丸高 六十谷店@和歌山

2店目

連食ワクワクしますねぇ

丸高六十谷店さんです。
IMG_1001_convert_20140504202947.jpg
微かな記憶ですがアロチ本店の
店主のお姉さんがやられていたと
記憶してます。
IMG_1003_convert_20140504203031.jpg
女性の方一人でハンドリング

内装は古いですが清潔感満載。

何とも言えない雰囲気
良いなぁ

立地条件は良いと思えないのですが
お客様は入れ替わり立ち代わり
切れることなく

地元密着イニシエ系の
素晴らしさが出てます。
IMG_1005_convert_20140504203051.jpg
早寿しも沢山積まれておらず
食べる分だけを補充しているみたい。

この後の渋滞も考えて
お腹一杯食べようと
チャーシューメン大を頼みました。

10分ほどで来ました。
IMG_1007_convert_20140504203108.jpg
配膳された瞬間から
オーラを放っていました。
IMG_1008_convert_20140504203129.jpg
イイ顔だぁ

写真を撮るのも
もどかしく一口
IMG_1020_convert_20140504203240.jpg
素晴らしい

豚骨のミルキー感
コックリ感十分

臭さもなく

口中にまとわりつく
テロリ感満載。

麺は
IMG_1011_convert_20140504203146.jpg
このスープありきな
和歌山のオーソドックス低加水中太麺

かなりのボリューム

チャーシューは
IMG_1015_convert_20140504203207.jpg
薄切りですが10枚程度

配分を間違うと最後はチャーシュー
ばかりになりそうなくらい

味は少し冷蔵庫臭はしましたが
スープにサスペンドし
少ししてサルベージしていただくと
テロリスープと相まってご飯を食べたくなります。


いやぁ、素晴らしい


このラーメンを食べに和歌山に
仕事をつくろうかなと

私が言うのもおかしいですが
和歌山でもトップクラスの
ラーメンだと思います。

書いているシリから
また行きたくなってます。

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

まるやま 小松原本店@和歌山

GW

渋滞情報を見ると
ウンザリするよな
混み具合

家でノンビリと

と、決め込んでいたのですが
家族サービスという
難敵を目の前に
逃げれる訳にもいかず(笑)

和歌山へ釣りに行きましたが
竿を入れる隙間探しに一苦労

ヤレヤレ

適度にやり過ごし晩御飯のおかずが
釣れた時点で撤収

混雑が予想される有名店はパスし
車庫前系イニシエ店を目指します。

1店目は
IMG_0972_convert_20140504202606.jpg
まるやま 小松原本店さんです。

お昼を回っていたので待つこともなく着席
IMG_0974_convert_20140504202625.jpg
車庫前系を代表するお店として
メディアへの露出度は高いと思います。
IMG_0977_convert_20140504202642.jpg
入口にオデン鍋もあり
他の方はオデンをつつきながら
ラーメンを待ってます。

お年を召された方を中心に
女性3人でサーブされてました。

私達は連食を考えてましたので
ラーメンを頼みました。

久しぶりの早寿し
IMG_0979_convert_20140504202659.jpg
一つ

IMG_0980_convert_20140504202715.jpg
結構締まってますね。

5分ほどで来ました。
IMG_0983_convert_20140504202734.jpg
盛り付けが綺麗
IMG_0984_convert_20140504202754.jpg
車庫前系のビジュアルに
顔が綻びます。

久しぶりの和歌山ラーメン

一口
IMG_0990_convert_20140504202844.jpg
ウ~ン

少し出汁が若いかぁ・・・

豚骨が薄く感じます。

豚骨スープはブレがあるので
偶々、出てない日に当たったかぁ。

当たりの日なら・・・
IMG_0989_convert_20140504202821.jpg
麺は低加水中細麺

短めでザクザク
IMG_0996_convert_20140504202900.jpg
チャーシューは薄めの味付けで
お酒のアテに食べたい感じ。

もしかしたら、平日の方が
スープの乳化度がイイのかなぁと

もう一回来てみたいです。

ご馳走様でした。

竹町 来集軒③@仲御徒町

日程終了

無性にここに来たくなるんです。

自分の中の何かを
確かめているのかもしれません。

竹町来集軒さんです。
IMG_0955_convert_20140426064701.jpg
お江戸の事が、右も左も分からず
漫然とここからスタートしました。

ほんの少し、下町が分かって来て
このお店の大切さも分かって来ました

お母さんも、お元気そうでホッ。
IMG_0963_convert_20140426064803.jpg
終了間際なので、誰もいません。
IMG_0962_convert_20140426064740.jpg
色々と食べたいのですが何時もの物を
頼んでしまします。

奥で娘さんが麺揚げされ
お母さんが持って来てくれました。
IMG_0964_convert_20140426064824.jpg
ラーメン
IMG_0965_convert_20140426064840.jpg
この美人な顔に魅了されて
イニシエをやり始めたので


一口
IMG_0968_convert_20140426064919.jpg
今回は少し出汁感が薄め

動物系が薄めなのでしょうか

しかし、来集軒テイストを
味わうには申し分なく
IMG_0967_convert_20140426064901.jpg
麺も平打ち中太縮れのかくあるべき

ボリュームも素晴らし

サスペンドさせたチャーシューも
シナチクも裏切らない

幸せな気持ちに

食べ終わったら器を
お母さんの所に持って行き

東京にあって大阪にないものは
これかもしれませんね。

お母さん、お体ご自愛ください。
また来ます。

ご馳走様でした。

そばよし@京橋

よもだそばさんを後に

まだ早朝と呼べる時間帯

私のような朝型人間からすれば
早朝から食べ歩きが出来るなんて最高

店近くまで来ましたが何だか活気があります。

かなり人が出入りしてます
IMG_0951_convert_20140426064634.jpg
そばよしさんです

立ちそば界では有名処

ワクワク
IMG_0948_convert_20140426064610.jpg
もりとざるが分かれてますね。

諸説あり、海苔が掛かっている、いない
つけ汁のレベルが違う
ざるに乗っている、いない等々
この辺は詳しい方にお任せいたします。

どうしても食べたかったそばをポチリ。

大陸系の女性2名でサーブされてましたが
手際よく

お客の注文をドンドン捌かれてます。

2,3分で来ました。
IMG_0935_convert_20140426064333.jpg
食べたかったんですこれ
IMG_0936_convert_20140426064356.jpg
生のりそば



一口
IMG_0943_convert_20140426064502.jpg
カツオと他の節系が効いて

上手にカエシとマッチングして
伸びやかに

無課長さんです

かなり節を使わないとここまでの
テイストは出ないかと

路麺店の域は軽く超えてます。

素晴らしい

麺は
IMG_0939_convert_20140426064415.jpg
白系の細目で少し短く

生麺ですが、これまた素晴らしく

のりですが
IMG_0940_convert_20140426064439.jpg
たっぷりと

時間が経つと徐々に汁と絡んで
口中が海の薫り

本当は
IMG_0947_convert_20140426064549.jpg
一緒に食べたかったのですが
連食で自粛

先のよもだそばさんのカレーも魅力的
やはり一軒づつ行った方が良いみたい。

連続でイケてる路麺を食べれて
幸せな朝ご飯

頑張って仕事しますかぁ。

ご馳走様でした。

よもだそば@日本橋

翌、早朝

はい、路麺に

早い時間帯ですがサラリーマン沢山

さすが東京

私はスマホをたよりに
IMG_0913_convert_20140426064041.jpg
よもだそばさんです。

インドカレーかぁ

食べたいけど・・・次回
IMG_0915_convert_20140426064102.jpg
変わり種メニューもありますが
自家製麺、無課長出汁にて
人気を博しているお店

基本がしっかりされているみたい

何にしようか迷ったのですが
岩下の新生姜天という聞き慣れないそばを
頼みました。

3分ほどで
IMG_0916_convert_20140426064127.jpg
少し小ぶりの丼に

なみなみと
IMG_0917_convert_20140426064149.jpg
そばも結構入ってそう

一口
IMG_0926_convert_20140426064251.jpg
カツオ出汁しっかり効いてます。

本当、無課長ですかぁ

カドの取れたカエシとカツオが良い具合

参りました
IMG_0922_convert_20140426064227.jpg
新生姜は柔らかくサッパリしたテイスト

蕎麦に合いますね
IMG_0921_convert_20140426064207.jpg
麺は黒くやや短めで
躍動感のあるコシ

啜り揚げるのが楽しくて

アッと言う間に食べ終え
サッと店を出ます。

チーズそば食べにまた来ようっと

ご馳走様でした。

カド@入谷

南千住で下車

浅草までのデンジェラスゾーンを

ブラブラ

江戸時代から綿々と続く歓楽街
と地獄谷を歩きます。

小説で出て来るような下町情緒が
沢山残っていて、いい雰囲気
IMG_0890_convert_20140425220609.jpg
直線的に街が作られてて
吉原ってどんな感じだったのかと
しばし空想に耽ります。

入谷まできて小腹が空いて

宿題店へ

臨休・・・・

浅草界隈はいくらでも
行きたいお店があるので次へ
IMG_0894_convert_20140425220624.jpg
艶めかしい提灯が
おいで、おいでと

カドさんです

街の中華屋さんの風情

入店するとご婦人独り
IMG_0899_convert_20140425220657.jpg
昭和チックなテーブルに腰かけて
IMG_0897_convert_20140425220640.jpg
庶民価格

イニシエは背伸びしない、肩肘を広げない
ここに惹かれてます。

ワンタンメンを

ご主人お一人で手際よく

5分ほどで
IMG_0901_convert_20140425220713.jpg
良い盛りに思わず笑みが
IMG_0903_convert_20140426063834.jpg
これで600円

一口
IMG_0908_convert_20140426063943.jpg
ほぉ

魚介が前面に出てるのですが
ニボニボしてない嫌味のないマッチング

後ろに鶏がらが控えてます。

いいなぁ

シンプルだけど
奥行きが
IMG_0907_convert_20140426063923.jpg
麺は多加水中細縮麺。

スープにあってますね。
IMG_0905_convert_20140426063900.jpg
ワンタンはチュルンタイプ

幸せな気分

カドさんで中華飲みも良いかなぁ

下町歩きにハマりそうです。

ご馳走様でした。

ブウちゃん@金町

ゑびすさんを後に

モツ焼きへ

そそられるんですよねぇ
モツ焼きって。

金町にも何件か名店と
呼ばれるお店があるそうです。

串の縛りがあるお店も
あったりして小食の私が
一人で行くには不向き。

独り飲みなんで自分が
食べたいものを適量で
IMG_0887_convert_20140425220548.jpg
ブウちゃんさんです。
IMG_0870_convert_20140425220242.jpg
20人くらい座れるコの字カウウンター
(またこのコの字カウンターがイイんです)
と奥に少しテーブル席があるのかな

口明けてすぐでしたが
後から続々と地元の方が
来られてアッいう間に満員
IMG_0872_convert_20140425220316.jpg
ご家族でやられていらっしゃるようです。

早くも注文の嵐
IMG_0871_convert_20140425220259.jpg
色々なお店の煮込みを食べ比べてみたいので
シークワサーハイと煮込みを頼みました。

混んでいるにも関わらず
サーブは早く
IMG_0874_convert_20140425220351.jpg
シークワーサハイは大阪でも
ありそうな感じ
IMG_0875_convert_20140425220407.jpg
煮込みは小鉢で来たのですが
少な目かなぁ

偶々かもしれませんがモツが
あまり入ってなくお豆腐と
蒟蒻が大半でした。

汁はイイ感じで
これで飲んでました。

しまったなぁ、モツサシを
頼めば良かった

焼きを頼みましょう。
IMG_0878_convert_20140425220441.jpg
カシラとレバー

どれを頼んでも1本90円
都心なら倍近くするのでは

下処理が丁寧で臭みも皆無

スイッチが入りました。
IMG_0881_convert_20140425220457.jpg
テッポーを頼んだつもりがレバーが

上からレバー、ガツ、シロのタレです。

タレは甘めでしたが、しつこくなく
モツの脂にマッチしてました。

しかしシロがヤバイくらい良い感じ。

次にオオガリ、アブラを頼みましたが
写真が・・・

オオガリは喉仏のナンコツで高知
で良く見かけます。

コリコリしてこれは塩がいいかも。

アブラは酒に合いそうですが
これ以上飲むと後に響きそうなんで自粛

最後にもう一度
IMG_0882_convert_20140425220513.jpg
酎ハイ

ブウちゃんさんのは下町タイプでは
なくモダンタイプ。

お江戸は金宮焼酎文化ですので
サラリとした甲類焼酎です。
IMG_0883_convert_20140425220528.jpg
シロOne More

横に座った常連さんはシロ5本とレバー3本
とカシラ5本と焼きずくしで一杯。

これが正解かも


お勘定は2000円弱

独り飲みに適した価格

さあて、お散歩に出かけますか。

ご馳走様でした。

ゑびす②@金町

独り飲み

自然と金町へ


気が付くと
IMG_0862_convert_20140425220044.jpg
前に立ってました(笑)
IMG_0863_convert_20140425220101.jpg
口明けて間もないのですが

常連さんが続々と
IMG_0866_convert_20140425220152.jpg
お母さん後姿スイマセン

今日はもう一軒行きたかったので

サクッと
IMG_0864_convert_20140425220119.jpg
ボール

ハマってました(笑)

何とも言えません。
IMG_0867_convert_20140425220210.jpg
突き出しにジャガイモの煮ころがし

これだけで十分

一品だけ頼みましょうか
IMG_0868_convert_20140425220226.jpg
小柱

想像以上に入ってまして
チョビチョビ飲むには
良い感じのアテ

下処理キッチリで生臭さもなく。


ボォーと



独りで寡黙に飲むって
お恥ずかしい話ですが
この年になるまで
理解出来なかったんです。



とある本の一文ですが

しばしの静寂の中、特別な事が何も起こらない
ただカウンターに座り酒を飲んでいる。

しかしその時間がどうしようもなく自由で楽しい。

この時間に限りない愛着を感じる。

雰囲気以外、何もない事の良さが
場末という事なのかもしれない


最近、少しだけ分かって来て
日常から離脱出来る
時間であり空間

私は大事にしていきたいです。


ボールをもう一杯頼んで

ゑびすさんの言葉に表せないこの雰囲気。

また来ます。

ご馳走様でした。

芳野屋@浅草

最近、増殖中の東京出張

お昼をまたいで仕事し
お腹ペコペコ。

定宿になりつつある浅草で
気になったお店が

スマホをたよりに行くも
以前写真で見たような
建屋が見つからずウロウロ

ここかなぁ
IMG_0846_convert_20140425215830.jpg
見たような面影が少しあるのですが
上部がモダンになっているのか

取り敢えず入ってみましょう。
IMG_0848_convert_20140425215858.jpg
アハハ、ここですね

地元のお年を召された方が
一杯掛けながら御主人と話してました。

私も別席に邪魔にならないよう
IMG_0849_convert_20140425215912.jpg
お年を召された奥様に中華そばを頼んで
IMG_0851_convert_20140425215927.jpg
何とも言えない感じ

冷蔵庫の開け閉めする音が
聞こえてましたが10分ほどで来ました。
IMG_0854_convert_20140425215941.jpg
スープの色が薄めですね。
IMG_0856_convert_20140425215956.jpg
一口
IMG_0859_convert_20140425220029.jpg
少し時間が経ったスープかも

スープが冷めて来ると
鶏がらの旨味が分かって来ます。



数多のブログで記載されてますが
提供された直後、ぬるいスープって
ガックリ来ますよね。

私もです。

逆に余りに熱すぎると、スープの味が分からなくて
ラーメンの楽しみが半減されるんです。

程々が大事ですね
IMG_0858_convert_20140425220012.jpg
麺は多加水麺でチュルチュル

チャーシューはハム系

観光地のラーメンっぽくて
これはこれで昔食べた
ラーメンって感じ

お年を召されているのでお体ご自愛ください。

ご馳走様でした。

たちばなや食堂@周防大島

仕事終わらし夕方。

日記にはアップしてませんが
良く来てます。

港町ののんびりした空気
店構え、そして味。

私以外にも、あのお店の
何かに引っ張られて
来られる方も多いのでは
と思います。

たちばなや食堂さんです
IMG_0822_convert_20140412065221.jpg
仲の良いご夫婦が迎えてくれました。
IMG_0835_convert_20140412065453.jpg
何とも言えない・・・

無くなってほしくありませんね。
IMG_0823_convert_20140412065244.jpg
値上げしたけど、私には無問題

ボンヤリ
IMG_0824_convert_20140412065304.jpg
10分ほど掛かって来ました。
IMG_0827_convert_20140412065321.jpg
世には沢山のイリコテイストの
ラーメンがあります。

新進気鋭のイリコイリコした
充足感満載のラーメン

中四国に点在している
塩ダレや薄口醤油で味付けされた
タイプのラーメン
IMG_0828_convert_20140412065342.jpg
たちばやな食堂さんのラーメンは
そのどれにも属しません。
IMG_0830_convert_20140412065400.jpg
朝に行くとサッパリ、夕方に行くと
動物系オイリー感が増された
奥からジワァとイリコが薫って来るテイスト。

課長さんも入っているかも
知れませんが生臭さや苦さを
感じさせないイリコ本来の
良さをストレートに感じられます。
IMG_0832_convert_20140412065417.jpg
麺はオーソドックスな多加水麺

やれ何番だの、やれどんな小麦なんて
ここに来るとどうでも良いんです、私には。
IMG_0834_convert_20140412065434.jpg
作り込まれたチャーシューが二枚

味付けは薄めですがジューシー



私にとって国宝級。

なんちゃないイニシエラーメンの名店

港に出て爽やかな風に吹かれると
また来たいなぁと思ってしまいます。

味だけじゃないんです
リピートするのは。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事