浅月@岡山

嗚呼、不条理。

来季終了まで、出場停止処分。
調停を入れて今年9月5日前後まで出場するでしょう。

NYYファンとして非常に微妙な気持ちの方が多いと思います。

2015年に復帰したら39歳。

アメリカの新聞では問題児はただ”金と名誉”
ただそれだけに固執して出場するんだとか。

MLBに夢を抱いて練習している未来の野球選手や
今頑張っている選手に対して失礼な気もします。

問題児が出場しないことによる35億円で
黒田が残留する一助になればいいのにと願うばかりです。




今週は休日返上で、西から東に移動する日々。
R0015576_convert_20130806201131.jpg
R0015575_convert_20130806201110.jpg
こんな所に夕方入りお散歩。

夜の戸張が降りかけの街道筋は趣きがありますね。
R0015574_convert_20130806201051.jpg
うだつがあがってます。

次の日からパプニングの連続。

御飯を食べる時間ももどかしく、猛暑の中仕事
移動中はお決まりの大雨に振られ、たどり着いた岡山。

それも夜。
食欲もなく、珍しくお酒もいらない気分。

クタクタでホテルに入り、目の前のベットに倒れ込む前に
ラーメンが食べたくて・・・

岡山は昔から、結構食べ歩いてましたが
このお店は初めて。

JR岡山周辺は、昔ながらの街並みが残っていますね。
ボォーと歩いてたら着きました。

浅月さんです。
R0015579_convert_20130806201147.jpg
道を挟んで、はす向かいにもラーメン屋さんがあります。

晩御飯時の入店でしたが私一人。
豚骨の匂いがします。

岡山駅近辺もラーメン屋は乱立状態、やっぱ新進気鋭店に
行くのでしょうかね。
R0015580_convert_20130806201202.jpg
デフォを頼んで、店内をグルリ。

お年を召された男性二人でやられてます。
R0015582_convert_20130806201221.jpg
歴史がありますね。

3分ほどで来ました。
R0015583_convert_20130806201244.jpg
店内の臭いと比べると、豚骨臭はしませんね。

醤油豚骨です。
R0015587_convert_20130806201300.jpg
一口。

オイリーでした。

仕込み時間から考えても、もう少し出汁感が
あってもいいように感じます。

醤油の元ダレも、カドが取れて丸いですが、
もう少し・・・・
R0015589_convert_20130806201317.jpg
麺は低加水細ストレート麺。

茹で加減はアルデンテ。
R0015590_convert_20130806201339.jpg
チャーシューはこのお値段で4枚も入ってました。
お味もジューシー。

スープは生き物ですので、これだけは行ってみないと
分からないのが豚骨ラーメンだと思います。

いつ行っても、同じテイストお店は逆に私は信用できません。
豚骨スープは時間の経過と共に、変わっていくと思ってますので。

ご馳走様でした。

葵@池田市

NYY 黒田いいですね。

劣勢であっても諦めない、常に前向きで粘り強い、
仕事に対する責任感が強い、そして何よりも謙虚。

見ていて、スカッとします。

良い男だぁ。

ぜひ来期もNYYで投げて欲しいですが。
問題児よ、復帰しないでおくれ。

今年は、異常気象と共に仕事も異常。
よく分かりませんが、止められない止まらないかっぱえびせん。
ついでに夏風邪もお土産に持って来て、
フルコースの夏となりました。

まだ少し気怠さの残る中、明日から休日移動でお仕事。
今週は、ブログネタも食べに行けずじまい。

週末、家族サービスも兼ねて外食に行きます。
リクエストを聞くと坊主からラーメン。

ラーメンかぁ。
近所は行ったしねぇ。

石橋に、最近新店が出来たと何処かで見たような。

何の下調べもせず、記憶を頼りにハンドルを切ります。

ここですね、国道沿いのこのお店。
葵さんです。
R0015553_convert_20130802205140.jpg
外のメニューを見て皆、別々のものを頼もうとしますが
ガ~ヤンと坊主はラーメン。

じゃ、私はこれにしますか。
R0015572_convert_20130802205423.jpg
店内はカウンター5席、テーブルが1つのこじんまりとした作り。

ご夫婦で、やられてるのですかね。
R0015555_convert_20130802205204.jpg
メニューを見ると、つけ麺がデフォルト。

東京で修業されたのかな、油そばもありますね。

ラーメン二つ、ブラックとチャーシュー丼を注文し店内をグルリ。
小奇麗にされてます。

5分ほどで来ました。
坊主から。
R0015557_convert_20130802205227.jpg
”またおま系”でしょうかね。
最近、見かけなかったです。
R0015558_convert_20130802205246.jpg
パッと見、仕上げで脂分を濾さずそのままに
濃厚さを出されているように思います。

しかし大きなチャーシュー。

どさくさに紛れて一口。

ドロドロコッテリですね。

最初豚骨が来て、魚介風味はダブルスープでしょうか、
後からしっかりと来ます。

かなり脂分が多いので、出汁の具合がよく分かりません。
こういう表現もあるんですね。
R0015561_convert_20130802205300.jpg
麺はどちらかと言えば多加水に振られた中太ストレート。
スープをかなり持ち上げます。

メンマもチャーシューもかなり入ってます。

私のがきました、ブラックラーメンです。
R0015563_convert_20130802205319.jpg
背脂が細かくされて入ってます。
R0015565_convert_20130802205333.jpg
一口。

大阪では食べたことない味ですね。
東京ですかね。

醤油でもなく、鶏がらでもなく、
どのテイストも当たり障りなく、万遍なく
他の邪魔をせずに、こじんまりと纏まってます。
R0015569_convert_20130802205349.jpg
麺は低加水の細麺で最初はバキボキですが、段々なじんできます。

チャーシューが半分脂身で、ガ~ヤンのも坊主のも同じ感じです。
私は寄る年波に勝てず完食できませんでした。

チャーシュー丼
R0015571_convert_20130802205406.jpg
これも半分以上が脂身。

もうすこし若ければバンバン食べるのでしょうが、お箸が進みません。
きっと若い方向けの設定なんですね。

こういうテイストに振られたラーメン屋さんもあるので、
これはこれでアリだと思います。

お客様も次々に来られるので、
しっかりと定着されてるように感じました。

これからも頑張ってください。

ご馳走様でした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事