再訪・・・・

翌日は高知から、徳島池田経由で高松入りです。

雲一つない快晴の中を駆け抜けます。

途中、お客様に寄ってから高松入りしました。

しかし、凄い交通渋滞・・・

結局、お昼の時間にはお客様との関係で食べれず
かなり回ってからになりました。

お口はウドンじゃなくてラーメンだったんです~~~

なんで、この前行って好印象だったお寺の境内にある
竜雲うどんにお伺いしました。
R0012434_convert_20120929160935.jpg
店内は、清潔そのもの。

気配りが行き届いております。

さてこの前良かった、煮干し中華そばを食べたかったのですが
終わられているとのこと。

今はこのラインナップです。
R0012436_convert_20120929161358.jpg
ザツは特選和風中華そばを頼みました。

5分ほどで来ました。
R0012442_convert_20120929161533.jpg
お~~~~うどんチックです。

一口。

うどんと同じお出汁だと思いますが、これはこれでアリです。
煮干しを基調に、シンプルな味です。

イメージは、子どものころに食べた、ヤスガキヤの袋の粉スープから
課長さんを取り除いて、澄んだスープのような感じ。

麺は
R0012444_convert_20120929161923.jpg
煮干し中華の時と真逆で細麺。

チュルチュルと入っていきます。
このスープに合わせた計算された中華そばです。

ホッとします。
毎日食べても飽きないでしょうね~~~~

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

さあ行くで~~~・・・

いつもの所に行ってその後1軒、ショットバーに行ったのですが
史上最悪のバーでしたので割愛させていただきまして、
いよいよ、一カ月ぶりの御対面です。

色々な意味で行きたかったんです。

とがのさんです。
R0012407_convert_20120929160308.jpg
本日は20時過ぎだったでしょうか・・・・
私達だけでした。

早速、寡黙なご主人が注文をとりに来られます。
ザツは、とがのラーメンでモヤシ、ワカメ抜きを麺太めで願いしました。

黙々と麺打ちが始まります。
R0012410_convert_20120929160421.jpg
R0012423_convert_20120929160527.jpg
ほんと、黙々と麺打ちをされます。

男は黙って・・・・・・・・・・・・・・・・感じです。

ザツは、非常に好感が持てます。
ひたむきに、美味しいラーメンを作ろうとしておられるので。

お1人でやられておられるので凄いなあ~~~~~と。

さあて、来ました。
R0012427_convert_20120929160637.jpg
うん。

スープを一口。

豚骨の、ピュアな出汁が感じられます。
少し骨の味がしますが、丁寧に出汁がとられてます。

やはり、ザツには”素”ラーメンが合ってます。
ネギもいらないなあ~~~~

さて麺。
R0012430_convert_20120929160721.jpg
R0012431_convert_20120929160805.jpg
R0012433_convert_20120929160848.jpg
凄い!!  

スゴイなあ~~~~~~

麺が太くなると、ボリューム感や食べ飽きた感が出てくると思うのですが違いました。

食感はウドンに近いのですが、腹に貯まるタイプではないんで
ほ~~~~~~~~~~~~んと”スッ”と喉越し良く、お腹に入っていきます。

ラーメンって、まずスープを味わい、評価してから麺だったのですが
このお店を食べてから価値観が一変しました。
スープだけではダメなんですね・・・・

来月は細麺食べて見るかあ~~~~~~??
いや牛スジラーメンか・・・・・

ごちそうさまでした。

いつもの・・・・・・

仕事も終わり、西条市から寒風山と言う峠越えで高知に向かいます。

いや~~~この寒風山越えの道が快適、快適。

良い道なんです。

川沿いに上がって行きまして、寒風山を越えると川に沿って下って行きます。

景色も抜群で、川が綺麗で癒されるんです・・・・・

わざわざ高速を飛ばして高知に入らなくても、この道があれば十分です。
高知市内には早い目に入れました。

さて、いつものお店に。
R0012388_convert_20120929155829.jpg
R0012387_convert_20120929155723.jpg
この後例のお店に行くので、お酒はこれだけにしました。
R0012395_convert_20120929160135.jpg
さて、これまたいつものヤツです。
R0012392_convert_20120929160002.jpg
R0012394_convert_20120929160048.jpg
今月も小さめらしいです。

毎月定点的に、このカツオのタタキをいただいているのですが
今月のヤツは、先月までのとは少し違いました。

脂が乗って来てきてました。
これが”脂が乗る”と言うことなんですね・・・・・・・・

カツオは11月一杯までらしいです。
(その後に、出回っているのは、冷凍ものかあ~~~~~)
良い勉強をさせていただきました。
R0012389_convert_20120929155914.jpg
もう一品はりゅうきゅうというもの。
ズイキの茎か、葉の酢の物だったかと記憶してます。

これも、今の季節のモノらしいです。

ハチキン姉妹が、このお店にはいらっしゃるのですが
毎回毎回、私達がカツオカツオと!!言うからでしょうか、
”それだけお魚がお好きなら○○と言う所の○○というところに
行けば、もっとおいしいお魚が食べれますよ~~~”とお薦めしてくれます。

イヤイヤ~~~~~私達はこの雰囲気がいいんです。
ここが、落ち着くんです。

ごちそうさまでした。

来月もまた、イソイソと行っていると思います(笑)
R0012396_convert_20120929160221.jpg

行きたかったチェーン店・・・

その日は、毎月恒例の四国ツアーでした。
愛媛→高知→香川を回る強行軍です。

今回は四国中央市を皮きりに、お客様を訪問しながら
途中で、お昼御飯を食べる所を探します。

そのお店は、国道沿いにありました。
関西には多分、赤穂しかないんじゃないいでしょうか・・・
関東や四国でチェーン店として根強い人気のお店です。

行きたかったんです・・・・ここ、前から

ラーメンショップさんです。
R0012378_convert_20120929155445.jpg
ラーメンショップさんは、チェーン店にも関わらず
お店によって、味も若干違うみたいですし、値段も変わる
天一タイプのみたいです。

フラグシップのネギラーメンを頼んで、周りをパチリ。
R0012381_convert_20120929155328.jpg
なんかジャンキーですね~~~

この感じが良いんです~~~~~~~~

さて、来ましたよ。
R0012382_convert_20120929155533.jpg
なんか見た目、他の方のブログ等で見ているようなジャンキーさがないなあ~~~

ネギの盛り方に、迫力がありません。

さて一口。

ウ~~~~~~~~~~~~~~ン
どうだかなあ~~~

スープの味がしません。
元ダレはチャーシューの煮汁から入れられてました。

お客様で満員なんですが・・・・
R0012385_convert_20120929155621.jpg
麺は普通に細めの中太麺。

チャーシューは入ってなくて、初めにネギをごま油と絡めてトッピングするのですが
このゴマ油がスープの全てを支配し始めます。

口がオイリ~~~~~~~~~

こりゃ他のお店に行ってみるしかなさそうだな~~~

ごちそうさまでした。

小松島系の老舗・・・

その日は、徳島でお仕事でした。

秋の交通安全と言うこともあり、それはそれはすごい数の
警察の方です。

仕事がお昼を回って、なんとか午前の部が終了。
近くの目を付けていたお店に向かいます。

最近なにを思ったのか、コツコツと1人でやってる
徳島ラーメン源流のお店周りの一環です。

小松島系の老舗カサイさんです。
20120925_123029_convert_20120929153806.jpg
14時過ぎというのに、ザツ以外にお客様が結構いらっしゃいます。
地元密着型ですね。

店内は昭和チックで、奥様と息子様でしょうか、お二人でやられております。
20120925_123421_convert_20120929153904.jpg
肉入り並を頼んで、メニューをパチリ。

まだ、スマホではうまく撮れません・・・・
コンデジのほうがいいな~~~~

5分ほどで、きました。
20120925_124012_convert_20120929153952.jpg
イイ色のスープでんな~~~~~~~~

なんとも言えない、小松島系のスープです。
多分豚骨と、少し鶏ガラが入っているんでしょうかね?
そんな匂いがして来ます。

スープを一口。
少し塩からいですが、一口目だけでその後は気になりません。
豚骨風味の甘い感じと塩ッポイ感じが上手く混ざり合っております。
20120925_124043+(2)_convert_20120929154046.jpg
麺はどちらかと言えば細に近い、中太麺です。
シコシコしてます。

チャーシューもオールドタイプで、しっかり味付けされていてイイ感じでした。

やっぱザツは、徳島ラーメンはオールドタイプが口に合っているみたいです。
タイプは色々ありますが、どれも良い感じです。

ごちそうさまでした。

またまた・・・・

その日は岡山→海を渡ってのお仕事でした。
岡山からは瀬戸大橋で、あっという間なんです。

橋を渡った所にお客様がわんさかなんで、Iさんの
お車で連れてってもらいます。

1軒伺ってから、お昼御飯に。

車は玉野方面に向かいます。
しかし、段々市街地から離れて行って・・・

一体どこに??
山道を一つ越えて着きました。

たなかラーメンさんです。
R0012358_convert_20120920070540.jpg
お昼前だったのですが、私達が入店するとその後一気に人が来られまして・・・・満員。
その後も、どんどん来られます。
かなり田舎(失礼)なのにな~~~~~

素晴らしい!!

奥様と息子様のお二人でやられてました。
Iさんのお話によると、たなかさんは昔うどん屋さんだったそうです。
しかし、ラーメン好きが高じてラーメン屋さんに。
ご主人はご逝去され、今は奥様と息子様がやられているそうです。

さて、自動販売機で購入します。
R0012362_convert_20120920071111.jpg
席につくとメニューがありましたのでパチリ。
R0012364_convert_20120920071356.jpg
へえ~~~~~。

昆布の佃煮かあ~~~これでスープを取ったのかな~~~
R0012369_convert_20120920071528.jpg
天かすが新しそうなんです。

色が綺麗。
油がまわってません。

しかし、油物のメニューなんてないのに・・・・・・・
ラーメンに入れる用に、わざわざ作っているのかなあ~~~~~

さあて来ました。
ぶためしです。

チャーシューとごぼうと卵の混ぜご飯です。
R0012368_convert_20120920071442.jpg
昆布の佃煮と高菜をパイルダーオンしてます。

一口。
いや~~~~~~~~~~~~素朴。
チャーシューもごぼうも主張しません。
薄味の味つけの中で、一体化してます。

続いてラーメン(並)が来ました。
R0012371_convert_20120920071614.jpg
エッ!!!
チャーシュー麺(大)なんか頼んでないけど・・・・

いえ、これがデフォルトらしいです。

素晴らしいコスパですね。

スープを一口。
いや~~~~~~~~~素朴、素朴。

鶏ガラが薄めで、昆布、野菜の甘さ、旨さが効いたもの。
うどん屋さんのスープに近いと思いますが、それはそれでヨカです。

チャーシューは薄めが4枚。
味付けも薄目で、スープの邪魔をしてません。

麺は中太のストレート。
R0012376_convert_20120920071922.jpg
茹で具合も、ちょうど良くていいなあ~~~~

素朴だあ~~~~~

天かすや昆布の佃煮を入れると、さらにスープがレベルアップ。

ガイドブックとかにも掲載されないお店でも、世の中にはたくさんたくさん美味しいお店はあります。

ごちそうさまでした。

岡山もレベル高けええ~~~~~~~~~~~~~

のんびり・・・・

その日は家族でOne Day Tripでした。
朝家を出て、高速を北上します。

特に目的があるわけじゃなく、気晴らしです。

なんで、産直で野菜を大量購入してザツが前から行きたかった
所にブラリ訪問してみました。
R0012322_convert_20120916100912.jpg
R0012309_convert_20120916100423.jpg
ザツの好きな日本酒醸造元の竹泉(田治米)さんです。

2本ほど購入して、中を少し散歩させていただきます。
R0012318_convert_20120916100516.jpg
R0012320_convert_20120916100826.jpg
構内は清潔感があり、さすが醸造所です。
暑いは暑いのですが、そよ風が心地よく吹いてます。

さて、昼食に向かいますか・・・・

色々な方のブログで評価の高ったお店です。
道を挟んでドライブインがあるだけで他は・・・・・
夜久野の長浜ラーメンさんです。
R0012324_convert_20120916100721.jpg
R0012326_convert_20120916101005.jpg
特に周りには何もないんですが、どこからこれだけの人が集まってくるのか・・・
店内は満員で待ちが出てます。

いや~~~素晴らしい!!

ラーメン店は店の立地条件ではないんですね。
味、接客なんですね。

感心しながら、5分ほど待って席を案内いただきます。
R0012327_convert_20120916101054.jpg
さて、何を頼もうか・・・・・・
R0012333_convert_20120916101233.jpg
おう!!

これは福岡では何回か見た自動ゴマすり機。
それも黒ゴマ。(別に白ゴマもあります)

当然、高菜は取り放題です。
辛い奴じゃありません。
R0012330_convert_20120916101140.jpg
無料のキムチ。
R0012335_convert_20120916101348.jpg
これも辛くありません。
ファミリーも多かったことから、その辺も考えているんでしょうね。

最近食べる量が増えてきた坊主に対応するため
ラーメンの(大)(並)を注文しました。

来ました。(大)です。
R0012336_convert_20120916102126.jpg
R0012337_convert_20120916102211.jpg
チャーシューメンを頼み間違えたかと思えるほど、たくさん入ってます。

さて、スープを一口。

クリーミイーな豚骨です。
きっちり出汁がとれてますね。
臭みもありません。

いいじゃないですか~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな田舎(失礼)で長浜スタイルが食べれるなんて・・・・
こりゃ~~~スゴイ。
お客も集まるわけだ・・・・・・・・
R0012343_convert_20120916102252.jpg
麺も凄い(笑)量です。
(大)にしなくても良かった・・・・
並で十分だった・・・・

良い茹であがりです。
特に茹での指定はしてませんが、イケてますね~~~~~
ネギも大漁節(笑)

最後はアップアップでした。

よくよく考えてみると、国道沿いでお店の裏に沢山の大型トラックが
止まってましたのでそれでナイスコスパなんだ・・・・

但馬地区のラーメンは、ほとんどブログ等にも紹介されませんが、
中華そばの名店がたくさんあり、1日で行ききれないぐらいです。

いいわあ~~~~~~~但馬!!

ザツ一行はこの後、福知山で名湯に入り、渋滞もほとんど
なく帰阪しました。

ごちそうさまでした。

ある一種の・・・・

その日は、岡山でお仕事。

これから少し多くなりそうな岡山出張。

けどイイです。
ザツの好き系な食堂系やイニシエ系のお店が多いので。
(仕事せ~~~よ(笑))

お店のセレクトはIさんお任せなので
どこにいくのかもあらかじめ聞きません。

お客様の近くのお店みたいです。
さて着きました。

水島の老舗の百万両さんです。
R0012291_convert_20120915082550.jpg
お昼ちょい前の到着にも関わらず、待ちが出てます。
昔からおるお店らしく、老若男女たくさんで賑わってます。

素晴らしい!!
R0012304_convert_20120915082939.jpg
店内の古~~~~~い看板をパチリ。

いいですな~~~
R0012294_convert_20120915082720.jpg
厨房のまん前に陣取りました。
女性1名、男性2名体制でした。

お客様を捌くために、一気に12杯まで製造可能みたいです。
ザツの時は一気12杯作りでした。

女性の方が麺揚げを担当されました。
麺を一気に釜に入れて、30秒ほどから麺揚げが始まって
あれよあれよと言う間に、12杯に収まります。

男性が具を載せて・・・・・来ました。
R0012300_convert_20120915082804.jpg
百万両さんはメニューは一つです。
ラーメン500円です。
着席すると自動的にこれになります。

スープを一口。
鶏ガラが程良く効いたシンプルな中華そばです。
R0012302_convert_20120915082850.jpg
麺が特筆でした。
低加水の超細麺。
12杯連続製造なんで、少し麺が緩かったでしょうか・・・・

そうめんタイプ。
これに似ているのが四国多度津の上海軒さん。

麺がたくさん持ち上がるので”ズゾッ~~~~”と言う感じで食べ進みます。
ボリュームも結構ありまして、いい感じです。

チャーシューも昔タイプのモモです。

麺を細くすることで、製造時間を短くしてお客の回転率を上げるというか、
食べやすくしているというか・・・

長い歴史でここまで来たんでしょうね・・・・

お金は各自、食べ終わったら、テーブルに置いて退店するシステム。

信頼しているのですね。会計なんかは存在しませんでした。
地域密着型ですね。

中華そば店のある一種の完成系を見た気分でした。

ごちそうさまでした。

温故知新・・・・

大学の頃、とある新聞社でバイトしてました・・・・
新聞社ではバイトの事を”ボウヤ”と呼びます。

朝刊の刷りゲラが上がるのが、日付が変わった1:30頃。
それまで、前日19時から版割りをして、写真を突っ込んで、校閲に見て貰って・・・
社員さんにあちらこちらか”ボウヤ!””ボウヤ!!”と大忙しのボウヤでした。

ボウヤの役目が解放されて、新聞社の送迎タクシーで
自宅まで社員さんと相乗り帰宅となります。
帰宅が午前3時頃・・・20歳を超えたばかしの男がすぐ寝れるわけないじゃないですか~~

食べ物に走ります。
当時自宅近くでこの時間開いているのはモスバーガーと吉野家だけだった記憶がります。

しかしある時、同じ職場の友人が、車の免許を取り”京都に行こうぜ”と言った瞬間から
ザツの人生は急展開します。

京都に行くと開いている店があったんですね~~~

そう、未知の領域・・・・・
ラーメン屋さんです。

名門、横綱、天一行きまくりました。

特に天一は店によって濃度や麺の固さが違ったんです。
ほとんど全店いきました。

友達との行った店の報告のし合いが楽しかったです。
ネギも入れ放題、ラーメンに追加で辛子味噌やラーメンダレを足して
自分の味を作るのがマストでした。

この他に今は亡き一休軒・・・

京都の夜の徘徊で味を占めたザツは教習所に通い始めます。

徘徊・・・・・・それはそれは楽しい・・・・

ミステリースポットになんかも行きましたね・・・
青春まっただ中でした。

次は神戸に。

もっこすの大倉山、神戸第一どちらが濃いか?おいしいか?とか
明石の二国ラーメンに行ったり・・・・ニンニクはここで覚えましたね。

神戸の次は奈良。
天理教本部前の彩華。軽いカルチャーショックでしたね。

なにせ、大中小に分かれてて、汗が噴き出すニンニク味のラーメン
中華丼も唐揚げも物凄いボリューム。

忘れられません。

今はどうなってるんだろう・・・・・・

多分ザツの中ではラーメンの第一次ブームだったと思います。

ー閑話休題ー

年に何回か、天一を食べたくなるも食べる機会がなかったザツですが、
その日大阪にいるのをいいことに行ってきました。

他の方のブログでもいい評価の、難波ウインズ前店さんです。
20120912_122112+(3)_convert_20120912201707.jpg
20120912_122122_convert_20120912201820.jpg
店内に入ります。
天一特有のあの”けだるい感じ”がありません。

皆さんシャキッと応対してくれます。

厨房内が見えるカウンターに座ります。
天一は作り手で変わりますから・・・・

なんと、作っているのは女性の方。

素晴らしい!!

ラーメン作りを全てやりながら、店内を見まわし、店員さんに指示されます。
コリャー凄腕だぞ・・・

麺切りも鮮やかに、ドンドン注文の品を捌きます。

凄いのは、ラーメンが出来た瞬間にすぐ店員さんが来て
テーブルに持っていくこと。

教育が行き届いております。
どうやったらここまで教育できるのか教えて欲しい・・・

なんて考えておりましたらきました。
ラーメンコッテリ(大)ネギ多め麺固めです。
20120912_122705_convert_20120912202007.jpg
20120912_122711_convert_20120912202100.jpg
さすがです。
良いビジュアルで、綺麗に配分されてます。
丼の中に乱れがありません。

やるね~~~~

麺を
20120912_122732_convert_20120912202147.jpg
指定通りのカタですね。
ここの麺はヤワクなると、色が白っぽくなりますから
よくわかります。

さて、一口。

スープ熱~~~~~~~~い。
ラードの味があまりしな~~~~い
しょっぱくな~~~~い。

最近行ってませんでしたが、見直しました。
良いじゃないですか天一。

一時期”コッテリ”というキーワードに振り回され
ドンドンこってりとしたラーメンを探した時期もありました。
天一からも離れて行きましたが、見直しが必要みたいです。

良い勉強になりました。

ごちそうさまでした。

やっぱ・・・・

その日は東京でお仕事でした。

1軒目をサッと終わらせて、早い目のお昼御飯に
向かいます。

電車も街も凄い人、人、人・・・・・
ザツは、人いきれが苦手なんで、やっぱ東京は慣れないや・・・・・

新宿駅に降立ち少し歩いて・・・・
着きました。

凪さんです。
R0012278_convert_20120908094439.jpg
凪さんはゴールデン街にもお店があり、そちらには2年前に行ったのですが
今回は時間があまりないんで、こちらにお伺いしました。

当初私1人だったのですが、その後、来るわ来るは・・・・
あっという間に満席です。

物凄い人気店です。

券売機に向かい、普通の中華そばを探したのですが
中々見つけられず、煮干王ラーメンが一番先にあります。
とりあえず、それをポチッと押しました。

麺の太さを聞かれたのですが、オススメの”太”で、
あとの味付けはデフォにてお願いしました。

マゴマゴしてるので、御店主から少し話しかけられたのですが、
どうもゴールデン街の店主も兼ねられているとのこと。

両店とも人気店なので、大変だ~~~~~

しばらくしてきました。

来た瞬間”やっちまった~~~~~~”と
R0012280_convert_20120908094530.jpg
R0012281_convert_20120908094615.jpg
ナイスボリューム!!
こりゃ~~気を引き締めてかからんと(笑)

麺の写真と取ろうと、天地返しをした瞬間
”ブウオ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”と
煮干しの匂いが薫ります。

すごいなあ~~~~~~いいなあ~~~~~~~~~~~~~~~~

ザツは自称ニボラーなんで、ウエルカムです!!

スープを一口。
口中に煮干しが、一杯一杯薫ります。

煮干し爆弾です。

スープを飲む手が止まりません。

こんなお店、大阪にできれば、瞬く間に行列店になるんじゃないの・・・・
と思いを巡らせながら、麺に向かいます。
R0012288_convert_20120908094720.jpg
太縮麺で”骨太”仕様の麺です。
腹に貯まるタイプの麺ですね。

その分、スープに負けてません。
R0012290_convert_20120908094805.jpg
そして、その麺の”一反もめん”
面白い工夫ですね。

相反して、チャーシューはハムハム仕様・・・・
ザツ的にはイマイチでした。

しかしこの煮干王ラーメン、要は他のお店では”特製中華”みたいな感じでしょうか?
チャーシューも4枚ほど入っており、ザツはアップアップの完食でした。

しかしこれで、1020円とは・・・・・
東京価格というんでしょうか・・・・・・・・・
恐るべし東京。

ごちそうさまでした。

検索フォーム

プロフィール

ザツ

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事