カメイベーカリー@日生

親と旅行

中々できなかったので。

魚好きの為の旅程を組んで
私はひたすらドライバー。

日生へ

カキオコが有名なんですが今回はパス。
魚市場近くのお店で昼食。

その後、港街をブラブラ。
IMG_0550_convert_20140323090027.jpg
情緒が残っていてイイですね。

私は別に目的があって(笑)
街のパン屋さんへ向かいます。
IMG_0538_convert_20140323085850.jpg
観光客の方はここまで来ないだろうなぁ

って感じの所に、パン屋さんはありました。
IMG_0537_convert_20140323085829.jpg
カメイベーカリーさんです。

地元の方がボツボツと
IMG_0539_convert_20140323085905.jpg
味のある陳列。
IMG_0541_convert_20140323085920.jpg
昔からある包装形態

買ったのはメロンパン
IMG_0542_convert_20140323085935.jpg
外見とは裏腹に、外はシックリ柔らかく
中身のパンは食感のあるドッシリタイプ

おやつ代わりにパクパクと


最近のパン屋さんは天然酵母を使用して
軽い食感とコクを出すらしいです。

街のパン屋さんは一概には言えませんが
イーストとショートニングを使って
パンを作るので、ドッシリとした
食感になるお店が多いみたいです。
(この辺は分からないことが多いのでもう少し勉強要)


バナナパン
IMG_0544_convert_20140323085949.jpg
バナナパンは日本全国にあるのですが岡山発祥

当然バナナ果汁は使用されてませんが
バナナ感満載(笑)

何とも言えません。

チョココルネ
IMG_0547_convert_20140323090006.jpg
これも懐かしい。

チョコが甘い

この甘さがコルネに合いますね。

まだまだこういうお店が残ってます。

東京では普通にあるそうですが
大阪は激減してます?

大阪では相対的に昔からある
庶民に身近な味のお店が
減っているような印象を受けます。
(私だけ??)

ご馳走様でした。

PS
街のパン屋さんをこの日記に記載するのは
味どうこうよりも、私の趣味(笑)と言うか
こういうお店を残して置きたいというか・・・
そんな感じで始めてます。

ねぎどん@入谷

神の後にもう一丁、神レベルを頂きに
ツクバエキスプレスを取って返します。

浅草駅からテクテク。

大通りから少し入り奥まった所に
ひっそりとありました。
IMG_0519_convert_20140320062322.jpg
ねぎどんさんです。
IMG_0521_convert_20140320062411.jpg
入店しますとお昼には程遠いのですが
老若男女で満員御礼。

すんげぇなぁ

女性の方3人でやってましたが
皆様、物腰柔らかく、
マニュアル接待ではなく。

小気味よく気持ちの良い接客に
人気の凄さが表れてます。

春菊天そばを頼んで

カウンター座り席で10名ほどの小さな空間。

皆様、黙々と蕎麦と啜ってます。

10分掛からずに出てきました。

このお店も路麺の域を超えてます。

綺麗
IMG_0523_convert_20140320062429.jpg
そばは
IMG_0525_convert_20140320062446.jpg
茹で置きや袋麺でなく注文後
自家製麺を茹でて出してくれます。

麺は中太麺
IMG_0531_convert_20140320062537.jpg
シコシコ、ツルツルと啜り揚げてしまいます。

蕎麦の薫りも失われておらず

つゆもカツオ風味のアッサリ仕立て

じわぁと後から効いてくる感覚に
思わずウキウキしてしまいました。
IMG_0526_convert_20140320062503.jpg
天ぷらも注文が入ってから
一つ一つ揚げます。

揚げたての天ぷらを麺にon
IMG_0528_convert_20140320062521.jpg
あっぱれとしか言いようがありません。

東京の路麺店の天ぷらは
この大きさが普通みたい。

段々ふやけてきて
IMG_0533_convert_20140320062552.jpg
良いなぁ

つゆも最後まで飲み切れますね。

頑張って仕事しようっと。

ご店主、ねぎどんさん(ご店主のあだ名だそうです)
の笑顔に見送られてホスピタリティ満載の神に出会えました。

ご馳走様でした。

そば政@足立

2週連続、東京出張

変則アポ時間。

ラーメンが時間的に無理そう。

前回に軽くショックを受けた
路麺店に神がいらっしゃるとか。

居ても立っても居られず
始発で飛んで。

路麺店は朝早くからやってる所が
多いので、こういう場合は助かります。

筑波エキスプレスに乗り
駅から住宅街をかなり歩きます。



エッこんな所?
という場所に神はおられました。
IMG_0512_convert_20140320062255.jpg
そば政さんです。

知らなければ通り過ぎる佇まい。
IMG_0499_convert_20140320062104.jpg
入口に価格表がありますが
お蕎麦は500円以下の路麺価格
IMG_0500_convert_20140320062127.jpg
10時過ぎなので私だけだろうと
入店するとビックリ

待ちが出る程の盛況。

素晴らしい

歩いて来る途中、蕎麦屋は
結構ありましたが、そば政さんが
いかに凄いのかを物語ってます。

お年を召されたご夫婦でやられており
清潔感のある店内は白木のL字カウンターのみ。

券売機で購入ししばし待ちます。

御主人の麺揚げをライブで

食べ手もお喋りする方はおらず
ただただ、そばを啜る音だけが聞こえます。



自家製そば

麺揚げも軽やか

天ぷらも注文ごとに揚げてます。

5分ほどで来ました。

神降臨
IMG_0501_convert_20140320062141.jpg
天ざるです。

そばの盛りは多いです。

一口
IMG_0506_convert_20140320062203.jpg
麺は白く、しなやかで細く
長いのが特徴

蕎麦猪口に入れるのに一苦労。

腰があって蕎麦のふくよかな香り

ほんま、路麺店かと思ってしまいました。
IMG_0508_convert_20140320062217.jpg
天ぷらもタマネギ、イカ、小エビ等々具沢山

ふんわりとして、そばつゆに付けて食べると
口中でほぐれます。



そしてつゆ。

カツオがふんだんに効いたテイスト。

けど濃くありません。

少しだけつけても、ドボンと漬けても食べ続けられます。

つゆの奥ゆかしさ、重厚感に
ウ~~ンと唸ってしまいました。
IMG_0510_convert_20140320062237.jpg
最後は蕎麦湯で〆ます。

路麺店ですが、その辺の蕎麦屋さんなんて
軽く凌駕するのではないでしょうか。

世の中広いなぁ。

また来たいです。

ご馳走様でした。

稲田屋@福山

始発に乗り強行軍。

夕方、解放されほっと一息。

前から気にかけていた居酒屋を
帰りの新幹線の前に一杯。

福山の商店街をブラブラ歩いて
IMG_0487_convert_20140320061754.jpg
渋い店構え。
IMG_0488_convert_20140320061812.jpg
大衆食堂ですが
IMG_0489_convert_20140320061830.jpg
肉系が良さそうです。

酒に2級と純米があるのが
何とも言えないですね。

ここにきて一番食べたかったもの。

関東煮なんです。

普通の関東煮とは少し違うみたい。

大きなお鍋にグツグツ煮えてます。

我慢できなく少し飲んでしまいました。
IMG_0490_convert_20140320061845.jpg
来ました。

稲田屋さんの関東煮です。
IMG_0491_convert_20140320061910.jpg
牛モツの煮込みです。

いろんな部位じゃなく2種類。

一つはフワ(肺)主体で
もう一つはシマ腸みたいです。

七味を掛けて一口
 
醤油ベースのアッサリタレで
良いじゃないですか。

フワはしっかりと食感を残してますが
シマ腸は逆に一、二口で食べてしまう柔らかさ。

下処理もシッカリされてて
煮込んでいる時間も
違うのでしょうね。


近所の方はタッパ持参で
来たついでに一杯引っ掛け(笑)

”今日のはようしゅんどる”とご満悦。

もう一品と2級酒を頼みました。
IMG_0494_convert_20140320061945.jpg
肉皿。

自分がイメージしていたものと違うみたいです。

一口

翌日のすき焼きの味。

牛肉もそんな感じで、玉ねぎ、ネギ、牛蒡も同様。

少し甘かったので
IMG_0497_convert_20140320062020.jpg
お約束の七味ファイヤー。

関東煮を追加したほうが
私には合ってたかぁ。


酒を追加し埋没。
IMG_0498_convert_20140320062033.jpg
ユックリとした時間が流れてましたので
ノンビリと酒を飲むことができました。

良いお店だぁ。

さあ、大阪に帰ろうっと。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事