かどや飯店@伊丹

どうにか飛行機は飛びました。

秋田や青森空港はクローズみたいです。

今回お土産を期待して(笑)、家族が迎えに来てくれました。
ありがたいです!!

外食ということになったのですが、空港近くで良いお店が思いつきません。

そやぁ~~~~~~~~~~~~~~~~
イイトコあるわぁ。

車で5分ほど走って、あっという間につきました。

かどや飯店さんです。
R0013656_convert_20130126102051.jpg
昔行ってた頃は、ガテン系とか、タクシー系、空港系の方が多かったように思いますが
なんとなんと、ファミリー化してました。

満員御礼です。素晴らしい!!

早い時間ではあるのですがね。

運よくすぐに座敷に座れて、メニューをパチリ。
R0013657_convert_20130126102157.jpg
R0013658_convert_20130126102427.jpg
昔と同じですね。

着席後すぐに、餃子の枚数を聞かれますので3人前と。
R0013659_convert_20130126102522.jpg
ガ~ヤンに、運転をお願して一杯。

ジンギスカンで、あまりお腹がすいてないんで、私は餃子メインで。

ガ~ヤンと坊主がガッツリと。
R0013660_convert_20130126102613.jpg
5分ほどで、かどや麺が来ました。

一言で言うと、ひき肉の醤油餡かけラーメンです。

ピリ辛ですが、坊主もズルズルと。
R0013662_convert_20130126102711.jpg
餃子です。

よく焼き系の餃子で、ニンニクが効いてます。

今度は、私とガ~ヤンがバクバクと。
R0013665_convert_20130126102815.jpg
CAお薦めの、エビのマヨネーズ和え。

少し量が少ないのかな?
R0013666_convert_20130126103024.jpg
炒飯。

パラパラで、普通に食べれます。
R0013669_convert_20130126103120.jpg
鶏のから揚げ。

衣が厚くって、外はパリッ中はジューシーでした。

深夜中華食堂として、地元に根ずいてまして、ひっきりなしにお客様が来ます。
王将とは、違った趣で普段使いに適したお店です。

ごちそうさまでした。

帰って、お土産を渡して。
R0013670_convert_20130126103216.jpg
鮭のメフン。

・・・・・・・・・・・酒のアテにと買いましたが、もういいかな。
R0013671_convert_20130126103302.jpg
普段ウイスキーを飲まないのに、なぜこれがあるのかイマイチ不明(笑)
スポンサーサイト

味の羊ケ丘@札幌

翌朝まで、グッスリ・・・・・・

テレビを付けたら、今年最大の爆弾低気圧が来ているみたいです。

ありゃまぁ~~~~~~~~~~~~~~~

JALのHPを開けると、ウエザーチェックが入ってます。
シップ繰りができなきゃ、今日は帰れないなぁ~~~~と少し嬉しくなります。

どこで遊ぼうかな(バカ)

さて飲料水ですが、各社北海道でプロトタイプを出して、反応を見てるんですかね?
R0013633_convert_20130126100404.jpg
R0013634_convert_20130126100549.jpg
こんなん見た事ないです。
R0013632_convert_20130126100318.jpg
これはガラナですね。
昔、ドクターペッパーなんかもありましたが、東京では今もありますね。

雪降る中、早朝からお仕事に勤しみまして、お昼に開放されました。

JALを見ると朝のまま・・・ナハハ!!
若い衆と相談して、ジンギスカンでも食いに行くかぁ~~~~と。

しかし昼間から、ジンギスカン屋さんて開いている所少ないんです。

サッポロジンギスカン園という手もありましたが、芸がない・・・・

スマホでググルとススキノに行くとありそうです。

飛行機もどうなるかわからないんで、札幌行ってブラブラしますか・・・・
地下鉄に乗ってと。
R0013635_convert_20130126100706.jpg
味の羊ケ丘さんです。
ビルの2階です。

私達が行った時は、ビジネスマンの方でしょうか?

チラホラと。
このお店に来る方は殆どが、本土の方だと思います。
R0013637_convert_20130126100759.jpg
メニュー的には、観光地価格ではありませんね。
それ相応かと思います。

モモ、肩ロース、ホルモンを頼みました。
R0013640_convert_20130126100953.jpg
サッポロクラッシックです。

普段、体を気にしてビールは飲まないんですが、北海道に来ると飲んじゃいますね。
R0013639_convert_20130126100853.jpg
女性の方がお1人でやられてましたが、”野菜はサービスです”との事。
R0013641_convert_20130126101102.jpg
R0013643_convert_20130126101158.jpg
来ました。

肉を半球形の焼肉板の頂上において、肉の脂が下に降りて来て
野菜に味を付けると言う感じです。
R0013644_convert_20130126101305.jpg
お肉はオーストラリア産らしく、厚めに切られております。
R0013646_convert_20130126101357.jpg
タレは甘めです。ここにニンニクとか一味とかを入れてカスタマイズします。
R0013649_convert_20130126101448.jpg
一口。

羊独特の臭みなんか全くありません。
このタイプの肉が今は主流なんですね・・・・・・・

これなら本土の人も問題なく、すんなり受け入れられますね。

少しを飲んだだけで、午前中のプレゼンの疲れがどっと押し寄せてきました。
モモと肩ロースをお代りして、チュウハイを少しいただきます。

これから帰途につくであろう(ススキノで遊ぶ人もいるでしょうが・・・)
ビジネスマンがボチボチと来店されます。

さぁ~~~~て、空港に向かいましょうか。
R0013653_convert_20130126102004.jpg
日本の空港で一番活気があって、お土産の売り上げが一番多いのは
ここ新千歳空港だと思います。

私も周りの空気にほだされて、家宛に色々と物色。
R0013650_convert_20130126101702.jpg
18年前に終了しましたが、今だに中年層を中心に、熱烈なコアファンが日本中に多数いる番組です。
空港のエントランスの一番目立つ所に付いてます。

私もその一人です。
R0013651_convert_20130126101755.jpg
いつか、復活してほしいと思うのは、私だけじゃないかと。

次は初夏に行かないといけないようです。(仕事ですよ)

ごちそうさまでした。



後記

どうでもいい話なんですが、私が20年以上前に北海道に行ってた時は
ジンギスカンは丸太形状のマトンでやるのが主流でした。

半球形の焼肉板も、丸太マトン肉って脂分や臭みが多いので
それを和らげるためと聞いたように思います。

3年ほど前に、家族で上記番組の聖地(ただの公園なんですがね)に行くために
札幌に来た際、ジンギスカン事情は一変してました。

厚切りに切られた、オーストラリ産の臭みのないお肉で焼くのに取って代わってました。

飛騨地方の渓流に、昔良く行ってたのですが、地元の人が来る焼肉屋さんに行くと
ホルモンしか置いてません。

有名な飛騨牛の産地なのに、なぜにホルモンだけなのか、店のおばちゃんに聞いたことがあります。

一言。
”赤肉は全部、観光客か都市に行くねん。それに赤肉は高くて食べれない・・・・”

松阪も松阪牛が有名ですが、地元の人は鳥肉とかホルモンが主流です。

もしかしたら、北海道ジンギスカンも、今も地元の方が行かれるお店は丸太肉なんですかね・・・

今回も北海道のスーパーには置いてましたが、あの丸太肉は、
もうジンギスカン屋さんでは主流ではないんですね。

時代は回っているんですね。

味の大王@室蘭

鳥辰さんを後に、雪道というかアイスバーンをダラダラと歩きます。

滑るんだな~~~これが。

氷雨が、そぼ降ります。

歩いて5分位の所に次のお店がありました。

味の大王さんです。
R0013621_convert_20130126095459.jpg
室蘭のカレーラーメンで、高評価でしたので訪問しました。
こういう時、食べログはありがたいですね。

しかし、食べログも使えるのか、使えないのか分からない時がありますよね・・・・・

桜さんが多いんですかね・・・・・

店内は地元の人ばかりです。

鳥辰さんもそうですが、観光客とは無縁というか室蘭があまり観光とは
無縁なのかもしれません。
R0013624_convert_20130126095722.jpg
ありますね~~~~~カレーラーメン。
高くありません。

カレーラーメンを注文し、店内をグルリ。
R0013625_convert_20130126095807.jpg
B級グルメのようです。

5分ほどで来ました。
R0013626_convert_20130126095900.jpg
想像してたのとは違って、コッテリというか、ポッテリとした感じです。
R0013629_convert_20130126100128.jpg
チャーシューもモモでしょうか?

スープを一口。

ホホ~~~~~ン。

まず甘さが来ます。何の甘さだろう・・・・・?
けどクドサやイヤミのある甘さじゃないんです。
野菜由来かなぁ~~~~~タマネギ??

ジワジワと、後からカレーの味がして来ます。
辛いという要素はあまり感じられません。
R0013630_convert_20130126100228.jpg
麺は中太縮卵麺。

ポッタリとしたカレースープを、これでもかと吸い上げてきます。

カレーなんでウドン屋さんのサラサラの辛いスープを想像しましたがイヤイヤ。

変化球的、ポッタリの甘いカレーラーメンが来ました。

これはこれで、いいかも・・・・・。
秀樹感激!!(古いかぁ~~~~)

ごちそうさまでした。

鳥辰 本店@室蘭

その日から、北海道に出張でした。

大学時代から、社会人になっても海外に行ってなければ
沖縄の離島や北海道によく行ってました。

北海道へは敦賀からフェリーで小樽へ。

小樽港に入港する際、ワイン会社の大きな看板に”おかえりなさい”
と書かれておりまして、それを見るたびに”帰ってきたわぁ~~~~”と。

室蘭や苫小牧は、大阪に帰る最終通過地的な所があり、
この地に来ると”もう終わりかぁ~~~”と髪の後引く、情に更けておりました。

しかしまさか、北海道で仕事とはね・・・・・・・

飛行機で千歳に降り立ち、電車で室蘭に。
R0013583_convert_20130126093001.jpg
R0013582_convert_20130126092858.jpg
R0013584_convert_20130126093154.jpg
最高気温はこの日は-1度。翌日は1度。

体が段々と、気候に慣れてきます。
体感は”寒い”のではなく”痛い”って感じです。



北海道と言えば何を連想しますか?
クラーク像?カニ?函館朝市・・・・・・

私は違うんです。

私はこれなんです。
R0013581_convert_20130126093521.jpg
北海道が地盤のコンビニ、セイコーマート。

学生時代は貧乏旅行でした。

旅費も農家でジャガイモの収穫やったり、シャケの定置網漁やったりして、
その日をしのぐ生活をしてました。

喉が渇くとセイコーマートで、当時100円で買って飲んでました。

私は北海道に到着すると、まずこれを探しちゃいます。
他にも、色々大阪ではお目にかかれない飲料があるので、それは後で。

みぞれ振る室蘭駅に降り立ち、ホテルにチェックイン。

晩御飯に出かけます。
今回は、若いエンギニアが同行してくれてますので、色々食べれたらいいなぁ~~~~と。

前もって調べた所によると、室蘭はヤキトリとカレーラーメンが有名だとか・・・・
じゃぁ~~~~~~それ行って見よう。

よくわからないんで、食べログで検索するも、若い人が行きそうなお店じゃなくて・・・・・

また、枯れてる・・・・・・・・

ってな感じで、ここにお伺いしました。

鳥辰さんです。
R0013589_convert_20130126093254.jpg
店内からもうもうと、煙が出て来てます。
R0013601_convert_20130126094713.jpg
ヤキトリといっても、鳥じゃないんです。

室蘭では、豚の串焼きをヤキトリというみたいです。
R0013592_convert_20130126093734.jpg
R0013594_convert_20130126094201.jpg
R0013595_convert_20130126094432.jpg
大阪の焼き鳥屋さんみたいに、入口の看板に”80円”と書いてあって
店内に入ると”3本から・・・”みたいな事はなて1本からOKです。

安いですね~~~~~。

私達出張族は”出張貧乏”という言葉の通り、出張の度に色々
お金を使うので、こういう居酒屋さんは非常にありがたいんです。

まずは、
R0013597_convert_20130126094526.jpg
大阪でも置いている店が、増えてるらしいですね。

サッポロラガー、通称赤星です。
R0013598_convert_20130126094619.jpg
ああ~~~北海道に帰って来ました(ちとオーバーですね。)

刺身盛り合わせから。
R0013604_convert_20130126094810.jpg
大阪の盛り合わせと、魚の配置が少し違いますね。
R0013606_convert_20130126094913.jpg
鮭のルイべ。
シャリシャリとした食感に、マッタリとしたシャケの脂が醤油で溶かされて・・・・イケテル。

イカも物凄い量が入ってて、甘~~~~い。

甘エビもデカイんです。

ホタテが秀逸で、カマボコみたいなシャクシャクした食感です。

ちゃんと2名で割きれる、お刺身枚数だったんです。
こういう、さりげない気遣いはありがたいです。
R0013608_convert_20130126095008.jpg
温燗くだちゃい。

1合が280円。
R0013612_convert_20130126095057.jpg
ヤキトリの部。

豚精肉を塩で。

こんなん大阪で食べれたら・・・・横の地元のお客様は、こればかりをお皿に山盛り注文してました。
R0013613_convert_20130126095144.jpg
次はシロをタレで。

豚のホルモンですが臭みはありません。

私知らなかったのですが、大阪ホルモンと言えば牛ですが
他地方では、ブタのホルモンを指す所が多いみたいです。
R0013614_convert_20130126095230.jpg
鳥つくねと豚トロ。
R0013616_convert_20130126095317.jpg
ザンギ。

若い衆に食べてもらいました。
串焼きが結構ボリュームありまして。
R0013619_convert_20130126095409.jpg
ハツとガツ。

どれもこれも臭みなんか全くなく、1串1串のボリュームがあり食べ応えがあります。

店員さんの対応も、ホール2名、厨房4名で25名程度を見られてましたが、
初めての私達にも丁寧な対応で、サーブも問題なくストレスレスでした。

近くにあったら、通うなこりゃ。

ごちそうさまでした。

かわい@徳島

その日は徳島に出張でした。

朝早くに、大坂を出て向かいます。
色々とお仕事をこなして、さぁ~~~お昼だぁ。

お目当てのお店に行くも、なんとお休み・・・・

やっぱ、臨休病が発症しているのかなぁ~~~~

もう一つのお店に。

阿波一という、徳島ラーメン名店のDNAを受け継いでいるそうで、行ってみたかったんです。

かわいさんです。
R0013571_convert_20130119082239.jpg
アイドルタイムにお伺いしたのですが、お客様がチラホラ。

ちゃんと、固定客がいらっしゃるのですね。
素晴らしい!!
R0013573_convert_20130119082354.jpg
とりあえず、デフォの中華そばをお願いしました。

3分ほど来ました。
R0013575_convert_20130119082445.jpg
小松島系ですかね?

白濁したスープです。

スープを一口。

アレッ!!
奥行きがありません。

何の出汁なのか良く分かりません。
スープは生き物なんでしょうがないですがね。

情報では鶏ガラ、豚骨と野菜のダブルスープで、出汁がシッカリとありましたが
ウ~~~~~~~~~~ン、この日のスープは私には感じられませんでした。
R0013579_convert_20130119183636.jpg
麺は中細麺で、徳島で良くある麺です。

私の設定ハードルが、高かったんですかねぇ~~~~~

何かが、足りないように感じました。

きっといい時に来れば、いいラーメンが食べれるような気がします・・・

ごちそうさまでした。

福美食堂@西条

昨晩は、はめを外し過ぎました。
体調不良です。

しかし仕事はあります。

お昼前に高知を終了し、寒風山越えで愛媛に向かいます。

途中雪が・・・・・・・
高速は、早くも通行止めです。

なんとか下り切り、以前に通り掛かった時に気になっていたお店に。

福美食堂さんです。
R0013551_convert_20130118193912.jpg
R0013549_convert_20130118193622.jpg
周りは工場が立ち並ぶ所で、この道を通った事が無いとこのお店にいくのは難しいかもしれません。

笑顔の素敵な、愛想の良い女性店員さんが応対してくれました。
R0013553_convert_20130118194100_copy.jpg
店内は、カウンターのみです。

大衆食堂ですね。

さて、昨晩いじめ抜いた胃を取り戻すために、ネギ中華そば(大)を頼みました。
体が野菜を欲してました。

奥の厨房で御店主の方でしょうか、非常に丁寧な湯きりです。

期待が膨らみます。

5分ほどで来ました。
R0013554_convert_20130118194435.jpg
うわぁ~~~~~~ナイスボリュームです。

かなりの量です。
しまったぁ~~~~~~~



スープを一口。

ウン?????
何ヤロ????

エッジの立った醤油の後に、チキンコンソメの味がして来ました。

初めての感覚です。

洋風の中華そば・・・・・・なんで出汁取ってんねんヤロ?

まさか、チキンコンソメブイヨン????


ないわなぁ~~~そんなん。

麺を啜りながら、スープをいただいたのですが、チキンコンソメの
味が付いて回ります。

何だか不思議な感覚になりました。

初めての経験だからでしょうか・・・・・洋風味ッポイ中華そばは。
R0013559_convert_20130119162649.jpg
麺は、食堂の王道の多加水細麺です。

麺とスープは、マッチングしています。
ネギの切り方も丁寧ですし、一生懸命さが伝わります。

私の体調が悪かっただけですかね・・・・

ただ食後喉が渇いて渇いて。
課長さん結構入っていたのですかね?

Iさんも同じようなご意見で。

食べ歩きって面白いですね。

ごちそうさまでした。

われもこう@高知市

珍々亭さんを後に、〆の中華そばに向かうもなんと麺売り切れ・・・・・・

う~~~~~ん

3回連続で食べれなかったよ。

気を取り直して、お散歩に。

去年、酔っぱらいお散歩で、見つけていたお店に向かいます。

ここからは夜なんで画像がブレてます。

すいません。
R0013515_convert_20130118192357.jpg
R0013519_convert_20130118192457.jpg
われもこうさんと言います。

私は、地方で飲む時オールディーなお店を探します。

カラオケもなく静かで、ゆっくり飲めるじゃないですか・・・・
R0013523_convert_20130118192605.jpg
店内に入ろうとするとママから、”玄関で靴脱いで入って来て~~~~~~~~”

エッ!?!?!?

不思議モード全開で、靴を脱いで店内へ。
R0013526_convert_20130118192702.jpg
イスがまたまた来てる・・・・・重役イスです。
R0013528_convert_20130118192759.jpg
ハイ。

現役のピンク電話です。
R0013529_convert_20130118192850.jpg
置いているお酒は、リザーブがほとんど。

シッブ~~~~~~~~~~イ。

ハイボールを頼みました。
R0013532_convert_20130118193038.jpg
ママサンは、歳の頃70歳前後でしょうか・・・・

矍鑠とされており、ハキハキと物を申されます。

創業が1970年、今年で42年。
私の少し年下。

お客さんは、ほとんどがご年配の方とか。
私達が久しぶりの若手(笑)らしいです。

話がヘタクソなんで、水商売に向いていないと言いながら
相手を見ながら、ゆっくりと話されてる所は、さすが客商売を長年やられてきた方。

勉強になりますね。

お代りを頼みながら、色々と四方山話を・・・・・・
ゆっくりと時間が過ぎて行きます。

この時間が好きなんです。
R0013535_convert_20130118193132.jpg
お母さんまた来ます。

今度はボトルキープでもしますか・・・・・

お母さんは70歳前後でしょうが、凄く魅力的な方でした。

人間は内面から味が出て来るんですね。
常に勉強ですね・・・・・・・

やはり、諦めきれない〆ラーメン。

愛宕病院前の屋台に・・・・
R0013536_convert_20130118193259.jpg
冬バージョンですね。
R0013539_convert_20130118193352.jpg
この日は、スープがバラバラ。

出汁取りが薄いかなぁ~~~~~。
R0013547_convert_20130118193459.jpg
麺を変えたんですかね?

縮れ極細多加水麺になってました。

スープとのマッチングがいまいちで・・・・・

ラーメンは生き物なんで上手くいかない日もあるわなぁ~~~~~~

新しい寄港地も見つかり、相変わらず高知にドップリです。

ごちそうさまでした。

珍々亭⑧@高知市

大豊抜けで、高知に向かいました。

山間部は、結構雪が残ってます。

しかし、高知市に入ると気温も上昇。

さすが南国高知。

大阪を出る頃5度だったのですが、その日の高知は12度。

菜の花の開花を見れました。

イイトコだぁ~~~~~高知って所は。

仕事を片づけて、ホテルに入ったのが19時くらい。
それからいつもの寄港地に向かいます。
R0013496_convert_20130118191047.jpg
店内入ると、少し慌ただしい感じです。

大将に聞くと、うららお姉さまが体調不良でダウン。
バタバタらしいです。

まぁ~~~~~のんびり飲めばイイよ~~~~~ってな感じで、
R0013499_convert_20130118191301.jpg
勝手知ったる所なんで、温燗とユルリゆるりと。

あおぞらお姉さま少し怖いです・・・ブン殴らないでください(ウソです)

新手の調味料があったので
R0013497_convert_20130118191148.jpg
後で振ってみようっと。
R0013507_convert_20130118191748.jpg
取り皿があまりにも、ナイスセンスなんでパチリ。

15分ほどしてから、ボチボチと来ました。
R0013500_convert_20130118191355.jpg
和風ナンコツ。

これまた、酒に合うんです。

豚の喉ボトケらしいのですが、臭さもなくおろしボンズに
マッチング。
R0013504_convert_20130118191555.jpg
ワカナ(ブリの幼魚)のヌタ。

大阪だったら、ヌタと言ったらワケギのヌタですよね~~~~。

高知にはそれもあるんですが、このヌタはニンニクの葉。

相変わらずお刺身が分厚く切られてきます。

刺身に漬けていただくとSoooooooo~~~Good!!!!!!!

ヤバイなぁ~~~~~~~~~~~~

この後〆ラーメンに行きたいのに・・・・
R0013509_convert_20130118191845.jpg
川エビのてんぷら。

相変わらず期待を裏切りません。

目先を変えて先ほどの調味料を付けると塩ニンニクみたいで、ナルホドの味。
R0013511_convert_20130118191934.jpg
ごぼう天。

ムフフ。
R0013512_convert_20130118192031.jpg
最後に新作でしょうか・・・・ムカゴのピザです。

珍々亭さんは新作も出して来ます。

ただの居酒屋ではなさそうです・・・・

これがまた、未知の味で。

マヨネーズとチーズを纏ったピザで、ムカゴって洋風にも合うんですね~~~~~

これが最後に来た事で、翌日あえなく胃もたれによる体調不良に・・・
歳取ったよなぁ~~~~~~~

ごちそうさまでした。

八千代食堂@阿波池田

最近気になること・・・・・・

その1、中国の大気が大変みたいですね~~~。
  真黒な雪が降ったり。
  
  もうすぐ貿易風に乗って、有害物質の塊が黄砂にくっついて来るんですね。
  海は巨大越前クラゲで・・・・・・・どうにかならんのか~~~~

その2、他の方のブログにコメントする際、なぜか入力が上手くいかない・・・・
  それも今年に入ってから。
  なんとかしてくれFC2!!
  (もしかして私だけ????)

その3.自分の記事を見てて思ったこと。

  なんか枯れてるヤン・・・・・・
  
  流行のお店なんか行ってないし。大丈夫か俺???
  (結構、そういうお店に行く自分が気に入ってます(笑))


               ー閑話休題ー


その日は、恒例の四国巡業でした。

しかし寒~~~~~~~~い。

仕事日程の関係上、お昼頃に山越えになりました。

Iさんから”この辺でどこかありますか?”と。
ありますとも!!!

前から行きたかったお店が。
カーナビに住所を入れて向かいます。

甲子園を沸かせた、池田高校の近くみたいです。

池田って地名表記が変わってるんです。
ヲウトウ、クヤウジ、トウリン、ヤサンとか・・・

カタカナが多いんです。
由来ってなんなんだろうと思っていると、目的地はサラダという地名。

駅前の商店街の中にありました。
八千代食堂さんです。
R0013476_convert_20130118180807.jpg
R0013477_convert_20130118184752.jpg
町の食堂です。

お昼すぎだったのですが、地元の方が続々と。
老若男女色々な客層です。

素晴らしい!!

これが食堂たるものですね。

女性の方だけで、お店を回されてました。
R0013483_convert_20130118185120.jpg
メニューをパチリ。
R0013480_convert_20130118184837.jpg
R0013481_convert_20130118184938.jpg
どれも食堂価格。
R0013482_convert_20130118185029.jpg
祖谷そばなんてものにも、食指が動いたのですが、初志貫徹で中華そばを。

大盛が無いとの事なので、
R0013484_convert_20130118190624.jpg
おでんに、向かいました。

かなり汁が入っているので、分かりませんが
大根、ジャガイモ、豆腐、スジ、卵、ゴボ天、コンニャク等々が、入っているとの事。
R0013487_convert_20130118190802.jpg
私はコンニャクを。

この付けダレ、柚子が隠し味の辛子味噌。

さすが、徳島ですね。
食べてる間に来ました。
R0013491_convert_20130118190849.jpg
イヤ~~~~~~正統派中華そばですね。

背筋をピンと正してしていただきます。
R0013488_convert_20130118190717.jpg
鶏ガラ出汁で、野菜、昆布、イリコ?でしょうか・・・

一口目は少し甘口に感じましたが、気がつくとガブガブと飲んでました。

丁寧な出汁取りですね。

いい仕事してますよ~~~~~~~~~

メンマも下処理が出来てて、チャーシューもこれまた正統派。
R0013492_convert_20130118190945.jpg
麺も正統派。中細麺。

少しヤワ目に来ますが、またそれがイイんです。
このスープにマッチしてます。

新年一発目、片田舎(失礼)でこんなに素敵な食堂系中華そばに出会えるなんて・・・・
今年はいい事あればいいなぁ~~~~~~~

また来たいです。

ごちそうさまでした。

遠足に行って来ました@但馬

お取引先のMさんと、遠足に行ってきました。
昨年は、雪を見に連れてって頂きました。

今年は、Mさん趣味の水彩画個展が開かれたとのことで
一緒に見に行ってきました。

まぁ~~~~私には接待ゴルフより、こっちの方がいいです。

中国道を降りて、下道で一路但馬に向かいます。

生野北峠を過ぎると但馬らしくなって来ます。

最近、歳を取ったのか神社仏閣を見に行くのが好きになってきまして、
どうも色々文献とか読んでいると、縄文時代や縄文以前の歴史や文化
が各地を繋げていることが、少しずつ分かって来てました。

出雲地方、播州地方や大和地方、日向地方も古代からお互いに脈々と繋がっているみたいで・・・・・

日本文化は日本海を介して発展してきたんですね。

実は最近、人との繋がりや仕事もその地域に重なっていってまして、
私が”わざわざそうなるように仕向けられているように”感じることが多くって・・・・・・

Mさんと、色々な神社を見に行きまして、
R0013424_convert_20130114092705.jpg
R0013428_convert_20130114092759.jpg
但馬地方も、山名氏が統治していた地域に建立された神社は、
このようにパワースポットで清冽、綺麗な装飾が施されている所が多いように感じます。
赤松氏は・・・・・・

個展会場に。
紗蔵(さくら)さん@山東町です。

喫茶店とギャラリーが、合体した空間です。
R0013454_convert_20130114092948.jpg
R0013433_convert_20130114093106.jpg
まわりはこんな所で、ズッ~~~~~~と見てても、飽きない癒される景色です。
R0013449_convert_20130114093320.jpg
薪ストーブがあって、ポカポカと暖かい空間です。
R0013442_convert_20130114093405.jpg
ゆっくり絵を見た後は、縁側でゆっくりとコーヒーを頂きます。
R0013452_convert_20130114093520.jpg
時間が滔々と過ぎて行きます。

あまりにも居心地が良くって、1時間近くボッ~~~~~としてました。

お昼を過ぎて、Mさんから”お昼は凄い所に行こう”と・・・・

国道からハンドルを切って山の中へズンズンと入って行きます。
集落を過ぎて・・・・峠を越えて・・・・どこまで行くねん・・・・・
R0013459_convert_20130114110727.jpg
山の中にありました。

いちりんさん@朝来市です。
R0013457_convert_20130114093635.jpg
R0013458_convert_20130114093721.jpg
お寺の庫裏を、改修されているらしいです。

お伺いしたのはお昼すぎでしたが、のれんは上がってましたが
中の電気が点いておらず・・・

”やってますかぁ~~~~~”と大声で何度か聞くと、okとの事(笑)
R0013461_convert_20130114094131.jpg
囲炉裏があって、ここでいただきます。

ここは近くの婦人会の奥様の寄り集まり場所らしく、
厨房からワイワイガヤガヤ大声で、話声が聞こえてきます。

”地雷を踏んだか~~~~~”と脳裏によぎりました。


メニューはこんな感じ
R0013465_convert_20130114094236.jpg
定食しかなくて、お値段もお手頃価格・・・・いよいよ地雷の雰囲気が・・・・

Mさんも私もとろろそば定食を、オバ様にお願いしました。

オバ様が厨房に戻り”とろろそば定食2つです”と言った途端、話し声がピタリと止みました。
”暗い情熱”の発動か???

何て思ってましたら、天ぷらを揚げるいい匂いが・・・・”アレっ??天ぷらなんて頼んだかな??”
なんて思っていたらそばを揚げるいい音が聞こえてきます。

10分ほどで来ました。
調理が終わると同時に、また、ワイワイガヤガヤと(笑)
R0013467_convert_20130114094339.jpg
結構、ボリュームあるぞ~~~
R0013468_convert_20130114094434.jpg
そばの事は良く分かりませんが、口の中に入れるとニュルッとした感覚と共に
そばのいい匂いが口中に広がります。

山芋を繋ぎに入れた手打ちとか。

山菜そばなんて頼んでいないのに、結構山菜が入ってます。
とろろも、山芋味が濃いですぅ~~~~~~
R0013470_convert_20130114094536.jpg
御飯は、焚き立てで柚子の皮の御飯。

御飯が新米~~~~
R0013471_convert_20130114094620.jpg
漬けものも自家製。

大根がイケてる~~~~酒飲みてぇ~~~~
R0013472_convert_20130114094704.jpg
天ぷらの秘密がこれでした。

中は小芋の天ぷら。

これで600円かぁ~~~~

全て地産地消。
なんでこの価格なんです。

ご婦人の寄り集まり場所、余り儲けも意識してないような・・・・・・

地方に行くと、職人さんのお蕎麦屋さんって高くって
おばさんがやっている、B級のお蕎麦屋さんを探すのですが
私にはこのような、おばさんのお蕎麦屋さんが合っているようです。

職人さんの蕎麦屋は、どうも敷居が高くって・・・・・

ごちそうさまでした。

帰り道に
R0013473_convert_20130114094856.jpg
何だぁ~~~~このパン屋。

気になる~~~~~

検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事