じました。
IMG_2379.jpg
おっと
IMG_2381.jpg
ロールケーキ類も

私の買ったのは
IMG_2404.jpg
生クリーム食パン

いたって普通

なんちゃない食パン
IMG_2403.jpg
カレーパン

3種類ほど置いており、一番マイルドなものにしました。

坊主曰く、普通と(笑)

私はなんちゃら製法の凄いパン屋を探してません

街に昔からあって、普段使いのパン屋さんを
探してます。

こんなんに目がいっちゃいます。

高知ええトコ一度はおいで。

ご馳走様でした。

珍々亭⑰@高知

Warning・・・本記事は一部の珍々亭マニア向けになってます。
 相変わらず、変わり映えのない写真、文です。

 お嫌な方は読み飛ばしてください。
 (書いている本人はマニアですので(笑))




来たでぇ、高知

商店街ではヨサコイの準備に追われてて

本能のおもむくまま
IMG_2316.jpg
最近、いつ来ても満員

嬉しくもあり、悲しくもありで
けど、ほんと良いお店なんです。
IMG_2319.jpg
メニューも増えてて、小イカが出始めたのね。

夏ですね
IMG_2322.jpg
お疲れ様です。

いつものお願いします。
IMG_2323.jpg
呪文はニンニク多め
IMG_2324.jpg
これで700円
IMG_2326.jpg
一切れのポーションは大きいですよ
IMG_2328.jpg
約一か月おきに頂いてますが
身幅が広くなってますね。

少し脂が乗って来てますがサラリと

続いて
IMG_2336.jpg
刺身
IMG_2348.jpg
お刺身は光に反射し表面がオーロラ色に
キラキラ照り返してます。

脂ですかね

鮮度がいいんでしょうね。
IMG_2341.jpg
スイマセン

お酒くだちゃい
IMG_2344.jpg
桂月の辛口が口中を洗い流してくれます。

続いて
IMG_2350.jpg
ハモ
IMG_2352.jpg
骨ぎり感がイマイチですが
サッパリと夏らしいですね。
IMG_2360.jpg
アスパラのメニューが見当たらないので
うららさんに何にするのか聞いてみたら
小イカと炒めましょうかと

それください
IMG_2358.jpg
小イカとアスパラのオイスター炒め

メニューにはありませんでしたが、材料があれば
作ってもらえると思います(多分ですが)

バターと塩とオイスターソースの味付け
さすが3代続いている元中華

間違いはありません。

酔っぱらってきたので〆を頂きます。

今度は青空さんが作られてます。

前から気になってた、冷やし担々麺
IMG_2362.jpg
普段は食べないんですが、〆には丁度いい量

胡麻が効いた味噌に
ごま油がタラリ
IMG_2366.jpg
麺は半分らしく、食べ飽きない

珍々さんの大衆中華メニューは
さりげなく素晴らしい

ジャイニーズ万歳!!

フウッ、満足満足

ご馳走様でした。

PS
このお店の名前の由来は黒板メニュー写真の
上方天井部にさり気なく吊るしてあるのですが
写真として掲載に耐えうるかどうか微妙ですので
控えております(笑)

気になる方は高知までおいで頂ければ幸いです。

店名から分かりますけど(笑)

ハンター@今治

翌日今治へ

昼食難民になりかけましたが
こういう時スマホは助かります。

私にとってお色気ムンムンのお店がヒット
IMG_2281.jpg
市街地から少し離れた所にあります。

ハンターさんです
IMG_2284.jpg
場末感満載
IMG_2286.jpg
枯れてるなぁ

店内は
IMG_2292.jpg
昭和

カレーを仕込んでいる匂いが

厨房からして来て

私の琴線を鳴らしっぱなし

メニューは
IMG_2291.jpg
ラーメンもあるのですが目が行かず

洋食メニューに
IMG_2296.jpg
なんとまぁ
IMG_2295.jpg
昔、百貨店の大食堂に行くと
こういうのんありました。

久しぶりに見とれて・・・

お年を召されたご夫婦と娘さん?で
やられているみたい

ご主人が調理を一手に
職人さんですね。

来ました
IMG_2301.jpg
焼飯です

一口
IMG_2302.jpg
味付けアッサリ

具沢山

玉ねぎ、レンコン、人参の炒め具合が
ちょうど良く我がツボ

お肉にハムに・・・

具が何種類入っているか
数えながら食べるのが
また楽しくって

御飯もパラパラ

かすかにコンソメの味がします。

やっぱ
IMG_2305.jpg
オールド世代はこれ掛けないと
気が済まないでしょう(笑)
IMG_2306.jpg
タップリ回しかけて

フィニッシュ

Iさんの
IMG_2308.jpg
オムライスも中々のポーション

他のご夫婦が食べられてたランチも
目が点になりそうな感じ

国宝級見つけた

私は、こういうお店にたどり着けると
幸せな気持ちになります。

次はあれだな
ご馳走様でした。

狄(てき)@広島

広島泊

Iさんご推薦の焼きのお店に連れてって
もらいました。

JRのガード下

場末感満載
IMG_2245.jpg
狄さんです
IMG_2248.jpg
この字は珍しい
北海道関係かなぁ

店内は
IMG_2258.jpg
20人程が座れるんでしょうか
IMG_2274.jpg
カウンターのみの落ち着いた空間

照明も心持暗め

居心地のいいとこなんでしょうね
女性のみの入店も結構あります。
IMG_2255.jpg
お任せで頼むとメニューの右から出てl来るみたい
IMG_2250.jpg
お疲れ様です。

突き出しと共に出てきました。

大皿にキャベツの手切りに
自家製ポンズを掛けたもの

これに
IMG_2268.jpg
ニンニクを付けてくれます。

このポンズが秀逸

食べ飽きないように辛くなく、酸っぱくなく
寸止めで合わせてます。

ポンズにニンニクが混ざりあうと
これだけで飲めます。
IMG_2261.jpg
サガリとしそまき

肉自体は塩焼きで
例のポンズを掛けて

牛も豚もサッパリと
IMG_2263.jpg
セセリ、牛てき

ニンニクポンズのパワーが勝って
アッサリ感が前面に

キャベツを食べる量の方が多くなってきました。
IMG_2265.jpg
賀茂鶴冷

酒が妙に合います。
IMG_2271.jpg
とり肩、豚のねぎま

ニンニクポンズの魔力継続中

ついキャベツに走って行きます。
IMG_2273.jpg
誠鏡冷
IMG_2279.jpg
キモ、皮

東京では濃い付けダレですが
所変わるとアッサリテイスト

どっちも魅力的で面白い

また来たいけど、キャベツを沢山食べるので
串関係は私的にそんなになくてもOK

ご馳走様でした。

一元@御調

カツオちゃん出張

広島山間部へ
Iさんとお仕事

周りは何もないスンゴイ田舎

突然
IMG_2215.jpg
産直ショップ跡でしょうか・・・

ラーメンの幟がなければ
何をやっているのかわからない(笑)
お店が忽然と現れました。

凄い店構え
IMG_2217.jpg
店内マニア向け

一見さんはちょっと入りにくいかも
IMG_2216.jpg
価格は結構強気

お年を召されたご婦人がやられてました。

5分ほどして
IMG_2220.jpg
見たことのないラーメン
IMG_2222.jpg
スープがブラック
IMG_2224.jpg
脂が浮いてて

それと黒い細かい粒状のもの

地雷か天国か
ワクワクしながら一口
IMG_2235.jpg
未知の味

何だろう・・・豚・・・・
初めての味

けどスープを飲む手が止まらず

表面のオイリー感もラードではなく
違和感のないアッサリしたもの

ウウンッ

何だろう・・・分からん

元ダレも濃い口醤油かなぁ

お母さんが来られて発明したと
IMG_2228.jpg
強制的に投入されました(笑)
IMG_2225.jpg
牡蠣を乾燥したものみたい

スープが海テイストで一杯に

麺は
IMG_2229.jpg
中加水中細平打ち

面白い取り合わせですが
不思議にマッチング

興味津々のラーメンに
思わずお母さんに聞いてしましました。

豚は一切使わず鶏のみ

成程、モミジでこれを出したのかぁ

後口少しだけ薫る魚介系は
尾道特有の煮干しか聞きましたが
白身魚を焼いた物(焼き干し)

ダブルスープではなく後入れ

人によって好き嫌いが分かれると思いますが
私にとっては面白いラーメン

一元と言う名前

聞いてみたら三原に昔あった
一元を作られたのがお母さんのお父さん

娘さんであるお母さんは
御調で支店をやられてたらしいです。

お父さんがご逝去後、三原店舗は譲ったらしく
(そのお店は閉店)お母さんが今の所で
やられて一元継承者との事。

私は三原の一元さんは行った事が
ありませんが、お母さん曰く、三原時代との
違いは背脂トッピングを止めた事らしいです。

なくても十分存在感がありますよ
引きが強いラーメンなので。
IMG_2242.jpg
再訪したいですが
とんでもない田舎なんで・・・

ご馳走様でした。

福将軍②@豊中

坊主が行きたいということで再訪

並んでるやん
IMG_2167.jpg
福将軍さんです
IMG_2169.jpg
晩御飯時
IMG_2172.jpg
家族連れが多かったです
IMG_2173.jpg
思い思いのラーメンを頼んで

5分掛からず
IMG_2178.jpg
ミニへた丼

今日は胡瓜の浅漬けですね。

マゼマゼして
IMG_2181.jpg
パテントを取ってるみたい

タレに秘密があるんでしょうね

ワシワシと

坊主の
IMG_2182.jpg
味噌ラーメン

甘味噌でしょうか
私にはちょっとクドイかも

私の
IMG_2188.jpg
チャーシュー麺

二郎系には及びませんが
破壊力十分のビジュアル

一口
IMG_2201.jpg
大阪ライト豚骨

なんちゃない

何も考えずズルズルと啜れます

麺は
IMG_2196.jpg
多加水中太麺

チャーシューは
IMG_2205.jpg
存在感抜群
IMG_2209.jpg
5、6枚入ってて満腹に

特筆すべきものはありませんが
普通に過不足なく食べれるラーメン屋さんって
わたしには貴重なんです。

ご馳走様でした。

そしてお疲れ様でした。

キッチンおかだ@松江

翌朝

最近、街のパン屋さん探しと言う
新しい遊びが増えたことで
街ブラが楽しくなってきました。

お仕事前に一軒

キッチンおかださんです
IMG_2125.jpg
パン屋なのに名前にキッチン??
前身は何だったんでしょうね・・・

少しググってみますと、創業30年ぐらいだとか
IMG_2128.jpg
トレーを持ったまま撮ってますので
ブレててすいません

朝早く種類はありました。

少し高めの価格設定
IMG_2129.jpg
惣菜系にも目が行ったのですが
お持ち帰りなんで
IMG_2130.jpg
ハード系が多いのでこれかなぁ
IMG_2132.jpg
店名を冠したこれと
IMG_2133.jpg
この気になるネーミングは・・・
IMG_2135.jpg
朝ご飯はやっぱ惣菜系ですね

ということで
IMG_2141.jpg
キッチンブレッド

焼かずに食べると、小麦の濃密さがわかりますが
少しモシャモシャします。

焼くと外はカリッと中はシットリモチモチで
家族にも大好評

4枚切りとか分厚くでもいいかも
IMG_2139.jpg
ヨーグルトパン、初めて見るパンです

餡はカルピステイストで
夫婦で取り合いの様相を呈してました(笑)
IMG_2146.jpg
蒸し鶏と青紫蘇ジュレの黒ゴマサンド
IMG_2151.jpg
牛蒡と人参、玉ねぎのシャキシャキ感が
コーヒーと合いますね。

良いお土産が見つかりました。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事