千成ラーメン@佐伯

来たぜ大分、一気に佐伯へ。

アポまでにラーメン。

1店目に行くも臨休。
臨休病が再発している模様です。

次店を迷っていると、以前ブログで
見かけた事のあるお店が目に入りました。

千成ラーメンさんです。
R0015856_convert_20130830220538.jpg
R0015845_convert_20130830220320.jpg
日南の名店あかえさんで修業され、こちらに来た方らしいです。

佐伯で宮崎のラーメンが食べれるなんて、嬉しい限りです。

楽しみ、楽しみ。

丁度お昼時でしたが、私の他にお一人だけでした。
R0015847_convert_20130830220419.jpg
いつものごとくデフォ。

店内は清潔感一杯で、イイ感じです。

丁寧に作られてます。
5分ほどで来ました。
R0015849_convert_20130830220433.jpg
佐伯系とは違うビジュアルです。
豚骨一本勝負です。
R0015850_convert_20130830220446.jpg
一口。

うん、いいなぁ。

豚骨の出汁が、シッカリ出ているにも関わらず、
アッサリと後味はスッキリ。

豚骨の焦げ味や臭みは皆無。
スープ取り大変だろうなぁ。
R0015853_convert_20130830220500.jpg
麺はどちらかと言えば細めの中太麺。

スープとのマッチングもいいです。
R0015855_convert_20130830220522.jpg
チャーシューは醤油が効いた感じ。

ニンニクジャンキーテイストの佐伯で、
これだけの豚骨テイストは素晴らしい。

淡いけど、しっかり出汁の出たラーメンって
どうして取り上げられることが少ないんだろう?

コッテリしてれば良い、目新しい具材を使って
いれば良いという訳ではありません。

丁寧にしっかりと作っているお店が
もっと、もっとピックアップされる事を願います。

私はコツコツと応援し続けますがね。

ご馳走様でした。
スポンサーサイト

来集軒@南千住

シンミリとしながら次に行くも臨休。

南千住の駅を降り、ノンビリお散歩。

食べ歩きでもしなければ来なかったでしょうね。

お江戸の下町はどこも情緒がありますね。
どこからでもスカイツリーが見えるのが時代の変遷でしょうか。

交差点の一角にありました。
R0015826_convert_20130826190022.jpg
来集軒 南千住店さんです。

イニシエ系のお店は、駅近でもなく繁華街でもなく
地域に蜜着する形で立地していることが多いです。

店は私一人。
R0015830_convert_20130826194035.jpg
カウンターのみの昭和。
R0015828_convert_20130826194012.jpg
来集軒のメニュー構成。

飛行機の時間も迫って来ており最後です。
ワンタンメンを頼みました。

ご主人お一人でやられてましたが、職人気質の作り方。
一つ一つの作業が丁寧です。

麺もしっかりと、最後のワンタンまでしっかりと湯切り。
作業にウットリしてたら来ました。
R0015833_convert_20130826194053.jpg
一口。
R0015834_convert_20130826194131.jpg
アッサリとした醤油ラーメン。

浅草本店の鶏魚介系に、魚の出汁が入っているのでしょうか。

進化と言えばよいのか、アレンジされていらっしゃるというのでしょうか
フランチャイズとはいえ、各店が基本を守りながら個性を出されてます。
R0015842_convert_20130826194223.jpg
麺は普通の中太スタンダード。
R0015840_convert_20130826194206.jpg
チャーシューは筋肉質
R0015836_convert_20130826194149.jpg
ワンタンはチュルルンと入ってしまうタイプ。

フランチャイズですが、個性豊か。

なんとも言えない来集軒巡り。
休みを取って東京に来るしかないよなぁ。

ご馳走様でした。

来集軒@本八幡

2週連続東京。
その日は、朝一便で乗り込んで午後半休。

理由がありました。
東京イニシエ系に出会って早々の遭遇。

残念なのですが、地の利を考えると
行っておかないと会えませんので。

来月で閉店との情報を拝見し行って来ました。
R0015797_convert_20130826185649.jpg
R0015798_convert_20130826185710.jpg
来集軒 本八幡店さんです。

下町情緒が残る市川市の住宅地にあります。
R0015823_convert_20130826185952.jpg
写真の奥に見えますが、外環建設のため立ち退きらしいです。
R0015825_convert_20130826190007.jpg
お店に入る前に気が付いたのですが、店の横幅が狭いのです。

アイドリングタイムの入店。
R0015806_convert_20130826185804.jpg
昭和チックな、うなぎの寝床。
R0015800_convert_20130826185723.jpg
R0015802_convert_20130826185737.jpg
来集軒系のメニュー構成です。

連食を考えていたので、デフォを注文しました。
お年を召されたご夫婦でやられており、和気藹々とした雰囲気を醸されてます。
R0015805_convert_20130826185750.jpg
なるほど梅干しですか。

一部のイニシエ系に置いているそうです。
どんな歴史があるのでしょうね。

もしかしたら夜に向けてスープの仕込み中だったかもしれません。
少し時間がかかりました。
R0015811_convert_20130826185818.jpg
来集軒のDNA

一口。
R0015819_convert_20130826185921.jpg
R0015816_convert_20130826185907.jpg
仕込み途中もあるのでしょうか、すこしアクが残ってますが
豚骨のワイルドさが前面に出た、竹町来集軒で頂いたスープ。
R0015812_convert_20130826185833.jpg
麺は四角の中太縮れ麺。

卵の味が奥でします。
R0015814_convert_20130826185849.jpg
チャーシューは、薄めのモモチャーシュー。
シナチクは来集軒のお味。
R0015820_convert_20130826185937.jpg
また一つ、イニシエ系が閉店します。

普段、私からお店の方には話しかけないのですが、
どうしても聞いときたくて
”あのう、何時までやられるのですか・・・・”
ご店主が
”どのからその情報聞いたの?10月のどこかで、さあ中旬は
無理かなぁ。9月一杯はやるよ”と

もしどこかで再開されるのであれば行きたいです。

お疲れ様でした。

ぼんすけ@箕面

社会人になって、趣味で一時期狂ったように
毎週のように飛騨の山中に入ってました。

とある山村で、一軒のホルモン屋さんに出会いました。

そのお店は毎朝、高山にホルモンを仕入れて
4~5時間かけて下処理をしてました。

メニューはホルモンのみで1人前400円。

カロリーを消費するスポーツでしたので、
4~5人前のホルモンとご飯仏盛りで頂いてました。

このホルモンが、物凄いシロモノでした。

お母さん一人でやってたのですが、毎週のように
通うようになると、お手伝いまでするよう
(させられるよう(笑))になりました。

結局あのホルモン調教から、私は焼肉と言えば
ホルモンがないとだめになりました。

ご高齢の為、二年前に廃業されましたが
今でも忘れられないです。



電車に揺られているとホルモンぼんすけ
という看板が目に入りました。
なんか覚えあるよな・・・

色んな方のブログで絶賛されていた吹田 樫切山のホルモン屋さん。

ガ~ヤンに、何度も行きたいと嘆願しましたが
飲み食いしたらどうやって家まで帰るのかとか、
坊主の食べるものがないと、延々却下されてました。

家から歩いて行ける所に、その系列店が出来たので、
有無を言わせず行かさせていただきました。
R0015771_convert_20130824203156.jpg
ぼんすけさんです。
R0015774_convert_20130824203231.jpg
テーブルが一席と、カウンターのこじんまりとした空間です。

樫切山のデンスケは、お師匠で、
関大前のボンクラが同級生となり
これを合わせた名前です。

マスターは元々ガテン系で、食べ歩きが講じてこのお店を開いたとか。
箕面市で、美味しいモノを食べてもらいたい観点からだそうです。

郷土愛は大事です。
R0015769_convert_20130824203110.jpg
R0015770_convert_20130824203129.jpg
ハラミが最高価格というのがただ者ではない。

さぁ、食うで。
R0015773_convert_20130824203212.jpg
R0015775_convert_20130824203247.jpg
付けダレは、甘い目のもの。
R0015776_convert_20130824203309.jpg
ガ~ヤンが頼んだキムチ。

コクがあって、市販品でないことは私でも分かりました。

聞いてみたら、鶴橋にホルモンの仕入れに行く時
合わせて買ってくるとの事。
R0015779_convert_20130824203329.jpg
盛り合わせの(中)

一切れのポーションが小さい部位もありますが
新鮮そう。

アムロ、焼きま~~~す。
R0015780_convert_20130824203348.jpg
少しづつ焼きます。
R0015781_convert_20130824203409.jpg
ネクタイ。

臭みが皆無。
R0015783_convert_20130824203427.jpg
コテッチャン。
脂が甘い。

アムロ、ドンドン焼きま~~す。
R0015784_convert_20130824203446.jpg
ホルモンがまだ噛み切れない坊主に、牛バラ。

柔らかい。
R0015787_convert_20130824203504.jpg
酒ください。
R0015788_convert_20130824203535.jpg
ベラベラとお喋りしたからかマスターから
サービスで、コブクロポン酢。

ありがとうございました。
臭みなくホンワカ。
R0015789_convert_20130824203552.jpg
三岳水割り。

止まらない。
R0015794_convert_20130824203654.jpg
追加のコテッチャン、ミノ、アカセン。

私、アカセン星人なのですが、マスターが気を使ってくれて
上アカセンと普通のアカセンを出してくれました。
(上の方が少し脂分が多いそうです)

どの部位も新鮮で、柔らか。
R0015790_convert_20130824203610.jpg
ネギたま御飯。
R0015792_convert_20130824203628.jpg
ネギとノリ、それと肉そぼろで甘く味付けされてました。
ガ~ヤンが占領状態。
R0015795_convert_20130824203715.jpg
もう一つサービスで、モヤシナムル。

フランクなマスターで、ホッとする空間。

ノンビリと酒を肴に、緩やかな時間が過ぎていきます。

他の方のブロクでも書かれてますが、
いずれ行列店になると、私も思います。

今のようなお気持ちで、誰でも分け隔てなく
接していただければ、来られた方が幸せな気分で
食して帰られると思います。

勘違いし、あらぬ方向に向かわれるお店も
往々にしてありますので。

これからホルモンはここだな。
一人焼肉もいけそうです。

ご馳走様でした。

集来@浜松町

Iさんと別れ少しだけ寄り道をと思い
駅に降り立ちます。

ビル街の一角に、ひっそりとそのお店はありました。
R0015755_convert_20130821203909.jpg
集来さんです。

お昼の営業終了間近でしたが、
ひっきりなしにお客様が。

東京の懐の深さですね。
R0015757_convert_20130821203934.jpg
ご家族でやられているのでしょうか、
女性二人とご店主でやられてます。

色々有名メニューがあるのですが、
また来るだろうと、要らぬ狸の皮算用。

デフォのラーメンを頼みました。
ラーメンにも普通麺(機械打ち)と手打ち麺があるみたい。

よくわからず、オロオロと普通麺を注文。

娘さんでしょうか、丁寧な作業が始まりました。

チャーシューも、その都度切られています。
ご店主が、その作業をそばから見られてます。

きちっとした湯切り。

職人気質を垣間見ました。
女性とはいえ容赦はなさそうです。

5分ほどで来ました。
配膳された瞬間、生姜の臭いが香ってきます。
R0015758_convert_20130821203955.jpg
東京スタンダードなんでしょうか・・・・汁もたっぷりです。

一口。
R0015760_convert_20130821204020.jpg
何だろう。

野菜、魚介、鶏がら・・・・色々複雑に絡まっていそうですが
シンプルに纏まった、優しい感じ。
R0015761_convert_20130821204053.jpg
麺も中太スタンダード。

スープにマッチして、ボリュームも結構あります。
R0015762_convert_20130821204113.jpg
チャーシューは筋肉質な薄味。

メンマは繊維質な食感。
スープに合わすために計算されてるんですかねぇ。

アツアツのスープをフウフウ言いながら啜って完食。
次は手打ちだぁ。

ご馳走様でした。

大勝軒@浅草橋

突然ですが私、ラオタではありません(笑)
食べ歩きが好きな、ただのオッチャンです。

・私のようにシャイな人間でも、何とか一人でお店に入れる
・貧乏サラリーマンのお小遣いで食べ続けられる
・日本のどこに行ってもある(多分ですが)
これを日記のような形式に綴っている次第です。

私は感性や表現能力がないので、お店に点数を付けたり
批評したりするのはどだい無理です。

今迄家にいるときは、色々な方のブログを
サーフィンするのが日課でしたが、最近パタッと見なくなりました。

その代わり、普段コメント頂いている方の
ブログをシゲシゲと見るようになりました。

最初コメントする事が義務みたいで、いやだったのですが
日々コメントしていると、本当にその方が言いたかった気持ちを
考えるようになり義務ではなくなりました。

最近、楽しく記事を拝見し
コメントを入れさせていただいております。

東京イニシエ系。
蒸し暑い日で、立っているだけでジワッと汗が出てきます。

飛行機までの時間。
大勝軒と一口に言っても、スーパーに並んでいる山岸一雄さんの
東池袋大勝軒系以外に、永福町大勝軒系、人形町大勝軒系の3つがあります。

まずは大正元年創業、人形町大勝軒系。

ナント、始祖人形町店は業態を変更し
喫茶店を営んでいるらしいのです。

これだけでワクワク。

今回はIさん同行。

JR浅草橋を降り、歩く事10分弱で着きました。
R0015738_convert_20130821203523.jpg
創業昭和21年。
R0015739_convert_20130821203545.jpg
R0015740_convert_20130821203606.jpg
前述しましたが、東京ラーメンは中華そば屋で始まったのではなく、
中華料理屋屋からスタートです。

出汁の取り方は、中華料理からなんですかね。
R0015743_convert_20130821203644.jpg
昭和チック

アイドリングタイムが近かったのですが、
ひっきりなしにお客様が。

地元にシッカリと根を下ろしてますね。
R0015742_convert_20130821203625.jpg
デフォを頼んで、5分掛からず来ました。
R0015745_convert_20130821203703.jpg
良い顔ですね。
R0015746_convert_20130821203727.jpg
一口。

まず醤油が来ますが、動物系の味がジンワリ滲み出てきます。

何とも言えないテイスト。
食べたことがないなぁ。

飲み干した後、口中に油膜があるので
鶏がらメインの少し豚骨かもしれません。

シンプルなスープですが、飽きが来ずレンゲが止まりません。
R0015748_convert_20130821203743.jpg
麺は高加水ストレート細麺。
ザバザバと啜り、スルスルと入っていきます。

日本そばを手繰ると言いますが、その感じに似ていると思います。

この感覚は、他では味わったことはありません。
う~~~ん、奥深い。
R0015751_convert_20130821203805.jpg
シナチクは柔らかめに炊かれており、味付け薄め。
R0015753_convert_20130821203826.jpg
チャーシューも控えめな味付けの一方、
肉肉しさは残ってます。
R0015754_convert_20130821203848.jpg
イニシエ系に行くのは懐古主義じゃないんです。

古さを感じさせないこのテイスト、この感性。
私を引き寄せて止まない、何かがあるようです。

ごちそうさまでした。

紋食堂@氷見

Weランドを後に帰路に。

大阪より3~4度気温が低く、過ごしやすかったです。
当然そのまま帰る訳もなく、〆ラーメンを食べに。

能登半島は、余りラーメン屋さんがありません。

富山まで出れば、たくさんのラーメン屋さんがありますが、
今回は別に行きたい所があるので、七尾近辺で探します。

ふとしたことから、ブックマークしていた食堂に行きます。

氷見市の外れで、周りは田園地帯。
また、凄い田舎(笑)
R0015702_convert_20130815114024.jpg
紋食堂さんです。

お盆の為、開いてるかどうか心配でしたが開いてました。
R0015706_convert_20130815114120.jpg
店内は、地元の方で満員。

ひっきりなしに人が来ます。
ホント物凄い所なのに・・・・・
R0015703_convert_20130815114042.jpg
皆様、ラーメンを食べてます。
私たちもラーメンを。

お年を召された女性と、娘サン?の
二人体制でしたが注文が全然追いついていません。

10分ほどで来ました。
坊主の(並)
R0015707_convert_20130815114142.jpg
なんという、ブクブク感。
こりゃ期待が持てますね。

そして私の(大)
R0015710_convert_20130815114200.jpg
一口。

豚骨とモミジを丁寧に濾されてます。

濃厚なんだけどコッテリじゃありません。
これ作るのに、時間がかかるだろうなぁ。

しっかりと、豚骨と鶏の出汁感が分かります。
天一を、滑らかにしたような食感です。
R0015717_convert_20130815114257.jpg
こんな凄い田舎(失礼)でこのスープが出てくるとは。
丁寧な仕事ぶりに、目からウロコでした。

やるねぇ。

醤油立ってますが、醤油文化の能登だし、
周りは田んぼで、肉体労働者の方も多いだろうし、
近くの中学校の生徒も、ジャンジャン来るし。

忙しさもありブレの範囲でしょうね。
R0015713_convert_20130815114220.jpg
普段頼まないのですが、米どころと言うこともあり
頼みました。

甘いです。

ラーメンライスっていいよなぁ。
R0015716_convert_20130815114239.jpg
麺は多加水縮中細麺。
業○用かもしれませんが無問題。
R0015720_convert_20130815114319.jpg
メンマが甘いんです。

何とも言えない田舎の味付け。
R0015722_convert_20130815114337.jpg
チャーシューは食堂系の王道モモ肉。
ふぅ、沢山食べました。

食堂系は、やっぱ奥が深いです。

ご馳走様でした。

2013年 キャンプだホ~~イ

今年も行って来ました。

行先は、いつもの石川県 能登島Weランド。

私、このキャンプ場の回し者なんです(笑)
誰かに頼まれたわけでもないのですが。

昨年は嵐に被災し(笑)壮絶なキャンプでしたが
今年は好天に恵まれ、楽しいキャンプとなりました。

R0015628_convert_20130815113849.jpg
R0015629_convert_20130815113927.jpg
夏は南西風がきつく、海岸線に張る場合は岬の東側に張るのが
一般的ですがロケーション的には、西側の方が良くそちらに行かれる方もいます。
(私はそれで地獄を見ましたが・・・・) 

この海岸には
R0015639_convert_20130815113944.jpg
和歌山で言う”磯モノ”がわんさか転がってます。
シッタカとかニシガイとか・・・

全部茹でて晩御飯になりました。
素潜りの上手な方はサザエも。

今回は海岸線ではなく、上の方に張りました。
R0015624_convert_20130815113749.jpg
近くには、1,4haの緑地が広がってます。

日本のキャンプ場で、こんな緑地を所有するのは
北海道ぐらいまで行かないと、巡り合えないと思います。

今年、私は釣りを封印。
坊主とのレクリエーションに勤しみました。

サッカー、野球なんでも来いの緑地です。
R0015675_convert_20130815114006.jpg
夜の戸張が降り、楽しい時間がやって来ます。
R0015641_convert_20130815115440.jpg
ダッチオーブン大活躍。

20年近く使用しており信頼度抜群。

管理人さんもコソッと乱入して来て
頂き楽しい時間を過ごせました。

昨今のキャンプ事情も変わってきました。
1.自炊される方が激減しました。
  朝、キャンプ場を出て晩21時ごろまでお帰りになられません。
  外食で済まされます。
  
  なんで昼間は静かな空間です。
  キャンプ場がアウトドア空間ではなく、
  ホテル化していると管理人弁。
  
  Weランドは有り余るほどの自然があるのですがね・・・・
2.AC電源設置サイト、もしくはコテージは満員御礼ですが
  一般オートキャンプが閑古鳥。
  
  AC電源は炊飯器、パソコン、扇風機等を持ち込み
  使用されている方が多かったです
  コテージはエアコン設置されてますので。
  
  時代がそういう流れなんですかね・・・・

  私アナログ人間なんで携帯、パソコンから解放される
  この瞬間は嬉しくてしょうがないのですが(笑)
 
  キャンプ場で扇風機回されると趣きに欠けますがね。

とんこつ亭@姫路

岡山を後に姫路へ。

お昼になり今回はレンタカーなんで、
前から行きたかったお店にナビを入れます。

姫路は近畿でも、ある意味特異な豚骨王国。

昔からやられているお店が多く残っており
古き良き時代を思わせます。

九州で育まれ、山口や山陰に伝承され、
途中広島や岡山では発展せず、飛び地的に
いつだれが姫路に豚骨文化を持ち込んで作ったのかは
私は知りません。

これだからワクワクするんです。
誰か私と一緒に調べて、ノンビリ食べ歩いていただけませんか(笑)



それはさておき、このお店も
こんなところでやっていけるのか????
ぐらいの田舎。

前から気になってたんです。

とんこつ亭さんです。
R0015602_convert_20130807200803.jpg
R0015600_convert_20130807200734.jpg
佇まいから、古くから営業されているお店かと。

開店と同時に入りました。
R0015603_convert_20130807200818.jpg
奥様と娘さんでしょうかお二人でやられてました。
R0015604_convert_20130807200831.jpg
名物が気になります。

麺も2種類。
これは両方とも食べてみたいです。
R0015606_convert_20130807200919.jpg
高菜が出て来たので一口。
辛くなく良い感じ。

これはただ者じゃないな。

奥様に、名物のすじラーメンを細麺で頼んでお手洗いに。

帰ってきたらすぐに出てきました。
早っ。
R0015607_convert_20130807200939.jpg
オオッ!!

私の琴線を刺激する、良い顔のラーメンです。
ワクワクが止まらないです。
R0015609_convert_20130807200955.jpg
サービスでご飯が出てきましたが、
替え玉をしたいので丁重にお断りし

一口。

イイねぇ~~~~~~。

開店間もないので、出汁的に淡かったですが、
それを補う豚骨のフレッシュ感。

夕方に来れば、出汁が前面に出たコッサリ系が
食べれるような気がします。

近畿の端っこの、こんな田舎(失礼)で
こんなラーメンに出合えるとは。
R0015610_convert_20130807201009.jpg
細麺は低加水のストレート麺。
最初バキボキ食感で、スープがなじんで来たら良い感じに。
R0015613_convert_20130807201022.jpg
スジはよく手入れされ、煮込まれてました。

細麺を食べ終わり、卵麺の替え玉を頼みます。
30秒ほどで来ました。
R0015614_convert_20130807201044.jpg
打って変わって、多加水極細縮れ麺。
モチモチとした食感。

どちら麺が良いかは食べ手によりますが、私的には卵麺の
インパクトが大きかったです。

普段スープはほとんど残しちゃうのですが
今回は全汁に近い状況。

再訪間違いないです。
近畿で、これだけの豚骨に出会えるとは正直驚きでした。

ご自分で宣伝されてるわけでもなく、ブログ等で積極的に
取り上げられる事も殆どありませんが、地味にコツコツと
真摯にラーメンと向き合われてるラーメン屋さんに
お会いできると俄然応援したくなります。

世間の風評に惑わされてはダメですね。

在野には、まだまだ私が知らないだけで
本当に良いラーメン屋さんがたくさんあるように
思います。

キャベツラーメンが気になります。
とんこつ雑炊???・・・また行くしかないな。

ご馳走様でした。

元気をもらったんで、さぁ大阪に帰るか。

綿谷@丸亀

翌朝、岡山から四国へ。

やっとお昼。

上司が一緒でしたが、たまりに溜まったストレスで
”うどんを食わせろ”と言っちゃいました(笑)

ご紹介するお店は、何度も行ってますが
初めてのアップだと思います。
R0015592_convert_20130806201354.jpg
お昼と同時に行ったのですがこの行列。
地元の方がほとんどだと思います。

綿谷さんです。
R0015593_convert_20130806201411.jpg
店内も行列。

外待ちも入れて5分ほどで注文が入ります。
R0015594_convert_20130806201455.jpg
ここに来ると、いつも同じ注文。

豚ぶっかけ温玉、夏はひやひや、冬はひやあつ。

皆さんサッと注文して、サッと食べて、サッと帰られます。
ダラダラされている方は見かけません。

四国の私のお客様に、営業トークでマスコミに出る有名店
に行ってきましたと何度か話しをしたことがあります。

レスポンスは”○○さん(私の名前)県外の方は色々行かれて
ますが、地元の殆どの方は有名店と言って車でわざわざ行きません。
みんな、家や会社の近くにあるうどん店に行きます。
身近なおやつ感覚で、うどんを食べるんです。
それがウドンなんです”と複数の方から頂きました。

ラーメンもうどんも、身近な食べ物。
あれこれ騒ぐものではないんでしょうね。

過剰に手の込み過ぎた、奇抜なテイストは必要なく
あくまで普段着の食べ物なんでしょうね。

それはさておき
R0015596_convert_20130806201514.jpg
このボリューム。
天かす入れ放題。

普通のお店の大くらいはあります。
脅威的コスパの400円。
昔、大を食べたことがあるのですが、その後仕事になりませんでした。

レモンを絞って、さぁて食べるか。
R0015599_convert_20130806201529.jpg
ウドンは、みずみずしくモチモチ。

讃岐うどんのあの食感は、丹念に打ち込んで寝かさないと
出ないと、とあるうどん店のご店主に教わりました。

昔ながらの製法は一日に作る量に限度があるそうです。

別に魔法の粉を使ってても、私はそれが問題ではありません。
美味しく食べれれば、それでイイんです。

ズビッズバッと食べ続け、フィニッシュ。

食べ終わった後も行列は絶えてませんでした。
地元の方は良く知ってますね。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事