lifestyles of health and sustainability

頭文字をとりまして、LOHASと言います。
YAHOOの辞典によれば、
大量消費・大量生産による環境破壊への反省から、質素で自然志向の生活を実践している層をさす。健康のためにスポーツで汗を流し、食材には無農薬で育てた有機栽培食品を選び、少々高くてもエコカーに乗るといった消費行動をとる特徴がある。
ということらしいです。

GW二日目、我が家は遠出はせずに、近場の万博公園のLOHAS
フェスタに行きました。

お昼前の到着に向けて自宅を出発しましたが、万博外周道路は
なんとなんと、大渋滞。
揚げ句に万博の駐車場は全て満車・・・・・
仕方なくモノレールで、ひと駅向こうの駐車場に車を停めて・・・・
モノレールに乗って万博に(この時点でロハスじゃないような・・・・)

なんとなんと、万博は人、人、人、人の芋洗い状態。
今回で4回目の来場ですが、この人出は最強でした。
R0011253_convert_20120430074054.jpg
R0011255_convert_20120430074321.jpg
さて、とりあえずデレクターズチェアーも持って来てますので、座れる場所を
探すのですが、人、人、人で場所も全然ありません。
ごった返してます。

会場のほんと端っこに、少しだけスペースがあったので、なんとか
確保できましたが・・・・もうロハスどころではありません。
生きるための闘いです(笑)

まずは食料を確保しに、食いもの屋さんが集まった所に行きますが
どこも長蛇の列・・・・・

アキマセン。もう無理です。

なんとか、食料を確保出来ました。
一応4回目ですので、リユースの食器も持っており、形だけはロハスしてますが・・・
R0011258_convert_20120430074420.jpg
R0011261_convert_20120430075020_copy.jpg
R0011262_convert_20120430075125.jpg
R0011264_convert_20120430075222_copy.jpg
R0011265_convert_20120430075318.jpg
R0011267_convert_20120430075414.jpg
R0011268_convert_20120430075508.jpg
R0011269_convert_20120430075606.jpg
店員さんはどこのお店も美人揃いで、オッサンであるザツは幸せでしたが、
味のほうは・・・・・語らない方がいいので・・・

ここでザツは、ただの飲んだくれに変身し、不貞寝を決めこみましたので、
ここからはガーヤンの写真にて。
R0011275_convert_20120430074621.jpg
R0011277_convert_20120430074818_copy.jpg
R0011279_convert_20120430074914_copy.jpg
R0011276_convert_20120430074718_copy.jpg
昔のロハスフェスタって、ほ~~~んとLOHASしてたのですが
今回の印象は”商業主義”に変貌してました。

大量生産大量消費主義からの脱却は、いつになるやら・・・
スポンサーサイト

始まりは・・・

なんでも物事にハマる第一歩というかキッカケってありますよね?

ザツがラーメンにハマり始めたキッカケって、天一なんです。
20ウン年前ですが、ほ~~~~んと毎日食べに行ってました。

今でも天一マニアですが、さすがに寄る年なみに勝てず・・・・
天一も店により濃度とかが違うので、またボチボチアップします。

さて、今回アップするお店も、そんな”キッカケ”になった方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか?

我が家でハッピーな事が起こりまして、お祝いに梅田にお買い物
(といってもガーヤンメインですが(笑))に行った際
坊主に”何食べたい?何でもエエデ~~”
と言ったら、”ラーメン”と・・・・・

普段行かない、イタメシやおフランスのランチをイメージ
してたので、デジカメを持って行ったのですが・・・

ほんと何年ぶりでしょうか・・・
一風堂さんです。
13時過ぎの到着にも関わらず、10分程並びました。
R0011249_convert_20120429082417_copy.jpg
ザツは白丸、ガーヤンは赤丸をオーダーしました。

さて、やって来ました。
その直後に白丸は坊主が乱入してきて、写真を取る前に・・・・・
一巻の終わりでした・・・

なんで写真は赤丸です。
R0011252_convert_20120429082530.jpg
ザツも白丸の残りをホソボソ(笑)と食べてみます。

食べ歩きを初めてからなんでほ~~~んと、ご無沙汰です。

デットに一口。

ウ~~~~~~~ン、味に奥行きがなく平べったい味。
豚骨ラーメン独特の出汁や臭いもありません。

麺もカタでオーダーしましたが、普通でした。
ザツには、ごくごく普通のラーメンでした。

けど、行列が示す通り”一風堂”というネームブランドを食べにいく
という感じなんでしょうね~~~~。
”万人受け”という言葉の意味を少し考えた一日でした。

ごちそうさまでした。

久しぶりに・・・・

更新いたします。

毎日、毎日4人の方が、私の拙ないブログを覗きに来ていただきありがとうございました。
(多分ですが、同じ方だと思うのですが・・・・ありがとうございました。)

実は、佐賀の記事をアップした後なのですが、大阪でラーメンを何件か食べたのですが
無味乾燥が続いたんです・・・・理由はわかりません。

何というか、うまく言い表せないんですが、佐賀で昇華してしまったのかもしれません。

家の近くにガーヤンとランチに、美味しい中華に行ってもブログを書く気がしなくて・・・・
これは、書く気が起こるまで放っておくしかないと思いまして・・・・

ほいで、やっと書く気が出てきて書こうと思ったら、次は写真が容量が一杯で無理とか・・・・
(占有率0.5%しかないんですが・・・)

ですので私が、記事をアップするたんびにコメントをくださる、八兵衛様とか
毎日記事をアップされますので、すっ~~~~~ごいなあ~~と。

そんなこんなで、これからものんびりこんな感じでやって行きます。

さて、東京に行った時のお話です。
大阪では見かけた事がない、青森の煮干しラーメンを食べに行きました。
20120424縺、縺鈴ヲャ・農convert_20120424204125_copy
浅草にあります、つし馬さんです。

ちょうど、お昼だったので満員でした。
なんとかギリギリセーフで座れました。
食券を購入します。限定30食のバリ煮干しラーメンです。

限定30食とありましたが、次から次にこのバリ煮干しを頼んでおりましたが
とても30食で売り切れるように感じませんでした。

3分ほどで来ました。

ちょうど、横の方と同時に来たのですが、横の方のは表面が青緑色の煮干しの幕が
張っていたのですが、ザツのはこんな感じでした。
20120424縺、縺鈴ヲャ・点convert_20120424204020
見た目は小さい器ですが、なみなみのスープとかなりの量の麺が隠れてました。
20120424縺、縺鈴ヲャ・胆convert_20120424203911
チャーシューは3枚でメンマは大量です。

さて、デットで一口。
鼻を近づけると、ブワ~~~~~~と煮干しの香りがしてきます。
(ザツは煮干し大好きなんで・・・・・ただ、関西は昆布出汁文化なんで
この強烈さは、ダメな人はだめかもしれません。)

口に含むとまた、ブオ~~~~~~~と煮干しが駆け巡ります。
ニボニボです。
20120424縺、縺鈴ヲャ・狙convert_20120424203800
麺は中太麺で少しヤワ目ですが、マッチしてます。

ネギが大阪と違うのでしょうか?大きいネギでシャキシャキしており
普段、ザツはラーメンにネギはいらない派なのですが、このスープには
マッチしてました。

ごちそうさまでした。

とんちゃんらーめん 佐賀大和

いよいよ帰る時間も差し迫ってきて、
今回の九州ツアーも終わりが見えてきました。

最後はとんちゃんらーめんさんに訪問です。
120407縺ィ繧薙■繧・s・農convert_20120408095737
チェーン店らしいです。

アイドルタイムの訪問にも関わらず、店内は
そこそこの人です。

ラーメンを注文しました。
120407縺ィ繧薙■繧・s・胆convert_20120408095520
ポタ~~~としたスープです。
豚骨臭もします。ウ~~~ンいい香り。

デットで一口。

ぽた~~~~とした豚骨の味が口の中を駆け巡ります。
コクも旨みを申し分ありません。

あとから、アクセントにゴマの香りと味が来ます。
120407縺ィ繧薙■繧・s・狙convert_20120408095411
麺は低加水の少し太めでしょうか?
ヤワできます。

いけますよ。麺とスープのマッチングは申し分ありません。

ごちそうさまでした。

色々と佐賀県を食べ回りましたが、イニシエ系の豚骨好きには
たまらないところでした。

ざつには昨今の新進気鋭店もいいですが、こういう普段着の
毎日でも食べられるラーメンが合っているみたいです。

こんな所に住みたいです。九州にお住まいの方がうらやましいです(笑)

今回はザツのエース級である唐津 一竜軒さんに時間的に行けませんでしたが
いずれまたの機会に・・・・

精養軒 佐賀

いよいよ、佐賀の老舗中の老舗、精養軒さんへ。

久留米の生栄軒さんも2回ほど行かさせていただき
ザツがイニシエ、滋味系に傾倒し始めたきっかけのお店なんですが
残念ながら閉店されました。

本当に惜しいお店でした。

ここ精養軒さんも、あまたのブログで紹介されております。
やっと訪問がかないました。

近くに駐車場がなかったので、佐賀駅近郊に車を止めて
歩いて訪問しました。
120407邊セ鬢願サ抵シ農convert_20120408101133
店構えから時代を超越してます。

昼をかなり回っていたのですが、店内は満員御礼でした。

子どもさんが”ウメエ~~~~”を連発されてます。
ラーメンを注文しました。
120407邊セ鬢願サ抵シ胆convert_20120408100848
ほんとに淡~~~~~いスープです。
ポワ~~~ンと豚骨の出汁が後追いしてきます。
脂分はほとんど感じられません。

少し、骨を焼いた臭い??みたいなものがしますが、気になりません。
120407邊セ鬢願サ抵シ狙convert_20120408100730
麺は低加水の細麺で、ヤワで出てきますが、スープに
あいます。それにかなりの量です。

5人前を一気に作られたのですが、ザツのはスゴイ量で
一瞬タジロギました(笑)

けど、ご主人と奥様はご高齢です。
いつ、店をたたまれるかもしれません。

いつまでもいつまでも、お元気でこの味を、佐賀のラーメンを
食べさせてください。

ごちそうさまでした。


マルトクラーメン

次はマルトクラーメンさんへ。
120407繝槭Ν繝医け・狙convert_20120408095852
11時半開店とあるのですが、中々開きません。

次々と地元の方が、やって来て、ドアをガチャガチャやってます(笑)
ドンドン人が来ます。
ドアをドンドンと叩き、ガチャガチャ引っぱります(笑)

少しして開店です。
どっと人が流れ込みます。

私も負けじと3番目にて入店。

店内はここも昭和チック。
入口にはお菓子も売られてます。
イイ雰囲気だあ~~~~~。

メニューを見てビックリ!
普段ザツは他のお客様の事を考えて、
店内では写真を撮らないのですが
ガマン出来ませんでした。
120407繝槭Ν繝医け・棒convert_20120408100625
見てください!!
ラーメンが350円です。

大阪では考えられないかと。
ラーメンって、やっぱり普段着の食べ物であることを
再認識した次第。

ラーメンを注文しました。
120407繝槭Ν繝医け・農convert_20120408100409
120407繝槭Ν繝医け・点convert_20120408100142
淡~~~~い、豚骨の中にアブラの輪っかができてます。

ウ~~~~ン少し、出汁が弱いのかな~~~
少し元タレの味が強く感じられました。

しかし、これはこれで、ハイレベル。
豚骨なんて毎日同じ味は出ないでしょうし、
ときにはこんな時もあるでしょう。
コンディションのいい時に食べてみたいです。
120407繝槭Ν繝医け・胆convert_20120408100006
麺は低加水の麺で、少しヤワ目にきます。

しかしスープとの相性はいいですよ。

ごちそうさまでした。
看板の名に偽りなしです。

とらやらーめん 鳥栖

今、九州は桜が満開です。
はやくも散り始めている所も・・・

快晴の中、ラーメンめぐりを開始します。

鳥栖に行きました。
とらやらーめんさんです。

ポール狙いで、無事に一番。
待っている時、店内からイイ豚骨の
ニオイがプ~~~~ンと匂ってきます。
120407縺ィ繧峨d・農convert_20120408095308
ラーメンを注文しました。
120407縺ィ繧峨d・点convert_20120408095204
豚骨のいい匂いがしてきます。

デットで一口。

やや醤油が勝ったスープですが、豚骨の出汁も
後からポワンと追っかけてきます。

コクもキチンと感じられます。
120407縺ィ繧峨d・胆convert_20120408095053
麺は低加水の細麺で、ポクポクした食感です。

何も言わなかったのですが、固めででてきたのでしょうか、
かなりのコシ感がありました。
ザツにはもうすこしヤワ目でもいいかなと思いました。

ごちそうさまでした。

幸陽閣 佐賀

次は幸陽閣さんです。
よく九州の方のブログで紹介されてます。
120406蟷ク髯ス髢」・農convert_20120408092710

重厚・濃厚・ど豚骨です。
しかし、大阪で食べるタイプとは
違います。ドロドロコテコテのスープで
麺と共に持ち上がるラーメンではありません。

豚骨の出汁をこれでもか!!っと出し切ったスープです。

アイドルタイムにも関わらず店内は8割の埋まり方です。
ラーメンを注文しました。
120406蟷ク髯ス髢」・点convert_20120408092602
汁だく、濃厚、ど豚骨!!

配膳された瞬間から、表面に膜が張りは始めます。
120406蟷ク髯ス髢」・胆convert_20120408092453
アブラ分は表面だけですので、底からよく混ぜます。

デットで一口。
ポワンと豚骨が香った後に、濃厚な出汁が味わえます。
豚骨の旨みが口で暴走し始めます。

スープはこれでもか!という位に入ってます。
ですので、いつもザツは全汁できません。
すいません。
120406蟷ク髯ス髢」・狙convert_20120408092354
このお店で麺の固さを”カタ”で頼まれる方がいますが
ザツは違います。

”普通”で頼みます。
少し太めの麺で、テロテロンのヤワイ麺がスープを持ち上げてくれますので。

佐賀すばらしい!!
の一言です。

ごちそうさまでした。

伯龍 小城

小城の伯龍さんを目指します。

ナビに入れると・・・・
どこやねん???ここは的な
感じがしました。

目的地に近付いてくると、市街地から離れ、段々住宅も
なくなり・・・・周りは田畑になります。
良いロケーションです。

今は麦の作付が始まったのでしょうか?
夕日に映えて綺麗です。

到着しました。
120406莨ッ鮴浩convert_20120408093859
120406莨ッ鮴搾シ狙convert_20120408093637
120406莨ッ鮴搾シ胆convert_20120408093749
まさに昭和そのものです。
けどそれがエエんです。

我がツボです。

お客様はいらっしゃいませんでした。
ラーメンを注文です。
120406莨ッ鮴搾シ廟convert_20120408094133
コイツがものすごい”おいしいオーラ”をまとって出てきました。

豚骨の香りが、プ~~~ンとしてきます。
脂の輪っかのうつくしい事。

写真を撮るのももどかしく
デットで一口。

口の中で淡~~~~~い出汁が
ポワ~~~~ッンと広がります。

完全にやられました。

チャーシューも東洋軒と同じくイケてます。
こんなおいしいチャーシューって作れるんですね。
ラーメンを邪魔しない、脇役ながら存在感たっぷりです。

黙々と食べ続けました。
120406莨ッ鮴搾シ点convert_20120408102157
麺も細麺で一番短く感じました。

ポクポクをした食感で、時間の経過と共に
スープと一体感が増します。

キクラゲもこれでもか~~と入ってました。
次回行く時はなしで行こうっと。

ごちそうさまでした。

東洋軒 多久

2軒目は多久の東洋軒さんです。

ナビに住所を入力してもでません。
近くまで迷いながらきましたが、それらしき店が
見つかりません。

リーサルウエポンです。
歩いている人聞く作戦に変更です。

しかし田舎なんで、人なんて歩いてません(笑)
ようやく見つけましたが、ザツがサングラスをつけて
いたからか、逃げられました。

次は小学生に。
サングラスを外してと・・・
”こんにちは~~~”と向こうから挨拶してもらいました。
素晴らしい!!

お店は、全然違うとこでした。
ようやく発見です。
120406譚ア豢玖サ抵シ農convert_20120408093232
120406譚ア豢玖サ抵シ廟convert_20120408093344
昔の街道筋でしょうか?
商店街にも見えるのですが、ほとんどお店が
閉店されてて、よくわかりません。
やっとこさ入店です。

店中は昭和チックです。
お年を召されたご夫婦でやっておられました。

アイドルタイムでしたが、お客様(地元)はいらっしゃいました。
ラーメンを注文しました。
120406譚ア豢玖サ抵シ点convert_20120408093104
スープの色が薄いからといって、それで味を決めてけては
いけません。

舌の上で淡~~~~~い、ポワ~~~ンとしたしっかりとした
豚骨の出汁が味わえます。
課長さんも顔をのぞかせます。

豚骨は課長さんがないとラーメンとして成立しないと思います。
120406譚ア豢玖サ抵シ胆convert_20120408092935
特筆はチャーシューと海苔。
チャーシューは失礼ですが、”こんな田舎でよくぞここまで級”
の味わいです。

海苔はさすが海苔の産地佐賀。
アチコチで食べましたが、大阪のように”付随物”ではありません。
ちゃんとした”具”です。
しかし、ラーメンを邪魔しません。
120406譚ア豢玖サ抵シ狙convert_20120408092836
麺は低加水の少し太めのコシコシ麺。
チュルンとした感じでした。

ごちそうさまでした。
紅ショウガも美味しかったです。

PS
営業時間をご店主に聞きました。
11:00~20:00頃
休みは日曜日です。

どこを見ても掲載されてなかったので・・・

しかし、皆様が行く際は、念のためご確認ください。

検索フォーム

プロフィール

Author:ザツ
私個人の嗜好に基づく
主観的感覚であることを
予めご理解の上、お越し下さい。

FC2カウンター

最新記事