次の日(1)・・・・

次の日は早朝から車を飛ばして、山口、広島周り。
何とか回りきって広島に帰着し、さああ~~~遅めのお昼御飯。

昨日、臨休だったお店に突入です。
開いているといいな~~~

おう、開いていた。1

4時前でしたがお店は8割方埋まってました。

風林さんです。
R0012621_convert_20121016192732.jpg
R0012622_convert_20121016192817.jpg
ザツは広島在住ではないんで、風林さんが昔ラーメンなのかどうかは分かりません。

けど楽しみだぁ~~~~~

メニューには、和歌山によくある鯖寿司なんてのもありましたが、
もう一軒行きたかったのでガマン。

中華そばを頼みまして、待つこと5分ぐらい・・・・
来ました。
R0012623_convert_20121016192903.jpg
うわぁ~~~~~マッタリしてそう。

スープを一口。
おっひょ~~~~

何だろ?
豚骨、鶏、昆布・・・・よくわからないや~~~~
けど、イケルじゃん。
R0012628_convert_20121016193042.jpg
麺はどちらかと言えば、中太の細めの方。

シコシコタイプでスープに適度にからんでいてけるじゃん。

チャーシュもモモの部分でオールドチック。

広島ラーメンはどこのお店も個性があっておもしろいな~~~~

ごちそうさまでした。

佐賀の味・・・・

陽気さんを食べた後、2軒のピックアップしていたお店に
行ったんですが、臨休・・・・・ついてませんね。

結局、疲労もあり、よくわからない広島なんで、ホテルにチェックイン。

一つ行きたいお店があるのですが、歓楽街の真っただ中で
ラーメン屋さんが歓楽街の中にあると大丈夫か??と思っちゃったりして、
引いていたのですが、とりあえず行ってみることにしました。

流川の一休軒さんです。
R0012615_convert_20121016192501.jpg
ザツは4月に、佐賀ラーメンを食べた後、佐賀ラーメン大好き人間になっちゃいました。

このお味は大阪にはありません。
アッサリだけど、しっかり豚骨の出汁が出たラーメン。

九州ラーメンはコッテリという、ザツの概念をブッ壊してくれたラーメンです。

ここ一休軒さんは、その佐賀ラーメンの源流に当たります。

過去には、支店も佐賀県内に何店かあったようなんですが
今年の4月の訪問時には、全てなくなってました。

なんで食べたかったんですよね。

しかしラーメン一杯700円・・・・・もう少し、なんとかならないんですかね。

親子?でやられているようです。
親父さんに作っていただけました。

麺揚げもスープも丁寧です。
ありゃ、期待できるかも・・・・・・

さあて来ました。
R0012617_convert_20121016192550.jpg
ウオッ!!

思いっきり佐賀やん!!

心躍りましたです。

まさか広島で、これが食べれるなんて・・・・

スープを一口。
佐賀や~~~~~ん~~~~~~~

淡いスープにしっかりとした豚骨出汁。
後味にしっかりと豚骨臭がします。
これが広島で、受け入れられるかどうかは分かりませんが、ザツにはイケてるラーメンでした。
R0012620_convert_20121016192642.jpg
麺もそのまんま佐賀。(どないして仕入れて来てるんやろ????)
茹で具合も指定しませんでしたが、よかったです。

遠くて中々食べれない佐賀ラーメンですが、やっぱいい~~~~。

ごちそうさまでした。

広島の老舗・・・・

夕方岡山から広島に移動し、翌日の移動に備えてレンタカーを借りてホテルに向かう途中で、
軽くラーメンを。

1軒目は前から行きたかった老舗に向かいました。

開店時間と場所で、ラーメン好きの訪問には結構ハードルが高くって
なかなか行けないお店だったんです~~~

江波の陽気さんです。
R0012604_convert_20121016192025.jpg
R0012606_convert_20121016192112.jpg
17時頃入店でしたが、店内は結構入ってました。

人気店なんですね。

メニューは中華そば一つだけでして、着席すると”一つください”で
注文が通るみたいです。

さあて来ました。
R0012608_convert_20121016192207.jpg
見た目コッテリ感ありそうですが、どうでしょうか・・・・
R0012609_convert_20121016192332.jpg
スープを一口。

見た目と違いアッサリ。
アレレッ、何の出汁だろう・・・・・・・・複雑なお味ですね。

一言でいえば、後味はスキヤキ味のラーメンです。

開店直後だったんで、まだ、スープが若かったのかもしれませんが・・・
R0012612_convert_20121016192416.jpg
麺は細めの中太で、いかにも中華そば的な食感でした。

茹で加減も良くスープにマッチしてました。

ごちそうさまでした。

湯きり・・・・・・

その日は、岡山経由広島出張でした。

なんと広島からは1人仕事。
もうラーメン屋巡りしかありません(笑)

大阪を早朝に出発し、まずはIさんと岡山でお仕事。

お昼前に終了し、Iさんに岡山のライト豚骨系の老舗に
連れてってもらいます。

妹尾にあります、玉ちゃんさんです。
R0012593_convert_20121016191450.jpg
R0012594_convert_20121016191606.jpg
入口から昭和チックです。

お昼すぎでしたが、我々以外に家族連れが一組みでした。
入店し、メニューをパチリ。

なかなか昭和してます。
R0012595_convert_20121016191652.jpg
普通そばという名称(笑)・・・・こういう感覚って大事ですね。

夕方、広島での連食を考え普通そばを頼みました。

お年を召されたご夫婦がやられていらっしゃいます。
奥様がテキパキと作って行かれます。

しかし・・・・・麺揚げの時、平ざるに入れた麺を湯きりせずに・・・・・・・
お~~~~~~~~~い~~~~~~~~~~

来ました。
R0012598_convert_20121016191740.jpg
ビジュアルはおいしそうです。

スープを一口。

う~~~~ん、茹で汁のお味がします。
はるか遠くに、豚骨の味がするのですが茹で汁味です。
R0012603_convert_20121016191925.jpg
チャーシューは、オールドタイプのモモチャーシュー。
R0012601_convert_20121016191838.jpg
麺の茹で具合も良かったです。

Iさんによると、こんなのは初めてらしいので次回に期待いたします。

ごちそうさまでした。

変わり種・・・・

その日は東京でお仕事でした。

羽田を降りたとたん感じるのは人多い~~~~
電車もひと多い~~~~~

当然、ラーメン屋さんも多い~~~~~
大阪とは、段違いのキャパシティと凄さがあると思います。

色々と行きたいラーメン屋さんを探しました。

スタンダードではなく、なぜか変わり種が食べたくなりました。
本当にたくさんの選択肢が東京にはありますから。

ちょうど、お客様の近くに食べたい所が見つかりました。
ajitoさんです。
R0012545_convert_20121013183304.jpg
パッと見、どう見てもラーメン屋さんに見えませんでした。

これが東京の奥深さか・・・・
R0012564_convert_20121013183805.jpg
R0012562_convert_20121013183718.jpg
ajitoさんのご主人はイタリアン出身らしく、斬新なラーメンを頂けるとのこと。

楽しみ楽しみ。

お昼過ぎの入店で、満員でした。
次から次へとお客様がいらっしゃいます。

初めはザツは、メニューやらに色々と注意事項が書いてあったので
気難し店主か?なんて思いましたが、そんなのあっという間に払しょくしてくれました。

人当たりの良い方で接客も好感が持てます。

テキパキと仕事をこなすためお客様にお願いしているようです。
1人でやってらっしゃるので。

人件費削減も価格を下げるために必要ですもの。
R0012551_convert_20121013183356.jpg
ツケ麺もいいのですが、ここはやはりピザソバ豚卵を行きました。

5分ほどでやって来ました。
R0012555_convert_20121013183442.jpg
プ~~~~ンと、チーズとトマトミートソースの匂いがして来ます。
こんなの他の店で見たことない・・・・・

ザクザクと混ぜます。
R0012556_convert_20121013183529.jpg
この写真はまだ混ぜ途中ですが、この時点でもうよだれモンでした。

いい匂いが、食欲をくすぐります。

さて一口。

麺はジロウ系に似たバキボキ系でしたが、段々こなれてきて良い感じになっていきました。

特筆すべきはこの斬新な具とソース。

ピザそばの名の通りピザですが、ザツ的にはどちらかと言えば
ピザスパゲティソバってな感じでしょうか。

しかしこれは、癖になる、なる、なる・・・・・

いや~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ハマりました。

ガツガツ食べ進んで、一気に完食。
お腹は結構来てましたが、リゾットを頼みました。
気になりますよね。
R0012561_convert_20121013183616.jpg
またまたこれが、ラーメンにご飯をいれた感覚ではなく
全く別物。

これも癖になる、なる、なる。

いや~~~~~~~~~~~~~再訪したいですね。
しかし、お腹一杯・・・・・これって仕事になるのか???

ごちそうさまでした。

惜しむらくは・・・・

ふぁ~~~~~あ~~~よく寝たぁ~~~~~~

その日は、松江でお仕事です。

夕方の飛行機に間に合わすため、強硬スケジュールで行きます。

やっと一息ついて、お昼だぁ~~~

しか~~~~~~~しここで一つのお昼の問題が。
松江には、ザツの好みのラーメン屋さんが無いんです。

過去には嫌な思いもしてますし・・・

スマホで食べログを検索します。1軒だけ良さそうなのがありました。
空港にも近いですし。

平田市のはやしさんです。
R0012529_convert_20121007164142.jpg
14時前の入店でしたが、地元の方が入れ換わり立ち替わり来ます。

お年を召されたご夫婦で営業されておりました。
R0012533_convert_20121007164247.jpg
メニューはこんな感じです。
お蕎麦屋さんらしいラインナップです。
R0012535_convert_20121007164337.jpg
R0012536_convert_20121007164430.jpg
歴史がありそうですね。

お口はラーメンでしたので、迷わずラーメンを頼みます。
10分ほどできました。
R0012537_convert_20121007164520.jpg
R0012538_convert_20121007164626.jpg
ホホ~~~~~~~~~ン。
松江近郊のラーメン屋さんとは一線を画するビジュアルです。

スープを一口。

鶏ガラのボディがしっかりしてます。後口にニンニクが薫ります。
脂っこさを消すためか、それとも松江近郊にはニンニクを入れるラーメン屋さんが多いからか・・・

ウン。

けど、しっかり主張してます。
このスープ。

麺もそれに負けず、自己主張をしてます。
R0012541_convert_20121007164720.jpg
中太縮れ麺で、小麦の味が後から来ます。

自家製麺ですかね?

ナイスボリュームです。コリャ~大とかは食えないやろうな・・・
R0012544_convert_20121007164825.jpg
チャーシューもこれまた凄い。

トロトロではなく、ニクニクしいチャーシューです。

良いお店見~~~~~~~つけた!!
と思いきや、なんと11日から休業の張り紙が・・・・・・・

なんで~~~と御店主に聞いてみたらモジモジと言いにくそうなんで
これ以上はね・・・・御病気でしょうかね・・・・・

他の方のご注文のそばも、ナイスボリュームで美味しそうな出雲そばだったので、
食べてみたい・・・・・・

出○大社に近くにある、とある蕎麦屋さんにも行きましたが
食べれるシロモノじゃなかったので、美味しい出雲そばが食べたいんです。

早く復活してほしいです。

ごちそうさまでした。

やっぱ落ち着くわぁ・・・・・・

その日は松江に帰って来たのが、夜の19時前・・・
朝、出雲を出て島根横断でした。

急いでホテルにチェックインして、いつもの所へ。
R0012503_convert_20121007163316.jpg
ほいで、いつもの席へ。
R0012505_convert_20121007163407.jpg
(ブレててすいません)
川の水を見ながら飲むというのは、ホント贅沢ですし、なんか落ち着きます。
R0012507_convert_20121007163703.jpg
これも、いつものレモンチュウーハイ。
R0012516_convert_20121007163847.jpg
おでんのメニューです。

食べたかったキスダンゴを頼んだのですが、19時にしてもう売り切れ・・・・

なんで、定番の
R0012509_convert_20121007163751.jpg
スジ2本とロールキャベツ。

スジはホロホロ。

ロールキャベツの餡は、豚をメインにあっさり味付けで
キャベツはかなり重ねて包まれてます。

型崩れを防ぐためでしょうか?
何であれ、ここの出汁はあっさりなのにコクがあり、非常に澄んだスープです。
それが具材にシュンで、それはそれは・・・

長い時間継ぎ足されて、濾されて来てるんでしょうね。
味に厚みがあります。アルバイトの方はおでんは触れません。

姉妹のご店主しか触れないようです。
R0012508_convert_20121007163604.jpg
特筆は、この付きだしの左側のラッキョの鰹節掛け。

薄くスライスして、鰹節と醤油を掛けただけなんですが
ザツのようなおっさんには、タマラナイお味です。

酒くだちゃい。
R0012521_convert_20121007163940.jpg
それと、最後に豆腐。
R0012524_convert_20121007164027.jpg
もう、おっさんになりました・・・・・・・

九州→松江と連続出張で、ここでギブアップ。

今は、平日のブログアップも出来ず、他の方のブログを見る暇も全然なく・・・・
いつもご覧いただいている方すいません・・・・・・マシーンのような毎日です。

誰か癒してくれませんでしょうか(笑)

ごちそうさまでした。

系譜・・・・

その日は島根でお仕事です。

朝一番の飛行機で飛んで、すぐに西に向かいます。

最西端の益田市でお仕事して、さあお昼御飯だぁ~~~~

初めての地ですが、同行のIさんが行ってみたいとの
お申し出もあり行きました。

店名を聞いてビックリ!!

ザツが宿題にしているお店と同じ店名です。
同じ系譜なのかな・・・

益田市三洋軒さんです。
繁華街から少し離れている所にあります。
R0012479_convert_20121006162012.jpg
店構えは糟谷郡に似てます。

昭和チックです。

ちょうどお昼の入店でした。
すぐに満席になりました。

さてメニューを。
R0012482_convert_20121006162143.jpg
R0012484_convert_20121006162229.jpg
家族経営でしょうか?

オバサマがお二人とお兄様お二人のオペレーションでした。

イカ墨ラーメンなんてものもありますが、やはり三洋軒と言えばザツはワンタン麺です。
(大)を頼みました。

5分ほどできました。
R0012488_convert_20121006162359.jpg
R0012492_convert_20121006162444.jpg
ヌオッ!!

ビジュアルは福岡に似てます・・・・
スープを一口。

豚骨をベースに、多分ですが鶏ガラ、少し牛???が感じられる
スープです。

この辺はさすが三洋軒。
各店で、オリジナリティ満載なんで
これはこれでありかと思います。

ゴマは初めから入っておりました。
麺は
R0012494_convert_20121006162530.jpg
福岡スタンダードの細縮れ麺。
チュルチュルと入ります。

ワンタンはこんな感じでした。
R0012496_convert_20121006162620.jpg
具タップリの皮チュルタイプでした。
5個も入っており、ナイスボリュームでした。
R0012487_convert_20121006162311.jpg
移転されるみたいです。

旧店舗では最後になるので、この昭和チックな感じなくなるのは
少し残念・・・

ごちそうさまでした。

少し、糟谷郡との関連を調べてみたいです。
暖簾分けだと思うんだけどなあ~~~~

松江への帰り道、お客様に寄りながら観光地巡り。
R0012501_convert_20121006162902.jpg
国の特別天然記念物の珪化木です。

木が地中に埋められて”石化”して地上に出てきた物
らしく、発見が昭和11年ですが腐ってません。

初め、どこにこれがあるのか分からず、探し回りました(笑)
R0012498_convert_20121006162707.jpg
R0012500_convert_20121006162753.jpg
そうしたら、少しくりぬかれた所を見たらこれがありました。
多分これだと思います(笑)

ずっと・・・・

次の日、午前中のお仕事がキャンセルになって、さてどうしようかと上司と相談。

って、相談してません(笑)

次いつ来れるかわからないんで、ザツが行きたかったお店
に強制連行いたします。

ザツ的には、北九州って山ほど行きたいお店があるのですが
まずは一番行きたかったお店に向かいました。

北九州市市内から、車で西に向かいます。

田園風景になってきて、”こんな所に本当にあるの??”
と言う所に、そのお店はありました。

九州のあまたのブログで、高評価のお店であり、
ザツも何年も前から、行きたくて行きたくてしょうがなかったお店です。

遠賀郡 黒門さんです。
R0012463_convert_20121006161327.jpg
この店構えの写真を何度となく見てて、行きたかったんですよね~~~

一番に入店し、メニューをパチリ。
R0012465_convert_20121006161414.jpg
ラーメンしかありません。

黒門のご店主も、初めラーメンブロガーでしたが
とあるお店の閉店に際し、そのお店の跡継ぎがおられないことから
自らお継ぎになられた方です。

ラーメン(大)を注文し、麺揚げ場の目の前に座り、様子を見ます。

万事に凄く丁寧。

物凄く丁寧です。

一定のリズムで平ザルから麺揚げされます。
綺麗ですよ~~~~~~~

チャシューもモモとバラですね。
R0012467_convert_20121006161501.jpg
美人なラーメンなんですう~~~~~~~
R0012471_convert_20121006163917.jpg
モヤシ。

全部ひげが取れてます。

こんなの始めてです。
R0012470_convert_20121006161559.jpg
チャーシューもレアタイプで綺麗。

さて、スープを一口。

淡~~~~~~~~~~~い、淡~~~~~~~~~い出汁です。

それとは裏腹にボディはしっかりしていて、
豚骨オンリーのガッツリ出汁のお味です。

麺は細縮れタイプでスッと入ります。

スープ、麺、スープ、麺と交互にドンドン食べ進みます。
久しぶりに全汁でした。

大阪の方には、豚骨=ドロドロとか濃いというイメージがあると
思いますので、例えばこのお店が大阪に出来たとしても
すぐになじめないかと思います。

けどね・・・・・・九州の豚骨ラーメンって、こういうタイプが結構多いんですよね。

私もこの方が合っております。

ごちそうさまでした。

PS
その後仕事が混んで、ラーメンはこれだけで終わりでした。
空港に向かう途中で車内からパチリ。
R0012475_convert_20121006161835.jpg
飯塚のボタ山です。青春の門でしたっけ・・・・・

新たな場所・・・・

その日は北九州でお仕事でした。
初めてのお仕事地です。

夕方大分から大移動(??)をしてきまして晩に到着。
北九州には何度か来たことはあるのですが、泊まったことはありません。

さて、晩御飯はどうしよう・・・・

小倉駅前を上司と、うろうろウロウロと徘徊します。
上司はいやな顔一つせず同行してくれます。

1時間程ウロウロしまして、一つのお店が目に入りました。
全く下調べはしておりません。

焼鳥本陣さんです。
R0012459_convert_20121006161242.jpg
炉端焼きです。

大阪ではもう死語なんですかね・・・・・・・・

こんなとこ、もうないですよね?
R0012449_convert_20121006160339_copy.jpg
陳列ケースに、並べられたものを頼んで焼いてもらう形式です。

上司もザツも”なつかし~~~これやね~~~”と
言いながらながら注文します。
R0012451_convert_20121006160554_copy.jpg
R0012452_convert_20121006160726_copy.jpg
店内は、地元の方ばかりで良い雰囲気です。

全くの初めての所なんで、よくわかりません・・・・
歩いて探索して、自分の触感だけで探してるので、アテになるわけがありませんよね。

けどこういうのが、ザツは好きなんです。

付きだしがきました
R0012450_convert_20121006160642.jpg
鶏皮のポンズ和えでしょうか?

こういうのん、大阪ではありませんよね・・・

いけますよ~~~~あっさりしてて、付きだしにはピッたしかと。
R0012453_convert_20121006160811.jpg
本日のお薦めの牛タン。

これにはビックリ。
イケテルよ、これ。
R0012454_convert_20121006160858.jpg
クジラ。

ほお~~~臭みもなく新鮮。
R0012458_convert_20121006161046.jpg
鶏レバー焼。臭みもなくイケてます。
R0012457_convert_20121006160943.jpg
イワシの梅肉巻き揚げ。

これから先は、写真がありません。
なんか色々食べて飲んだような・・・・・・・・・・

これだけ飲んで、食べてもも1人4000円弱。

恐るべし北九州!!

また行きたいです。
ごちそうさまでした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事